現在のバラの管理

8月に入り、現在は、暑さや湿気、害虫の発生等、
バラを取り巻く環境の影響を最も受けやすい時期
かと存じます。
農薬散布をしていない葉は、落葉が見られますが、
水分補給(水やり)と栄養補給(施肥)、そして整枝と
摘蕾を行い、バラの調子を整えて参りたいと思います。
昨日はまず、バラが栄養を吸収しやすくなる為に、
バラの株元の雑草等を綺麗に取り除き、固形有機質肥料
(リン酸の割合が多くないもの)を株元に撒きました。
次々と花を咲かせていた「ガブリエル」ですが、
摘蕾を済ませました。
d0099791_2395119.jpg

バラの花が無くなった庭では、夏の草花が元気に庭を
彩ってくれています。季節に合った草花もいいですね・・
「エキナセア」
d0099791_23113550.jpg

鑑賞用「トウガラシ」
d0099791_23121874.jpg

「風船カズラ」
d0099791_2328277.jpg

「ヒマワリ」「グラジオラス」「ルリタマアザミ」等を活けて。
d0099791_23155958.jpg

庭は暑さだけでなく、蚊や蜂等も飛んでいますので、
虫避け対策は怠ることはできませんね。
d0099791_233148100.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-08-04 23:24 | バラ&ハーブ