台風の翌朝

台風の翌朝は、いろいろと仕事が多くて大変ですが、まだ
風が残っている涼しいうちに、やってしまうと幾分楽な様です。
散らかった枝や葉のお掃除、それに加えて、暴風雨と一緒に
葉に付いた汚れを念のため洗い流します。
近所の方には、雨がたっぷり降ったのに、何故水を撒いているのだろう、
と、不思議がられるかもしれませんが、病気予防の為に、私は台風の後は
毎回、ホースで葉に水をかけています。
そして、次の水やりの時には、植物の活力剤「リキダス」を混ぜた水を撒き、
8月下旬から与える夏の元肥の栄養分を、根が吸い上げる力を増すよう、
下地作りをして行きます。雨の後に活力剤を与えるのは、いきなりカラカラ状態
の用土に撒くより、活力剤が用土に広がりやすく、均等の濃度になるからです。
バラも人も猛暑の日々は、無理せず基礎体力の維持に努め、足りない時は補い、
今後に備えて行くのが良いのではないでしょうか。
d0099791_11134988.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-11 11:16 | バラ&ハーブ