日本ばら会会員宛てに、デビッド・オースチン・ロージズ社より、バラのハンドブック日本語版
(第1版)が送られてきました。同社は、昨年5月に日本オフィスを大阪に開設されています。
d0099791_2126156.jpg

綺麗なイングリッシュローズの写真と説明が詳しく記載されています。
d0099791_21261630.jpg

イングリッシュローズと言えば、今まで日本では、岐阜のローズ・オブ・ローゼス社が、
輸入総代理店として、国内にイングリッシュローズを紹介し広めてこられたのでした。
10年以上前になるかと思いますが、二子玉川の高島屋に、ローズ・オブ・ローゼス社の
大野社長さんの講演会に伺った時、あまりの美しさに、どうしてもイングリッシュローズを
日本に持ち帰って広めたかったことや、大変ご苦労されてデヴィッド・オースチン氏らと
契約出来た時のこと等のお話をお聞きしたことを思い出しました。
今ではこんなに広まって、多くの人を魅了していますね。美しいイングリッシュローズを
作出して下さる育苗家にも、それを紹介して下さった方々にも、心より感謝いたします。
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2009-02-18 13:26 | 本のご紹介

3月8日(日)、新宿アイランドウィングに於いて、クラブツーリズム(株)主催の
フラワーフェスタ2009が開催されます。
この中で、「ガーデンパーティーのおもてなしレシピと英国式紅茶の淹れ方」の講師を、
私がさせて頂くことになりました。ご紹介させて頂きますお菓子は、忙しいバラの季節でも簡単に出来、見た目も華やかな「ローズトライフル」(写真)です。バラの香りが溢れるこのお菓子を、ぜひ、皆様のお庭でも、おもてなしレシピのひとつに加えて頂きたく、
デモンストレーションにてご紹介させて頂きます。
d0099791_2351252.jpg

フラワーフェスタ2009 
新宿アイランドウィング(東京都新宿区西新宿6-3-1)に於いて
コース番号:02829-341
「ガーデンパーティーのおもてなしレシピと英国式紅茶の淹れ方」
 日時: 3月8日(日)、14時30分~16時、 講座料: 2800円、 
 (他にもこの日は、楽しみな講座がたくさん用意されています。)
 お申し込み、お問い合わせ: TEL/03(5323)5590 FAX/03(5323)6771
 クラブツーリズム(株)カルチャー旅行センター、または、趣味人倶楽部 まで。 
また、今年も高木絢子先生と訪れる英国ツアー「マダム高木と訪ねる英国カントリー
サイドのバラと庭園の旅」の日程が発表されました。
d0099791_23514966.jpg

ダワーハウスにハドンホ-ル、マニントンホールにベス・チャトー・ガーデンそして、
エルシングホール・・行きたい所ばかりです・・アンティークショップにも立ち寄るそうです。
フランスは、大野耕生氏と訪ねる「フランス・バラの名園とロワールの古城庭園」が発表されています。こちらは、バガデル、ライレローズをはじめ、デルバールのバラ農場や、
ロワールのシュノンソー城やヴィランドリー城を訪ねるそうです。こちらもステキな所ばかり
人気がありそうですね。
こちらのツアーのお申し込み、お問い合わせも上記まで。
[PR]
by salonderoses2 | 2009-02-17 11:35 | 講座&イベント&ツアーのご案内

この冬最後のバラ

バラが咲き続けてしまうほど暖かな冬ですが、これからの為に強剪定でいったん休ませて
あげましょう。ころころのイヴ・ピアッチェと外側に少し赤みを帯びる白いチューイン。
遅い冬のお花なので綺麗ではありませんが、イヴ・ピアッチェは、室内に入れると覆輪が
より鮮明になるようです。
d0099791_944634.jpg

こちらは、アプリコット・ネクター
d0099791_9442392.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2009-02-12 18:55 | バラ&ハーブ

バラの庭作り

2月に入って暖かい日も増え、陽だまりはポカポカして気持ち良いのですが、バラの
お世話で焦っているのは、私だけでしょうか・・・?やっと鉢の土替えと強選定を終えることが出来ました。でも、何か忘れているような・・・。そういえば、12月に誘引したつるバラの古い葉が、落葉しなかったので、脚立に上って一枚一枚手で取るはめに。(新芽は取っちゃだめですよ。それにしても芽が動くの早いですね。)
ピエール・ド・ロンサールとプロスペリティー
d0099791_946177.jpg

今年も6種類増えて、芝生がまた狭くなってしまいました。
探していたメイヤー・オブ・キャスターブリッジ見つかりました。マダム・アルフレッド・
ドュ・ルージュモンは、とっても小さな苗でしたので前列に。最近新品種よりも以前いいなと
思ったものを植えています。やっぱりいいものはいいのです。
d0099791_9462720.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2009-02-12 18:00 | バラ&ハーブ

本のご紹介

NHK出版より、NHK趣味の園芸別冊「バラ栽培」のご本が発売されました。有島薫氏、
上田善弘氏、大野耕生氏、小山内健氏、河合伸志氏、そして、高木絢子先生の
6名によるご執筆です。
d0099791_2152547.jpg

私は、いつもバラの香りについての表現が難しいと感じておりましたので、P91の
高木先生のバラの香りについての文章はとても勉強になりました。本文中「私の大好きな
バラの香りに、年を重ねた貴婦人のやさしいふるまいのような・・・」と続く、先生が
お書きになられた文章があるのですが、私はなんとなくあの香りかしら・・と解ったような・・
でも、ちがうかしら・・・とか、想像を楽しんでおります。知識とお人柄に裏打ちされた
先生ならではの表現、解釈が綴られた文章、本当に素敵です。
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2009-02-12 10:26 | 本のご紹介

東京ドームにて開催されております「テーブルウェア・フェスティバル2009」へ行って参りました。洋菓子教室Salon de Marieを主宰されていらっしゃる横井満里代先生とごいっしょさせて頂きました。最初に目を引いた「世界のブルー~青の系譜~」というテーマの
展示ブースでは、中国や日本からヨーロッパに影響を与えた青い染め付け技法の器が、歴史の流れと共に展示されていました。
中国の景徳鎮
d0099791_9484385.jpg

マイセンのブルー
d0099791_949551.jpg

日本の代表ブランド、ノリタケのコーナー。(レースウッドゴールド)
d0099791_9492246.jpg

ノリタケ (アフロディーテ)
d0099791_9493719.jpg

大倉陶園の贅と技術を尽くして完成された照宮成子内親王の婚礼支度のディナーセット
d0099791_1335562.jpg

どのテーブルコーディネイトも素晴らしくて目の保養になりました。また、各テーブルの
フラワーアレンジメントもとても勉強になりました。
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2009-02-07 23:23

本のご紹介

昨日、ガーデン雑誌「ナチュラルガーデニングvol.7」(学研)が、全国の書店にて発売
されましたが、この本の中で、いつも色々なかたちで私をサポートして下さっている、
雑貨&ハンドメイドSUNNY DAYSのオーナー白井敦子さんのベランダガーデンが、
P102~P107に渡って紹介されました。
何度もお邪魔させていただいておりますが、とてもお洒落で居心地の良いガーデンです。
鉢や雑貨、デッキチェア等どれもセンス良く、配置の仕方等とても参考になります。
d0099791_21592733.jpg

こちらは、うちの現在のガーデン。植え替えや施肥等でシャベルで穴を掘ったり、
毎日泥だらけ・・・庭もグジャグジャ・・・といった感じです。
時々、小鳥が来るので、バラの実を少し枝に残してあります。
d0099791_21574897.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2009-02-01 16:42 | 本のご紹介