評議員をさせて頂いております公益財団法人日本ばら会
の会員創出花のバラ苗の販売がいよいよ始まりました。

「ファーストレディ・アキエ」(HT)
d0099791_23244604.jpg


販売されるバラの苗は、国際ばら新品種コンクール」JRC
(Japan Rose Concours)や、「ぎふ国際ローズコンテスト」、
「国際香りのばら新品種コンクール」のいずれかで、
日本ばら会員が作出し、入賞した優れたバラの苗たちがほとんどです。
(一部に入賞歴のない品種及び日本ばら会が推奨する品種があります。)
会員以外の方でも、どなたでもお求めになることが出来ます。

こちらは、「日本ばら会秋のばら展」でのコンテスト風景です。
今回販売される苗の中には、この様なコンテスト向きの
バラ苗も多数販売されています。

日本ばら会 会員創出花の販売webサイトは こちら


d0099791_23262781.jpg


こちらは、会員の見事な技で仕立てた「ミニバラの
盆栽仕立て」に見入る外国人の様子。


d0099791_23390818.jpg


日本ばら会は、世界ばら会連合 に加盟しており、
世界ばら会連合ケルビン・トリンパー会長が、
2022年に福山で開催される世界ばら会連合地域大会の
ヘルガー・ブリシエ委員長と、ばら展をご覧になりに
いらっしゃいました。


d0099791_23543827.jpg

向かって中央右は、日本ばら会・長田武雄理事長、そのお隣中央左は、
世界ばら会連合前副会長・小川晶氏、そのお隣は、御巫由紀氏。





メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp







[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-23 00:25 | バラ&ハーブ

評議員をさせて頂いております公益財団法人日本ばら会
の会員創出花のバラ苗の販売がいよいよ始まりました。

「ファーストレディ・アキエ」(HT)
d0099791_23244604.jpg


販売されるバラの苗は、国際ばら新品種コンクール」JRC
(Japan Rose Concours)や、「ぎふ国際ローズコンテスト」、
「国際香りのばら新品種コンクール」のいずれかで、
日本ばら会員が作出し、入賞した優れたバラの苗たちがほとんどです。
(一部に入賞歴のない品種及び日本ばら会が推奨する品種があります。)
会員以外の方でも、どなたでもお求めになることが出来ます。

こちらは、「日本ばら会秋のばら展」でのコンテスト風景です。
今回販売される苗の中には、この様なコンテスト向きの
バラ苗も多数販売されています。

日本ばら会 会員創出花の販売webサイトは こちら


d0099791_23262781.jpg


こちらは、会員の見事な技で出来た「ミニバラの盆栽仕立て」に見入る外国人。


d0099791_23390818.jpg


日本ばら会は、世界ばら会連合 に加盟しており、
世界ばら会連合ケルビン・トリンパー会長が、
2022年に福山で開催される世界ばら会連合地域大会の
ヘルガー・ブリシエ委員長、御巫由紀さんとご一緒に、
ばら展をご覧になりにいらっしゃいました。


d0099791_23543827.jpg

向かって中央右は、日本ばら会・長田武雄理事長、そのお隣中央左は、
世界ばら会連合前副会長・小川晶氏。



クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~薔薇と貴族の館の
アンティーク&ランチ」(日本ローズライフコーディネーター協会主催)
お申し込み受付中! 詳細はこちらをご覧下さい。 



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp







[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-23 00:24 | バラ&ハーブ

来月12月8日(金)開催のクリスマスイベント「ローズライフな
Xmas2017~薔薇と貴族の館のアンティーク&ランチ」
の午前の部ティータイム時にお淹れするクリスマスティーが
本日届きました。

d0099791_00125761.jpg

こちらのクリスマスティーは、東京日暮里のCha Tea紅茶教室さんの
オリジナルブレンド「2017クリスマスティー」です。
心地良いスパイスの香りが、クリスマスシーズンの到来を
告げてくれました。

こちらのクリスマスティーと共に、皆様のお越しを楽しみに
お待ち申し上げます。

*こちらのイベントは、どなたでもご参加頂けます。

イベント内容:
午前9:45~11:45(9:30開場)(会場: 横浜市「イギリス館」)
イングリッシュガーデンへとリニューアルされた「港の見える丘公園」に建つ、
嘗て英国総領事公邸であったイギリス館に於いて、ピアノと
ヴァイオリンの 演奏会をはじめ、世界中で人気を博したドラマ「ダウントン
アビー」の撮影が 行われた英国の「ハイクレア城」にお住まいのカナーボン
伯爵家や、ウィーンのハプスブルグ家末裔プリンセス・アニータとのご親交のある
貴族文化研究家・青山櫻先生をお招きし、実際に訪れた際に ご覧になられた
お屋敷のアンティークや秘話等をお伺い致します。
また、青山先生が代表をされる横浜青葉台の西洋骨董店「アンティークス
ヴィオレッタ」さんより、バラが似合う貴重なアンティークをお持ち頂き、
私、元木はるみがバラのアレンジメントをコーディネート致します。
クリスマスのひととき、美しいピアノとヴァイオリンの音色と共に、
バラとアンティークの饗宴をお楽しみ下さい。
(クリスマスのお茶のティータイム付き。)

午前の部終了後、13:00~15:00(会場:山手のフレンチ
レストラン「
エリゼ光」)
イギリス館近くのフレンチレストランにて、 皆様とランチ交流会を
開催致します。
ランチ会場は、新鮮でこだわりの素材を使用した美味しく、
美しいフレンチ料理レストラン「エリゼ光」です。

優雅なクリスマスの1日を、ぜひ、ご一緒致しましょう。

<クリスマスイベント>
「ローズライフなXmas2017~バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」

●ご参加費:お一人様10800円(ランチ・税・サービス料込)

※午前の部のみのご参加の場合。
●ご参加費:お一人様 4860円(税込)
(午後のランチのみのお申し込みは不可。)

【お申込み方法】
①クリスマスイベント2017申込み
②ご氏名 
③郵便番号、ご住所
④お電話番号 
⑤FAX番号
⑥人数
⑦合計金額 
をご明記の上、
日本ローズライフコーディネーター協会
メールアドレス japanroselife@excite.co.jp まで
お申込み下さい。

※日本ローズライフコーディネーター協会より
ご確認メールをお送りさせて頂きます。

イベントのチラシは こちら からご覧頂けます。



d0099791_00201401.jpg

皆様、急に冬らしくなって参りました。
お風邪等召しませんよう、くれぐれもお身体ご自愛下さいませ。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp







[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-21 00:28 | 講座&イベント&ツアーのご案内

ミセスたちの様々なパワーが集結した、一般社団法人
プラチナ・ミセス・ジャパン主催「第7回プラチナミセス祭」
が今年も盛大に開催されました。
(会場の横浜みなとみらいワールドポーターズ6F)

d0099791_01101480.jpg

年々パワーアップしつつあるこちらのイベントは、
熊本大地震の復興支援のチャリティも兼ねています。

今年も安倍昭恵夫人が会場を視察にいらっしゃいました。
洋菓子教室サロン・ド・マリーの
横井満里代先生と昭恵夫人を囲んで。

d0099791_00364761.jpg

また、クマモンも会場にやって来て、
お子様たちも大喜びでした。
d0099791_00434807.jpg



私は、エキスパートティーチャーとして、
会場中のディスプレイの審査員を仰せつかり、
皆様の心のこもったディスプレイに感激しながら
隅から隅まで拝見させて頂きました。


d0099791_01020634.jpg



d0099791_00591807.jpg


今回も笑顔とパワーに溢れた素晴らしい会で、
私もたくさん学ばせて頂きました。
この様な会になさる為に、ご準備にご尽力された皆様、
及びPMJの皆様には頭が下がるばかりです。
本当にお疲れ様でした。
そして、色々とお世話になりまして、
誠にありがとうございました。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会


[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-19 01:08 | 講座&イベント&ツアーのご報告

本日は、産経学園新百合ヶ丘教室にて定期講座「素敵にローズライフ」
の秋期第2回目がありました。
テーマは「イタリアのバラと庭園」でした。
昨年と今年にかけて、取材して参りましたイタリアの
バラと庭園に纏わるお話をさせて頂きました。

こちらは、以前こちらのブログでもご紹介させて頂いたローマ時代の
バラが描かれた壁画(フレスコ画)の一部です。
私は本当に、こちらの2000年以上も前に描かれた、
初代ローマ皇帝アウグストスの妻になるリビアの家の食堂に
描かれた画が大好きで、よく講座等でもお話しさせて
頂いておりますが、豊かな色彩と生き生きとしたモチーフには
ただただ驚くばかりです。
資料によりますと、描かれているバラは、
「ロサ・ガリカ・ベルシコロール」とあり、
こちらの画は、古代のバラの貴重な資料のひとつです。

d0099791_21351897.jpg

また、本日は、やはりローマ時代のバラが描かれたポンペイの壁画に
ついても、詳しくお話させて頂きました。

こちらは、ポンペイの紀元前2世紀頃に建てられた「ファウノの家」の
庭園内。


d0099791_21573138.jpg


またこちらは、118年に、第14代ローマ皇帝ハドリアヌスが
ローマ近郊のティボリに造った別荘「ヴィラ・ハドリアーナ」内の
エジプトの貿易都市カノプスを模して造ったエリア。

d0099791_22053390.jpg

こちらは、ハドリアヌスが、寵愛したアンティノウスが18~20歳の若さで、
エジプトで溺死したことを惜しんで造らせたと云われています。

アンティノウスのレリーフ

d0099791_22291443.jpg

アンティノウスは、死後、ハドリアヌスによって「死と復活を司る神」として
神格化され、多くの彫像が造られたとのことです。
そういえば、今まで様々な場所で彫像を見学した際、一番美しく整った顔立ちを
している彫像は、アンティノウスだったように思います。
最新の調査では、この「ヴィラ・ハドリアーナ」の「ある場所」に
アンティノウスが埋葬されているのでは、という調査結果があるそうで、
調査の今後の動向が気になるところです。


また、15世紀のフィレンチェに台頭したメディチ家が所有した別荘の内
「ヴィラ・ペトロイア」「ヴィラ・カステッロ」「ボーボリー庭園」の
邸宅や庭園、同じ頃のローマの貴族コロンナ家の邸宅や庭園、エステ家の
ティボリの別荘の邸宅や庭園等について、画像をご覧頂きながら
ご説明させて頂きました。


映画「ローマの休日」の撮影が行われたコロンナ家の居城「コロンナ宮殿」。


d0099791_22505202.jpg


コロンナ宮殿の庭園。


d0099791_23455672.jpg



エステ家のティボリの別荘「ヴィラ・エステ」の庭園。


d0099791_22535330.jpg

イタリアの庭園の特徴は、幾何学模様、フォンターナ、グロッタ、テラス式、
ビスタにシンメトリー、テラコッタ、中庭等があげられますが、
何れも、イタリアの風土、気候と共に、歴史上の幾何学様式期、
エーゲ文明に見られる海洋文化特有の美術様式、ギリシャ神話、ヘレニズム、
アラブ文明等が融合していることが見えてきます。

次回は、12月12日(火)10:30~12:00
「イギリスのバラと庭園」です。
ご参加ご希望の方は、産経学園新百合ヶ丘教室
TEL:044-965-0931まで。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会




















[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-14 23:50 | 講座&イベント&ツアーのご報告

来週11月14日(火)は、産経学園新百合丘教室にて
定期講座「素敵にローズライフ」がございます。
今回のテーマは、「イタリアのバラと庭園」です。
古代~中世の歴史を交えながら、ローマ時代のバラが描かれた
フレスコ画や、メディチ家の別荘「ヴィラ・ペトロイヤ」、
「ヴィラ・カステッロ」の秘話等をご紹介させて頂きます。

d0099791_11572842.jpg
資料を整理しておりますが、
お伝えさせて頂きたいことが
たくさんあり、現在絞込みに
苦戦しております。

それほど、イタリアのバラと庭園に纏わる
事柄が豊富であり、
どれも魅力的だということに、
改めて気付かされました。

まだお席がございますので、
どうぞご興味のお有りになられます方は
お申し込み下さい。

お申し込み先:新百合丘産経学園 TEL044-965-0931
詳細は こちら をご覧下さい。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-09 12:05 | 講座&イベント&ツアーのご案内

*お申し込み受付中です!
(こちらのイベントは、おかげ様で催行が決まっております。)
バラとバラに関わる文化を学び、体現する機会のひとつとして、
日本ローズライフコーディネーター協会では、今年も、
クリスマスの飾り付けで華やぐ横浜山手の地で
クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」を開催致します。

日時:12月8日(金)(会場:横浜市イギリス館1Fホール)
午前の部:9:30開場、9:45~11:45
ランチ:(会場:フレンチレストランエリゼ光)13:00~15:00


d0099791_12033718.jpg

イベント内容:
12月8日(金)
午前9:45~11:45(9:30開場)
イングリッシュガーデンへとリニューアルされた「港の見える丘公園」に建つ、
嘗て英国総領事公邸であったイギリス館に於いて、ピアノとヴァイオリンの
演奏会をはじめ、世界中で人気を博したドラマ「ダウントンアビー」の撮影が
行われた英国の「ハイクレア城」にお住まいのカナーボン伯爵家や、
ウィーンのハプスブルグ家末裔プリンセス・アニータとのご親交のある
貴族文化研究家・青山櫻先生をお招きし、実際に訪れた際にご覧になられた
お屋敷のアンティークや秘話等をお伺い致します。

ダウントンアビーの舞台「ハイクレア城」


d0099791_12330367.jpg

青山櫻(あおやまさくら)先生 プロフィール
1999年創立の西洋骨董店「アンティークス ヴィオレッタ」代表、
カルチャーサロン「L'institute de Violetta」主宰。
宝飾研究家、貴族文化研究家。カルチャースクール講師。
著書に「レディのたしなみJewelry Lesson」(清流出版)。


d0099791_12074078.jpg


また、青山先生が代表をされる横浜青葉台の西洋骨董店
アンティークスヴィオレッタさんより、バラが似合う
素敵なアンティークをお持ち頂き、私元木はるみが、
バラのアレンジメントをコーディネート致します。
当日、どんなバラや草花をコーディネートさせて頂こうか、
今からとても楽しみです。

d0099791_12052501.jpg
クリスマスのひととき、美しいピアノとヴァイオリンの音色と共に、
バラとアンティークの饗宴をお楽しみ下さい。
(クリスマスのお茶のティータイム付き。)

そして、午前の部終了後、13:00~15:00
イギリス館近くのフレンチレストランにて、
皆様とランチ交流会を開催致します。
ランチ会場は、新鮮でこだわりの素材を使用した美味しく、
美しいフレンチ料理レストラン「エリゼ光」です。
(ランチ会場では、アンティークのご購入も可能です。)

***クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」***

ご参加費:一般のお客様・お一人様 10800円(ランチ・税・
サービス料込)

午前の部のみのご参加の場合。
ご参加費:一般のお客様・お一人様 4860円(税込)
午後のランチのみのお申し込みは不可とさせて頂きます。)

お申し込み方法
「クリスマスイベント2017申込み」とご記入頂き、
1ご氏名、2郵便番号、3ご住所、4お電話番号、5FAX番号
6人数、7御同伴者様がいらっしゃる場合、御同伴者様のご氏名、
午前の部のみご参加ご希望の方は、その旨必ずご明記下さい。
以上、ご明記の上、

メールアドレス japanroselife@excite.co.jp

までお申し込み下さい。
お申し込み下さいました方へは、
日本ローズライフコーディネーター協会より
ご確認メールをお送りさせて頂きます。
(もし、ご確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、
もう1度、メールをお送り下さいませ。)

~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~



d0099791_12523852.jpg



日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら




[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-09 00:16 | 講座&イベント&ツアーのご案内

先日10月24日~25日に行って参りましたNHKカルチャー旅座
「滋賀県秋薔薇見学会」(実施:株・日放ツーリスト)の
ガーデン見学以外の番外編をアップさせて頂きます。

1日目の夕食は、守山市内の料亭「魚和」さんで頂きました。
宿泊ホテルのある守山駅まで、送迎バスで迎えに来て下さいました。

季節感のある美味しいお料理を頂きました。


d0099791_23200572.jpg

お料理の後、以前こちらでは、錦鯉の養殖をなさっていらっしゃった
とのことで、お庭に大きな池があり、見事な錦鯉が泳いでいるのを
見せて頂きました。


d0099791_23241830.jpg


夜の暗い池の中に、金色や錦色の鯉が、とても美しく
泳ぎ回っているのが印象的でした。


d0099791_23273761.jpg


2日目のガーデンとガーデンの見学の間に訪れた「近江八幡」は、
とても素敵な所でした。
1585年に、豊臣秀吉の甥の豊臣秀次が、八幡山城を築城し、
城下には、信長によって集められた多くの商人が移住し、
当時、近江八幡は、大商業都市として賑わっていたそうです。
ほどなく、徳川時代になると、近江八幡は幕府の天領となり、
城下の商人達は、幕府の通行手形を片手に、全国を商いして回った
とのことです。
近江八幡には、その当時の近江商人の面影を残す街並みが
至るところに残っていました。

また、明治時代、ここに、全国初の県立商業学校が設立され、
英語の教師としてアメリカからやって来たウィリアム・メレル・
ヴォーリズによって設計され出来た病院、製薬会社、図書館、学校
等の建物が現在も残っていて、ヴォーリズ縁の異国情緒ある洋風建築
の建物も見学することが出来ました。

まず最初に、私たちは「近江牛」の昼食を
「久ぼ多屋」さんで頂きました。


d0099791_23355416.jpg


近江牛、とても美味しかったです。


d0099791_23373032.jpg


昼食後は、近江八幡の散策を楽しみました。

レトロな建物が点在する街並み。

d0099791_23405953.jpg

こちらの建物「旧八幡郵便局」は、ヴォーリズの設計による
建物です。


d0099791_23424182.jpg

こちらの建物の中には、アンティーク食器のお店がありました。

d0099791_23443122.jpg

ここで、旅の思い出をご購入されていらっしゃった方も。
私も、「印判の盃洗」と「お香入れ」を旅の思い出に。

レトロ感がとても素敵です。


d0099791_23481309.jpg
京都の様な面影も。

d0099791_23392896.jpg

向かいの建物には、アンティークアクセサリーのパーツのお店が。

d0099791_00064858.jpg

こちらでも旅の思い出を。

d0099791_23503943.jpg

少し歩いて行くと、ヴォーリズ建築の「アンドリュース記念館」が
見えてきました。

d0099791_00082295.jpg


その向かい側には、「近江八幡教会牧師館」(旧近江兄弟社地塩寮)
こちらもヴォーリズ建築です。

木枠の色に、植栽されていた南天がとても良く合っていました。

d0099791_00123927.jpg

この通りの突き当りには、立派な松の木があるお屋敷が。

d0099791_23542621.jpg


この後、「八幡掘」へ行き、河原を歩きました。
d0099791_00381494.jpg



d0099791_00405098.jpg

こちらは、数々の時代劇の撮影場所にもなっているとのことです。


d0099791_00421694.jpg


こちらは、「ヴォーリズ記念館」。


d0099791_00344951.jpg


ヴォーリズ建築に和風建築、近江商人、水郷、そして秀吉に
自害させられた秀次の悲話等、歴史と見所がたくさん詰まった
近江八幡の街並みは、京都よりも人が混んでいなくて、
ゆったりと散策が出来る大変魅力的な街でした。

またぜひ、ゆっくり時間をかけて散策したいと思います。

以上で、「滋賀県秋薔薇見学会」の番外編とさせて頂きます。
ご一緒させて頂きました皆様、改めまして、
誠にありがとうございました。


「旧八幡郵便局」内のアンティーク食器のお店で購入致しました
「印判の盃洗」に、Rose Farm KEIJIさんから頂いたお土産の
和ばらを活けてみました。


d0099791_01122361.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-08 01:15 | 講座&イベント&ツアーのご報告

毎年エキスパートティーチャーとしてご協力させて頂き、
お世話になっております一般社団法人プラチナ・ミセス・ジャパン
(PMJ)主催The7th「プラチナ・ミセス祭」、今年は、
11月18日(土)11:00~17:00
横浜みなとみらい・ワールドポーターズ6FイベントホールAB
にて、開催されます。(入場料:無料)

d0099791_13180007.jpg

今回のミセス祭のポイントは、「ミセスの芸術と文化の発信地の真骨頂!!」
「ワークショップ」「美食コレクションフードブース」「熊本地震チャリティー
ステージ・イクメン生きる力を育てるパネルディスカッション、ワークショップ、
セミナー(親子参加型」「スペシャルゲスト」等、盛りだくさんな内容です。

(株)東京堂 協賛、TVK(テレビ神奈川)とFMヨコハマが後援と
年々、パワーアップしているこちらのイベントは、
昨年までは、ミセスが中心でしたが、今年は、イクメン世代の若いパパ&ママ、
キッズ、未来の花婿&花嫁にも楽しんで頂けるような内容となっているそうです。


昨年、ご視察で会場にお見えになられた安部昭恵夫人を囲んで。


d0099791_13364854.jpg

光栄なことに、昭恵夫人のバラや、
私の地元の川崎生田緑地ばら苑
お話をさせて頂くことが出来ました。


d0099791_19074148.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会



[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-07 13:39 | 講座&イベント&ツアーのご案内

我が家の秋の薔薇

台風や雨天続きだった天候も、ここのところやっと落ち着いて、
秋の薔薇たちも、残り少なくなった年内を惜しむかのように
咲き続けてくれています。

バラのガーデンツアーやボランティア、そしてバラのコンテストの
お手伝いと日々忙しく過ごしておりましたが、
庭のバラたちは、何も云わずに咲いて待っていてくれました。


「ヘレン」(S)2016年 木村卓功氏作出のバラ。
ダマスクの香り豊かな、整った中輪咲き。


d0099791_16590897.jpg


「ピンク・グルース・アン・アーヘン」(Ch)(イレーヌ・ワッツ)
秋の顔は、寒暖の差によるグラデーションが綺麗です。

d0099791_17085995.jpg

「杏」2015年に誕生したRose Farm KEIJIさんのF&Gローズ。
花付き良い、アンズ色の大輪花。

d0099791_17215967.jpg


「ファースト・レディ・アキエ」(HT)2011年 安田祐司氏作出。
バラのコンテストでは、入賞花に多い美しいこちらのバラ、
我が家では、長雨による花痛みやステムが短いため、
コンテストには出せませんでしたが、
周囲の草花と調和して、優しい花姿を見せてくれました。


d0099791_17395402.jpg


「ザ・ダークレディ」(S)1991年 デビッド・オースチン氏作出。
秋は、色に深みが増す大輪の美麗花。


d0099791_17541164.jpg


ところで、今年から、フランスでは、家庭用の化学消毒薬の販売が
禁止となり、バイオや自然療法の研究が進み、活用されていくとのこと。
耐病性重視のバラが、ますます中心となって行くヨーロッパ、
今後日本では、どうなって行くでしょうか。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会


[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-06 18:15 | バラ&ハーブ

11月4日(土)、川崎生田緑地ばら苑にて、
10時~と14時~の2回、ボランティアガイドを
務めさせて頂きました。
お天気で良かったです。
前回と今回、2回もお越し頂いた方もいらっしゃり、
誠にありがとうございました。

10時~の会は、午前の爽やかな空気に満ち溢れていました。

「アーリーモダン」のコーナー。

d0099791_13410727.jpg

「マダム・ブラビー」(T)

d0099791_13420546.jpg

3連休の中日でしたが、
たくさんお集まり頂き、ありがとうございました。

d0099791_13401670.jpg

d0099791_13431372.jpg

11月5日(日)で、2017年秋の公開は、最終日を迎えました。

また、ぜひ、来年春の公開日に、皆様のお越しをお待ち申し上げます。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会




[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-06 13:51 | バラ&ハーブ

10月31日(月)、地元の川崎生田緑地ばら苑にて、
午前と午後の2回、ボランティアガイドを
させて頂きました。

d0099791_22503356.jpg



d0099791_22512409.jpg


ボランティアガイドは、開園期間中、毎日、午前と午後にございます。

私は次回、11月4日(土)の10:00~と14:00の
2回、担当させて頂きます。


d0099791_22561645.jpg


ばら苑のこの秋の公開は、11月5日(日)までです。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会







[PR]
# by salonderoses2 | 2017-11-01 22:58 | 講座&イベント&ツアーのご案内

10月24日(火)~25日(水)に催行されましたNHKカルチャー旅座
「滋賀県秋薔薇見学会」のご報告を引き続きさせて頂きます。

最後の訪問地は、米原市にある ローザンベリー多和田 さんでした。
こちらは、採石場跡地であった場所に、2003年10月より、
オーナーの大澤恵理子さんが、緑化整備に着手し、こつこつと
造園を進められ、2009年に設立されました。

小鳥のさえずりが心地よい素敵なイングリッシュガーデンの中に、
オーナーさんのセンスとこだわりがさりげなく光っていました。



d0099791_13090389.jpg


皆様と大澤恵理子さんと記念の一枚。
d0099791_13102852.jpg




d0099791_13130697.jpg




こちらのローザンベリー多和田さんは、
光と風が、緑の中に溶け合い、
心底、心安らぐ至福のガーデンでした。


d0099791_13262858.jpg


シュウメイギクが満開に咲いていました。


d0099791_13254334.jpg


湖もあり、ずっとこちらに腰掛けて、
居たくなりました。


d0099791_13300546.jpg


こちらのお椅子も素敵です。

d0099791_13312590.jpg



湖に続く小川が流れるこちらのガーデンは、
しっとりと落ちついた雰囲気です。


d0099791_13453730.jpg



湖に添って進むと、美しいススキや木々が
秋の光を受けて、金色に輝いていました。


d0099791_13480184.jpg




こちらは、ローズガーデンに続く道の煉瓦の塀の
「ヘンリーズタ」、よく街ではフェイクを見かけますが、
本物はなんて美しいのでしょう。

d0099791_13591612.jpg


こちらは、「ノブドウ」の実、まるで瑠璃色に輝く宝石のようです。


d0099791_14041574.jpg




そして、こちらがローズガーデン、大型の台風のすぐ後にも関わらず、
お手入れが行き届き、心から感謝しながら、堪能させて頂きました。


d0099791_14110242.jpg


d0099791_14094699.jpg



d0099791_14115138.jpg



ローズヒップがたわわに実るバラの秋ならではの光景も
堪能させて頂きました。

d0099791_14143877.jpg



キッチンガーデンでは、セージ類等のハーブが
真っ盛りに花穂を伸ばしていました。


d0099791_14182002.jpg



d0099791_14203589.jpg



d0099791_14192479.jpg



何処にカメラを向けても絵になる素晴らしいガーデンです。




d0099791_14225031.jpg





d0099791_14245871.jpg




d0099791_14254810.jpg


秋のガーデンの美しさを再認識させて頂きながら、
こちらでも時間を忘れてしまいそうになりました。


お土産が販売されているコーナーには、貴重な数種類の蜂蜜や
無添加のジャム、ニュージーランド産の
オリジナルワインである「大澤ワイン」等も販売され、
品質にこだわった良品を入手することが出来ます。

また、センス良いガーデニンググッズや、
水々しい元気なプランツたちも求めることが出来ます。



d0099791_14481744.jpg

また、羊さんのいるファームもあり、ご家族でゆったりと
楽しむことが出来るガーデンです。


ちょうど、京成バラ園芸の入谷伸一郎さんも、こちらにお見えになられ、
記念に写真を撮って頂きました。



d0099791_14464905.jpg

左から、入谷さん、元木、大沢さん、そして、今回ツアーに
ご参加下さいました元ガーデニング雑誌BIESの副編集長さんで、
現在は株式会社3and garden代表(ガーデニング専門webサイト
https://gardenstory.jp/)の倉重さん。


この後、大澤さんにお見送り頂き、専用バスは
「米原」駅へと向かいました。
ローザンベリー多和田さんから約15分ほどで、「米原」駅に
到着し、皆様それぞれ帰宅の途につかれました。

ガーデニングやお花を通して、和が広がって行く喜びは、
なにより増して嬉しいことと存じます。
楽しく有意義な時間を皆様と共に、過ごさせて頂きましたこと、
改めて、心より感謝申し上げます。
各訪問先の皆様、お世話になりました皆様、
誠にありがとうございました。




次回は、近江八幡散策や、現地の美味しいもの等、
番外編をどうぞお楽しみ下さい。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会







[PR]
# by salonderoses2 | 2017-10-30 15:02 | 講座&イベント&ツアーのご報告

引き続きまして、先日10月24日(火)~25日(水)に
行って参りましたNHKカルチャー旅座「滋賀県秋薔薇見学会」
(実施:株・日放ツーリスト)をご報告させて頂きます。

2日目は、宿泊した守山のホテルを8:20頃に出発し、
ブランドローズ「和ばら」の作出農家Rose Farm KEIJIさん
のこの10月にオープン仕立てのワバラファームへ
8:35頃到着しました。

美しい「和ばら」が至る所に飾られて。


d0099791_01522677.jpg



d0099791_23420554.jpg


d0099791_23440614.jpg



出迎えて下さった「和ばら」作出者の國枝啓司さん。
作出者ご本人に、お話を伺える貴重な機会でした。


d0099791_21584872.jpg

バラ本来の美しさや強さを最大限に引き出す為に、
現在、約60種類の和ばらたちを、土耕栽培で
化学肥料は使用せず、低農薬で育てていらっしゃるそうです。

その約60種類の和ばらたちを、1本1本カットしてご説明下さいました。

d0099791_23455375.jpg


可憐な「和ばら」たちを前に、
心がときめきました。


d0099791_23563219.jpg


カット仕立てのバラは、香りも濃く新鮮でした。

d0099791_23472561.jpg


切り花専用品種や、苗が京阪園芸(株)さんからF&Gローズとして
販売されている品種等、これだけたくさんの品種を実際に
手に取り、見ることが出来ましたのは、生産ファームさんならでは
だと思います。

d0099791_22204162.jpg


品種ごとに付けられた名前に込められた想いも伝わって参りました。


d0099791_23584076.jpg

ご長男の健一さんも、たくさん和ばらをカットして見せて下さいました。
そして、そのバラで大きなブーケを束ねて下さいました。


d0099791_23512045.jpg

健一さんには、今まで、日本ローズライフコーディネーター協会(JRLC)
主催のイベント「育てて活かす和ばらの世界」(2015年2月開催)、
和ばらの会・atイギリス館」(2015年11月開催)、
和ばら、そして和モダン」(2016年3月開催)等で大変お世話に
なりました。
今回、いつか「和ばら」の誕生の地である故郷を、バラを愛する皆様と
訪ねてみたいという念願が叶い、とても嬉しく思いました。

お父様の啓司さんと、ご長男の健一さんの
素敵なツーショットを撮らせて頂きました。

d0099791_22430623.jpg

皆様も、摘みたての和ばらのブーケを持って、記念撮影を楽しまれました。

私も記念に撮って頂きました。
たおやかで、美しい「和ばら」のブーケを持たせて頂くと
毎回、心が高揚し、幸せな気持ちでいっぱいになります。



d0099791_23102884.jpg

あっという間に、予定の時間を超えてしまうほど、
興味は尽きず・・・楽しい一時を過ごさせて頂きました。

啓司さん、健一さんはじめ、Rose Farm KEIJIさんの
皆様、誠にありがとうございました。
「和ばら」の故郷に来て、作出者の啓司さんや健一さんの
想い、こだわりをより深く学ばせて頂くことが出来ました。
これからも「和ばら」のファンのひとりとして、
少しでも「和ばら」の素晴らしさを、多くの方々に
お伝えして参りたいと存じます。


この後は、Rose Farm KEIJIさんが直営される
WABARA cafe へ向かいました。


守山駅近くのWABARA cafe、店内に入るとご覧のような
「和ばら」たちがお出迎えして下さり、
こちらでも、また「和ばら」たちに会えたことが
とても嬉しくなりました。

d0099791_01023792.jpg

壁にも、「和ばら」がたくさん飾られて。



d0099791_01052265.jpg

「和ばら」に囲まれながら、「和ばら」のジュースを
頂きました。
とっても美味しくて、驚いてしまいました。



d0099791_01103434.jpg

こちらでは、ワンオーダーにつき、一輪の「和ばら」が
お土産として頂けます。嬉しいですね。


d0099791_01221903.jpg


また、「和ばら」のブーケ等も販売されていました。
手前のボトルに入った一輪の「和ばら」は、
蓋を開けると、閉じ込められた香りが
一斉に放たれ、「和ばら」の香りを楽しむ工夫が
されていました。



d0099791_01283519.jpg

こちらでも時間を忘れそうになりましたが、
健一さんのお母様にお見送り頂いて、
次の訪問先へと進路を進めました。

Rose Farm KEIJIさんからお土産に頂いた「和ばら」たち、
故郷を離れて行く気持ちは、どんなでしょう。
大切に持ち帰りたいと思いました。



d0099791_01435023.jpg

続く。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp






[PR]
# by salonderoses2 | 2017-10-30 01:45 | 講座&イベント&ツアーのご案内

10月24日(火)~25日(水)、NHKカルチャー旅座
「滋賀県秋薔薇見学会」(実施:株日放ツーリスト)
バラツアーが、おかげ様でご好評のうちに催行されました。
ご参加頂きました皆様、各訪問先の皆様、
お世話になりました皆様には、心より感謝申し上げます。

こちらは、ブランドローズ「和ばら」の作出農家Rose Farm KEIJI
さんよりお土産に頂きました「和ばら」たちです。
私は、名古屋にひとり残って、打ち合わせと市内観光をしてから
1日遅れで帰宅致しましたが、ご覧の通り「和ばら」たちは
とても元気です。


d0099791_22352876.jpg

こちらのお花たちを見ていると、楽しかった2日間の思い出が
蘇ります。

1日目は、大津駅に集合しました。
(株)ロイヤルオーククルーズ様がご案内を持って
お出迎えして下さいました。
大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。


d0099791_23154386.jpg

2日間こちらのバスに乗って、移動いたしました。
運転手さんも、安全運転でご丁寧にご対応下さいました。

d0099791_22484300.jpg

一か所目の訪問先は、ガーデンミュージアム比叡 さんでした。
比叡山の山頂に、空に近い庭園美術館として、印象派画家たちが
夢見た自然の風景が再現されています。
こちらは、京阪園芸(株)さんが、工事の統括管理をされ、
2001年にオープンしました。

ちょうどハロウィーンの飾り付けがされていました。
「フォックスフェイス」の鮮やかな黄色が、ブルーのアイアンと
よくマッチしていました。


d0099791_23180695.jpg


大きなカボチャ


d0099791_23205862.jpg

印象派の絵画(陶版画)が、随所に飾られ、その周囲に
その絵をモチーフにしたガーデンが造られています。


d0099791_23223062.jpg

「モネの睡蓮の池」をモチーフに。

d0099791_00064842.jpg



また、山頂とあって、眺望も楽しめますが、この日は小雨混じりの
お天気でした。
ですが、一昨日まで大型の台風のお天気でしたので、
台風に当たらず、本当に良かったです。

琵琶湖を望んで。
d0099791_23311009.jpg

ボタニカルアート展を見たり、お買い物も楽しみました。
お土産ショップが、とても品揃えが充実していて、
皆様、良いお買い物を楽しんでいらっしゃるご様子でした。

また、ガーデンで作業をなさっている方を数人見かけましたが、
毎日山頂での作業、頭が下がります。




d0099791_23352865.jpg

こちらを後に、次は「びわ湖大津館イングリッシュガーデン」さんへ
向かいました。



びわ湖大津館 は、1934年(昭和9年)、外国人観光客の誘致を目的に
県内初の国際観光ホテルとして建築された建物(旧琵琶湖ホテル本館)
をリニューアル活用した大津市の文化施設です。
設計は、歌舞伎座や明治生命館等を手掛けた岡田建築事務所で、
桃山様式と呼ばれる和風の外観と洋風の内観が特徴です。
琵琶湖ホテルが新しく浜大津に移転することになり、この建物の
取り壊しを惜しむ多くの市民の声に応えて、大津市が耐震と改修保存
を行い、2002年(平成14年)4月から「柳が崎湖畔公園 びわ湖大津館」
として新たに開館しました。


d0099791_23535904.jpg

大津館のすぐ横のイングリッシュガーデンを見学しました。
こちらも京阪園芸(株)さんが、施工、管理されています。
たわわに実ったリンゴの木がお出迎え。

d0099791_00212865.jpg

奥に進むと、琵琶湖を背景にイングリッシュガーデンが
見えてきました。
一番手前側の花壇には、翌日行くRose Farm KEIJIさんの
和ばら(F&Gローズ)が植栽されていました。



d0099791_23551675.jpg


d0099791_23592509.jpg


d0099791_00105015.jpg


香りごとに植栽されたバラのコーナーもあり、咲いているお花の
香りを楽しみました。

d0099791_00094020.jpg


d0099791_00021516.jpg

大きなきのこにびっくり。

d0099791_00115503.jpg



イングリッシュガーデン見学後は、「大津館」館内のレストランにて、
皆様と美味しいティータイムをとりました。



d0099791_00254461.jpg

琵琶湖に面した窓からは、遊覧船が見えました。


d0099791_00273118.jpg

d0099791_00275655.jpg


1日目のガーデン巡りを無事に終え、専用バスにて、
宿泊地の「守山」へ向かいました。


次回へ続く。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会






[PR]
# by salonderoses2 | 2017-10-28 00:36 | 講座&イベント&ツアーのご報告