六義園へ枝垂れ桜を観に行きました。

東京、文京区にある「六義園」へ、満開の枝垂れ桜を
観に行って参りました。
d0099791_1212131.jpg

「六義園」は、江戸時代の大名庭園で、明治時代には三菱の創業者
岩崎弥太郎の別邸となり、明治13年に岩崎家より東京都へ寄付され、
昭和28年には、国の特別名勝に指定された貴重な庭園文化財です。
「回遊式築山泉水」の庭園は、まさに「ジャパニーズ・ランドスケープ・
ガーデン」、ちょうど現在、枝垂れ桜をはじめ、椿、モクレン、アセビ、
クマ笹、そして新緑が美しく、日本の春を謳歌している様でした。
d0099791_12121520.jpg

d0099791_12131470.jpg

d0099791_12134456.jpg

池の近くには、モクレンの大木が白い花を満開に咲かせていました。
d0099791_1215498.jpg

d0099791_1216227.jpg

松と灯篭、日本の美ですね。
d0099791_12171855.jpg

d0099791_12191547.jpg
池には、大きな錦鯉や亀が
泳いでいます。今、錦鯉は、
欧米でとても人気が
あるそうですね。







「渡月橋」と名の付いた2枚の大岩で出来た石の橋。
d0099791_12215549.jpg

こちらは「山陰橋」。
d0099791_12372120.jpg

クマ笹の美しさを改めて知りました。
d0099791_12385942.jpg

途中、蛇(青大将)が、姿を現しました。
以前、蛇はその土地の守り神だと聞いたことがあります。
(お出迎え、ありがとうございます・・)
d0099791_12423564.jpg

こちらにも大枝垂れ桜の木が。
この横に昔、「吟花亭」というお花見をする為に作られた建物が
あったそうです。お花見の為の建物なんて、優雅で贅沢でしたね・・
d0099791_12481840.jpg

椿の花も美しく咲いていました。
d0099791_12495634.jpg

こちらは、「アセビ」。
d0099791_12505872.jpg

ぐるりと池の周囲をゆっくり散策した後は、
桜味のソフトクリームを頂きました。
d0099791_12543054.jpg

この日は、大勢の花見客が訪れて、入口は長蛇の列でしたが、
「日本人で良かった。」と呟く若い女性の話し声が聞こえたり、
私もとても幸せな気持ちになることが出来ました。
やはり日本人の心の故郷は「桜」なのかもしれませんね。
d0099791_13938100.jpg

d0099791_13105927.jpg

d0099791_13102744.jpg

枝垂れ桜は、今週~来週頃がちょうど見頃かと思いますので、
ぜひ、お出かけになってみられてはいかがでしょうか。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-03-21 13:21 | 季節の花々&実り