引き続き、6月に行って参りました「イタリア~薔薇と庭園・
芸術を巡る旅」をアップさせて頂きます。

今回のテーマは、「コロンナ宮殿の庭園」です。
こちらも見学するには、ガイド付きのツアー(有料)に
参加する必要があります。

コロンナ宮殿の横を通るピロッタ通りの上にかけられた橋は、
宮殿とクゥイリナーレの丘の斜面に造られた庭園を結ぶものでした。

クゥイリナーレの丘には、3世紀頃に建てられたヘラクレスと
ティオニュソスに捧げられた「セプティミウス・セウェルスの神殿」
の遺跡がありましたが、中世の時代に取り壊し、ここを要塞としたとの
ことです。

d0099791_16102712.jpg
こちらから庭園巡りがスタートしました。

d0099791_16130669.jpg


ガイドさんに付いて進んで行くと、丘の斜面を利用した庭園が
見えてきました。(前を歩く素敵なレディも)


d0099791_16164728.jpg

マグノリアの大木に、刈り込まれたツゲの木や鉢植えのレモンの木、
白い彫像に、とうとうと水が流れ出るニンフェウムのあるテラス、
奥に見えるグロッタ・・まさにイタリア式庭園が目の前に現れました。


d0099791_16211197.jpg

暑いイタリアの夏の庭園には、水が本当に涼しげで爽やかです。


階段を上って、グロッタの近くへ行きました。
グロッタの歴史は、古代ギリシャ、ローマ文明にまで遡り、
海の深海(神々のいる神聖な場所)を意味し、古の海洋文明を
現代に伝える大切なアイテムのひとつであります。
また、グロテスクの語源ともなっていますね。


d0099791_16395523.jpg


要塞であったことを物語る高い塀が築かれていました。

d0099791_16495550.jpg

更に上へ行って見ると、3世紀のローマ時代の石棺が置かれていました。

d0099791_17300725.jpg

こちらは、頂上からの眺め。
d0099791_17305642.jpg

d0099791_17314416.jpg


そして、一輪、薔薇の花が咲いていました。
d0099791_17323824.jpg
頂上で薔薇に出会い、暑さも疲れも忘れました。


こちらは、薔薇の奥にあったガーデン。
d0099791_17504662.jpg




その後、グランデ(コロンナ宮殿の大広間)に戻りました。


d0099791_17550500.jpg



グランデの階段には、1849年に、ナポレオン3世がジャニコロの丘
から撃った大砲の玉が今でも残されています。
固い大理石にくいこんだ当時のままの様子が見てとれました。
特に囲い等はございませんので、どうぞ行かれた時には、足元にお気をつけ下さい。




d0099791_17573420.jpg



また、宮殿の外のテラスには、
手しぼりのオレンジジュースやザクロジュース、
サンドウィッチやスイーツ等の軽食が摂れる
小さなカフェがあり、私たちもそこで一休みしました。




d0099791_18104604.jpg


古い映画ではありますが、誰もが一度は観た記憶がある
「ローマの休日」、なんといっても可憐なヒロインに
胸がときめいたことでしょう。
あのヒロインが居た宮殿が、歴史あるイタリア貴族の宮殿として
現在も実在していたことを、長い間知らずに過ごしてきました。
実際に訪れてみて、このコロンナ宮殿は、大変見所の多い、
魅力的な場所であることを強く感じました。

名残惜しかったですが、コロンナ宮殿を後にし、
この後、フォロ・ロマーノへ向かいました。




次回は、フォロ・ロマーノ~コロッセオ~ローマ市立薔薇園の予定です。





メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP





[PR]
by salonderoses2 | 2017-07-04 18:14 | 2017・イタリア薔薇と庭園・芸術を巡る

引き続き、コロンナ宮殿についてアップさせて頂きます。こちらからは、1Fにある「イザベッレ王女の居住区」です。(こちらを見学するには、ガイド付きのチケット代が必要...
先日アップさせて頂きました「イタリア~バラと庭園・芸術を巡る旅2」
が、おかげ様で、エキサイトブログの「旅とお散歩」の記事で1位、
総合で11位になったそうです。(2017年7月5日付け)
いつも順位等全く考えずに、時間が出来た時に、
綴っておりますこちらのブログですが、
やはりその様な結果が出ますと、嬉しいものですね。
皆様、ご覧頂き、誠にありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HP

[PR]
by salonderoses2 | 2017-07-04 09:59 | 2017・イタリア薔薇と庭園・芸術を巡る

引き続き、コロンナ宮殿についてアップさせて頂きます。

こちらからは、1Fにある「イザベッレ王女の居住区」です。
(こちらを見学するには、更にガイド付きのチケット代が
必要となります。)

コロンナ家は、9世紀前にまで歴史を遡ることの出来る
古い家柄ですが、20世紀を代表するコロンナ家の著名人は、
ファブリッツイオとオリンビア・ドーリア・ハンフィリ夫妻でした。
その夫妻の2人の息子の1人マルカントニオが、妻に迎えた
レバノン出身のイザベッレ・スルソックは、1909年の結婚から
1980年まで、ローマの社交界において主要な役割を果たし、
戦時下に於いても、コロンナ家の収集してきた芸術品の数々を
守りぬいた女性であったそうです。
そのイザベッレが暮らした部屋の数々が「イザベッレ王女の
居住区」として公開されています。

こちらは、「ヴェットゥリーナの間」。
中庭に通じるこの部屋は、「イザベッレ王女の居住区」との
繋ぎのような間になるかと思います。

d0099791_00444869.jpg


天井のフレスコ画には、様々な鳥が描かれていました。
(フランチェスコ・コラッロ作。17世紀。)

壁面のフレスコ画には、ヴェスヴィオ火山他ナポリの風景が
描かれていました。
(アンニーバレ・アンジェリーニ作。19世紀。)


d0099791_08571990.jpg



こちらが中庭です。
d0099791_00515400.jpg



「バルダッキーノ(天蓋)の間」
d0099791_00561448.jpg


天蓋の下の聖母子像。


d0099791_02335247.jpg



天井には、天使と薔薇。
d0099791_00565208.jpg

d0099791_00575804.jpg




「ヴァンヴィッテッリ(ファン・ウィッテル)の間」
ガスパール・ファン・ウィッテル(1653~1736年)の
風景画のコレクションが飾られていました。
d0099791_01004475.jpg

天井には、素晴らしいベネチアングラスのシャンデリアが。

d0099791_01092123.jpg




「ローザ(薔薇)の間」


d0099791_01550668.jpg

こちらのお部屋にも、たくさんの絵画が飾られていますが、
やはりこちらの画に目がとまりました。

ヤン・ブリューゲル(父)(1568~1625年)の
「ある風景における東方三博士の礼拝」


d0099791_01552416.jpg


フランドル地方(フランス北部、ベルギー、オランダ南部)の絵画の
コレクションのようです。
d0099791_01544810.jpg




「フェステ(宴)の間」
こちらにも、素晴らしいベネチアングラスのシャンデリアが
ありました。

d0099791_01053806.jpg

 
d0099791_01504320.jpg

天井のフレスコ画。
(ジャチント・ジミニャーニ&カルロ・チュージィ作 17世紀。)

d0099791_01511590.jpg



「フォンターナ(噴水)の間」
壁面のフレスコ画(クレシェンツィオ・オノフリ作 17世紀。)

d0099791_01082208.jpg


こちらの入口にあったワニの彫刻は、
ローマ帝国時代の3世紀初頭のものだそうです。

d0099791_01131895.jpg




「テンペスタ(嵐)の間」
天井のフレスコ画(ポマランチョ派 16世紀。) 
壁面のフレスコ画(ピーター・ミューリエール 別名:イル・テンペスタ作
17世紀。 

d0099791_01124929.jpg

こちらには、イザベッレ王女のお写真が。
d0099791_01123228.jpg



「デュゲの間」
天井のフレスコ画(ポマランチョ派 16世紀。)
壁面のフレスコ画(ガスパール・デュゲ 1615~1675年。)

d0099791_01285975.jpg

アサガオの花も描かれていました。
d0099791_01293661.jpg



「食堂」
大変豪華な食堂の間でした。
天井のフレスコ画(ジョヴァン・バッティスタ・リッチ
& ルドヴィコ・ランツォーネ作 16世紀。)

d0099791_01324179.jpg


煌びやかなものに目が奪われてしまいますが、
各お部屋には、それぞれテーマがあり、
確かにコロンナ家の歴史が刻まれていると
感じました。
また、豪華な各お部屋にマッチした美しい
ベネチアングラスのシャンデリアの数々を
見ることも出来ました。


次回は、コロンナ宮殿の庭園をご紹介させて頂きます。


こちらは、「イザベッレ王女の居住区」を出た所にある
もう一つの中庭。
鉢植えのレモンの木が並んでいました。


d0099791_18422683.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp




[PR]
by salonderoses2 | 2017-06-30 02:47 | 2017・イタリア薔薇と庭園・芸術を巡る

6月16日(金)~24日(土)の9日間、
昨年に続き今年もイタリアへ、バラや庭園、
芸術を訪ねる旅へ行って参りました。
おふたりの生徒様と、何から何まで自分達で計画し
行き先を練りながら、行って参りました。
おかげさまで、大変有意義且つ、楽しい女子旅となり、
様々なことを学ぶ機会となりました。

到着日の時刻は19時でしたので、ローマのホテルに直行し、
ゆっくり休みました。
第2日目、まず最初に訪れたのは、映画「ローマの休日」で
オードリー・ヘップバーン演じるアン王女が、
最後の記者会見をした場所「コロンナ宮殿」です。
こちらは、土曜日の午前中のみしか開館しておりませんので、
なかなか日本のツアーには入っておらず、
ちょうどこの日が土曜日でしたので、気合を入れて
朝から行って参りました。


入り口。
d0099791_01105815.jpg

コロンナ宮殿は、現在もイタリアの貴族コロンナ家が住居としており、
宮殿の一部をミュージアムとして、見学させて頂けるようになっています。

d0099791_01114851.jpg


入口は質素ですが、2Fに上がり、すぐに目の前に大広間が
広がります。
誰もが、その絢爛豪華な空間に感嘆の声を上げていました。

こちらが、「ローマの休日」の撮影が行われた
ギャラリー:グランデ(大)広間です。

d0099791_01194606.jpg



ギャラリーにある「花瓶と3人のブットが描かれた鏡」
カルロ・マラッタ(1625~1713年)、
マリオ・ディ・フィオリ(1603~1673年)作。

d0099791_01094424.jpg

ギャラリーを先へ進むと横にこちらが置いてあります。
貴重品を収納する箱だそうで、黒檀と象牙で出来ており、
美しい細密な細工が施してあります。
フランツ&ドミニクス・シュタインハート(17世紀)作。


d0099791_02354743.jpg

詳細はわかりませんが、個人的に
下の収納箱を支えている部分が、日本的な印象を受けました。



ギャラリーから各部屋へと繋がっていきますが、
最初の部屋は、「マルティヌス5世神格化の間」です。
この部屋で、宮殿で最も有名な画「豆を食べる男」
アンニバレ・カッラッチ(1560~1609年)作が飾られています。

「豆を食べる男」の上の画は、「聖母とまどろんだ幼児イエス、
聖エリザベッタ、聖ジョヴァンニーノ」
アニョーロ・ブロンズイーノ(1503~1572年)作です。

d0099791_01343633.jpg



こちらは、「鏡の間」。
美しい繊細な画を施した鏡が、こちらの宮殿にはいくつもあって
とても素敵だなと思いました。

d0099791_01430001.jpg



d0099791_01455953.jpg



「リカーミ(刺繍)の間」
美しい花天井。
d0099791_08243272.jpg



「礼拝堂の間」
アルテミジア女王にまつわる一連のつづれ織り(17世紀)が
飾られています。
d0099791_08261130.jpg





「黄色の間」は、他のお部屋に比べると小さめですが、
愛らしい天使と薔薇が、壁や天井にたくさん描かれていましたので、
私は、このお部屋が大好きになってしまいました。
天使と薔薇のフレスコ画は、ジュゼッペ&ステファノ・ボッツイ作。18世紀。

d0099791_01503017.jpg


天井画

d0099791_10073286.jpg


d0099791_10080439.jpg



壁画


d0099791_01514501.jpg

d0099791_01522267.jpg

d0099791_01525829.jpg

d0099791_01532542.jpg

d0099791_01535694.jpg

愛らしい天使たちが、一生懸命、薔薇を飾っている姿に
とても心が和みました。

この様に、コロンナ宮殿は見所がたくさんですので、
この続きは、また後ほどアップさせて頂きたいと存じます。
どうぞ、お楽しみに。




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP


[PR]
by salonderoses2 | 2017-06-29 02:04 | 2017・イタリア薔薇と庭園・芸術を巡る