2015・国際バラとガーデニングショーへ

今年は、過密スケジュールの為、行くことを諦めかけていた「国際バラと
ガーデニングショー」ですが、なんとか行くことが出来ました。
多くのバラファンで賑わう会場の中で、前日まで自宅で開催させて頂いた「バラの
季節のガーデン・ティーパーティー」へお越し頂いた3名様より、お声をかけて頂き、
再会出来ましたことを大変嬉しく存じました。

また、ちょうど、高木絢子先生と石黒秀子先生、バラの家の木村卓功氏の
トークショーが開催されていましたので、聞き入って参りました。
詳細は、(株)産経デジタルNew Roses Web こちら をご覧下さい。
トークショーの後、光栄なことに記念撮影に混ぜて頂きました。
(中央:石黒秀子先生、中央左:高木絢子先生)
d0099791_18264444.jpg
また、この春、バラの家さんより発売が開始された無農薬でも元気に育つと
云われるバラ「ローズ・ドゥ・グランヴィル」(アンドレ・エヴ社)の大苗を
入手することが出来ました。
バラの家の木村氏と。
d0099791_18322469.jpg

こちらのバラは、クリスチャン・ディオールの生家の庭にあった野生種の
「グランヴィル・ローズ」を7回も改良して作られた最新のバラで、
パリのバガテル国際バラ新品種コンクールでは、2010年グランプリに輝やきました。
グランヴィルは地名ですので「グランヴィルのバラ」というネーミングです。
香りは、ダマスク香にスパイス香が混ざる、落ちついた深い香りがします。
ディオールは、こちらのバラを使用して香水等を作っていたとも云われているそうです。

d0099791_18380234.jpg

こちらのバラの作出に当たられたアンドレ・エヴ社のジェローム・ラトゥー氏と
ご紹介下さった柳楽桜子さん。
d0099791_18402726.jpg

「ローズ・ドゥ・グランヴィル」強くてたくましい性質だそうですが、お花は繊細な
優しいお顔をしていますので、今後、庭で育ってくれるのが、本当に楽しみです。

今年の国際バラ会議フランス・リヨン大会へ出発される御巫由紀さん(中央)、柳楽桜子さん(左)と。
d0099791_19114693.jpg
バラクラ・イングリッシュガーデンの山田ケイさんと。
d0099791_19124262.jpg
会場のバラたちや、色々なお会いしたかった方々にお会いすることが出来、おかげ様で、
とても嬉しく楽しい1日となりました。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp









[PR]
by salonderoses2 | 2015-05-25 18:54 | バラ&ハーブ