雨の日のバラ

毎回思うことですが、バラが満開の時、何故雨天の日が続くのでしょうか・・
しょうがないとは解っていても、雨で重たそうにうなだれているバラや、
地面に重なって落ちた花びらを見ると、つい思ってしまいます。
まだ今日は風がないだけ良いのかもしれません・・。
雫の乗った美しいバラたちを見つめましょう・・・。
ジュリア(H.T.R)
d0099791_11174479.jpg

エレン・ウィルモット(H.T.R)
d0099791_11122386.jpg

アウグスタ・ルイーゼ(Sh.R)
d0099791_11164920.jpg

ブーケット・パルファ(Sh.R)が d0099791_11281477.jpg
庭で、初めて咲きました。
1989年作出の、ベルギー
Lens社のバラです。
房咲きの小錀~中錀の花は、
咲き始めは、グリーンがかる
クリームに、薄いピンクが
淡く乗って、時間の経過と共に
白い花色へと変化します。



ピエール・ド・ロンサール(Cl.R)
d0099791_1494639.jpg

今週27日(木)は、(株)日放ツーリスト、NHK文化センター主催の
「アンディ&ウィリアムス・ボタニックガーデン」へのバスツアーがあります。
お陰さまで、満席とのこと、私もとても楽しみに致しております。
どうぞ、よろしくお願い致します。
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-05-24 14:20 | バラ&ハーブ