今年は、「今年の漢字」でも「暑」という字が選ばれた様に、本当に暑い日の多い
年でした。現在では季節も変わり、あの暑さがうその様に感じられるほど気温も
低くなりましたが、庭にいることの多い私たちにとって、今年の夏は本当に過酷
そのものでしたね。
私たちも大変でしたが、バラたちもとても大変そうでした。多くのお庭で猛暑続き
により、枯れてしまったバラが続出したとお聞きしました。そんな中にあって、
健気に次々と花を咲かせる品種も見受けられ、暑さに強いバラとそうでないバラの
違いが見て取れるように思えたのではないでしょうか。
今後また日本で今年の様な、または更に猛暑になるのであれば、暑さに強いバラ
の品種選びといったことも大切になってくるかと存じます。

では、暑さに強いバラとは一体どんなバラなのでしょうか。
まず、バラの原産地に目を向けてみるとその答えが見えてくるかと思います。
バラは、全ての原種が地球の北半球で産まれたと言われています。そんな中に
あって南側に近い地域が原産地であるバラが、やはり暑さに強いと言えるのでは
ないでしょうか。
例えば、イラン、イラク、アフガニスタンが原産地であるロサ・フェティダと、
また、全てが暑さに強いとは限らないかもしれませんが、ロサ・フェティダを
交配親に持つ品種やその子孫といった品種群、ロサ・フェティダの濃い黄色や
オレンジ色の花色の特徴を色濃く引き継いだ品種等、もし、皆さんのお庭に
そういったバラがお有りでしたら、この夏どうだったか、ぜひ、思い返してみて
下さい。
また、中国や日本といったアジア原産のものとそれらを交配親に持つ品種やその
系統等、いかがでしたでしょうか。
チャイナローズといっても全てではなく、やはり、ヒマラヤ付近原産や上(北)の
方のバラは、残念ながら今年の暑さに弱かったと思います。

これからは、もしかしたら、今までの苗選びの基準にプラスして、暑さに強い品種も
苗選びのポイントになるのかもしれませんね。バラを選ぶ時、目の前のそのバラの
色や形だけではなく、原産地や交配親等といったそのバラのルーツや情報を
知ることが大切になってくるのかもしれません。
知ることで、このバラは、暑さが苦手なバラだから育てるのを止めようというのでは
なく、庭の中でも涼しく気温があまり上がらない場所に移してみたり、移動出来る
様に鉢植えで置いてみようとか、1日中、日が当たる場所には、このバラよりも
こちらのバラの方が向いているかしら・・等、ご自分のお庭やベランダの中の
場所に合ったバラを、考え選ぶことが出来る様になるかと思います。
知るということは、とっても楽しいことでもありますよね・・
バラのルーツをひも解いて行く中で、目の前のバラが何処からきたのか(足もない
のに)何故、ここでこうして美しい花を咲かせて、芳しい香りを漂わせているのか、
etc・・・等、興味は尽きず、やはりバラは、ロマンに満ち溢れた魅力的な植物だと
いうことが改めて感じられることと思います。
また、暮らしに活用する場合も、このバラはこの系統だから美味しそう、美味しく
なさそう・・等、解ってきますよね。
時には一目惚れして、またこれからも衝動買いの様に購入してしまう苗もあるかも
しれません。これもご縁ということで有りかと思います。そのバラが、たまたま暑さ
に強いバラだったらラッキーですが、でも、なんでも結果の為だけにある訳では
ないと思っています。
日々、バラとの暮らしを楽しんでいることこそが、経験になり結果に繋がっていく
のだと思います。

また、もう1点、今年はこの暑さから、環境に応じたバラの管理をしていくことも
重要だと思いました。
特に残暑の厳しかった今年の夏、今までのマニュアル通りに秋バラの為の剪定を
行っていたら、カットしたところからすぐ短いステムの先に小さな花芽が出来て
しまったことでしょう。それも夏の元肥の影響で、綺麗とは言えないお花が・・
この様に、今後は今までの環境の変化と共に、環境に応じたバラの管理を
臨機応変(基礎を熟知した上での応用)に行う必要があるかと思います。

どちらに致しましても、日々の経験を積むことと自分以外の方との情報交換、
探究心といったものが大切かと存じます。
私の講座にも多くの方々がお集まり下さり、バラについての情報交換をさせて頂け
たと思います。私も皆さんのお陰で大変勉強になりました。
来年もまたバラとの日々を楽しみながら、経験を積み重ねて参りたいと存じます。

d0099791_23243.jpg

現在のウィンチェスター・カセドラル(EN.R)。気温が下がったとはいえ、
12月でも暖かい日が続いたせいで、未だ葉が青々としています。
1月になり気温が下がっても落葉しなかったら、手で葉を取り除こうと思います。

今年最後のお花を見送って・・・来年また会えます様に。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-31 13:23 | バラ&ハーブ

クリスマスが終わって

クリスマスも終わり、ツリーやクリスマスの飾り付けを片付けていると、
今年あった様々なことが思い返されます。
バラの満開の5月は、つい昨日の様なことだったのか、それとも
随分と前のことだったのか、不思議な感覚に戸惑ってしまいますが、
それでもこうして振り返れば、様々な方々に、暖かく支えて頂きながら
歩んでこれたことを実感致します。本当にありがとうございました。
d0099791_21471147.jpg

次回は、今年のまとめを記させて頂きます。
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-31 12:00 | その他

中神久子さんの2011年のカレンダーをご紹介させて頂きます。
このカレンダーを観ていると、ゆったりと落ち着いて、日常を大切に
送っていきたいと思えました。これが絵画の持つ魅力なのですね。
油絵のカレンダー
d0099791_9573741.jpg

水彩画のカレンダー
d0099791_958473.jpg

どちらも銀座教文館、及びインターネットでお求めになれます。

何回か、うちに足を運んで下さった中神さん、カレンダーのモチーフの
中に幾つか描いて下さり、大変光栄です。

こちらの絵も描いて下さいました。
「バラの香りに包まれる5月の朝、愛犬ジョイとのお茶を楽しむ一時が
私の好きな時」とお伝え致しましたら、描いてきて下さったのです。
ただただ、感謝。
d0099791_1034036.jpg


中神久子さん:女子美術大学芸術学部絵画科洋画専攻卒業。
1986年NTT雪ヶ谷ギャラリーで初の個展を開催。その後、
都内有名百貨店等で個展を開催し、「花」をモチーフにした
作品を多数発表。
刻一刻と変わる植物の一瞬を素直な気持ちで捉え、花の持つ
生命力(エネルギー)を少しでも画面に残したいと制作。
繊細な感覚に満ちながら、全体の印象は簡明で、爽やかな
空気が通る画面を表す画家として評価が高い。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-31 10:16 | その他

ガーデン季刊誌「花ぐらし  d0099791_955663.jpg2010.冬号」(JAグループ
・家の光協会 出版)が、
発売されました。

今号では、P84~85に
~花びらや葉っぱで
手軽にかわいく~
「ローズキャンドル」を
担当させて頂きました。

他の誌面には、冬の定番
クリスマスローズが、
たくさん取り上げられて
いますし、新品種等必見です。
また、小山内さんの
バラの冬仕事についても
解りやすく掲載されて
いますので、ぜひ、今号も
お手にとってご覧頂きたく存じます。    

メールアドレスsalonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-16 09:15 | 本のご紹介

12月10日(金)、NHK文化センター青山教室の第3回目の講座「バラの冬仕度
&クリスマス・ティーパーティー」が、私の自宅にてありました。
庭にて、大苗の鉢への植え付け方や用土、肥料についてのご説明をさせて頂き
ました。その後、クリスマス・ティーパーティーを室内にてお楽しみ頂きました。
d0099791_11114280.jpg

お菓子は今年も、ジンジャーブレッドとトライフルをお作り致しました。
今年のトライフルは、ローズヒップのゼリーにブルーベリー、イチゴ等のバラ科
のフルーツを合わせました。
d0099791_2240238.jpg

バラや紅茶のお話等、私も皆さんと、とても楽しい一時を過ごさせて頂きました。
皆さん本当に素敵な方々ばかりで、来年またお会い出来ますことを楽しみに
致しております。
d0099791_1093668.jpg

ドア飾りも、もみの木、コニファー、ローズヒップで。
d0099791_22501638.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-16 09:01 | 講座&イベント&ツアーのご報告

12月13日(月)は、読売文化センター自由ヶ丘教室にて、特別講座「バラの
冬のお手入れ方法&クリスマス・ティータイム」がありました。
そして14日(火)は、新百合ヶ丘・産経学園にて「バラいっぱいの素敵な暮らし」
第3回講座がありました。
どちらもお集まり頂いた皆様、各カルチャースクールの皆様には感謝申し上げます。

さて、この時期に欠かせないクリスマス・アレンジですが、今年は、庭のもみの木や
コニファー、ローズヒップといったすぐに庭から調達出来るものを中心に作ってみました。
d0099791_1630057.jpg

もみの木、コニファーは、d0099791_16361742.jpg
クリスマスのシーズン中
ずっともってくれるので
いいですね。















ブリザーブドフラワーをアレンジ。
d0099791_16383643.jpg

咲き残っていた庭のバラをアレンジ。
d0099791_1641162.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-14 16:53 | 季節の花々&実り

今年もあと3週間ほどになりました。
12月11日(土)、バラの会・クリスマス・パーティーが、私の自宅にて
ありました。
d0099791_9542351.jpg

皆さんが持ち寄って下さったケーキやお料理の数々・・私ひとりではこんなに準備は
出来ません・・ですので毎回、感動してしまいます。(感謝)
SAさんお手製のデコレーションが素晴らしいバタークリームケーキ。
d0099791_1022143.jpg

チーズタルト&ラズベリータルト。
d0099791_1032021.jpg

Shさんお手製のタルトタタン。家庭的なお菓子大好きです。
d0099791_1051414.jpg





d0099791_11161192.jpg











チョコレートクリスマスケーキ。
d0099791_107127.jpg


フルーツの盛り合わせ。
d0099791_1014068.jpg

SIさんお手製のテリーヌ。デパ地下のよりも美味しかったです!
d0099791_1015895.jpg
d0099791_10155151.jpg














私は、ケイク・サレとモルド・ワインをお作りしました。
d0099791_1017330.jpg


d0099791_10173518.jpg











d0099791_1185399.jpg
今年もこうしてバラの会の皆さんと
クリスマスを楽しむことが出来たこと、
また、今年も皆さんには、
大変お世話になりましたこと、
心より感謝申し上げます。


メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-12 10:33 | バラの会

つるバラの誘引

暖かな12月の日が続いています。寒くならないうちに、つるバラの誘引や剪定を
進めていますが、日の当たる所では暑いくらいですね。
d0099791_2242247.jpg
バラの洞窟と化していた
玄関前ですが、ようやく
枝を整理して、スッキリ
出来ました。
これでなんとかお正月
を迎えられそうです。










高い所の枝は脚立に乗って。
ちょっと怖いですが、春の風景を思い描いてがんばります。
d0099791_22453141.jpg

まだ春の様に青々した葉をたくさん付けているバラもありますね・・
マダム・ローレット・メシミーとアンナ・オリビエ(奥)。
d0099791_22515766.jpg

カロリーナ・マルニエス(N) 
d0099791_2253610.jpg

ストロベリーアイス(F) 
d0099791_22542220.jpg

これから花開くウィンチェスター・カセドラル(En.R)の秋の2番花の蕾たち。
d0099791_22564054.jpg

こちらは牡丹。根元に配合肥料を撒いてあります。
d0099791_22591122.jpg

d0099791_22593586.jpg

こんなに暖かな12月。今までで1番かと思います。作業は楽ですが、植物達が
春と勘違いしないといいですね・・
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-05 23:11 | バラ&ハーブ

また銀座

来年の仕事の打ち合わせに銀座へ行ってきました。
その帰りに、今年の9月にオープンした三越別館1Fの「デンマーク・ザ・ロイヤル
・カフェ」にて、ランチを頂いてきました。こちらは、デンマークの王室御用達の
インテリアや食器等が使用されているそうなのですが、どれを見てもチャーミング
なものばかり。センスの良い北欧デザイン溢れるオープンな空間のカフェは、
主婦や女性同士のお客さんで賑わっていました。日本初出店だそうです。
d0099791_21315579.jpg

デンマークで300年の歴史をもつスモーブローと日本のお寿司をヒントに創られた
オープンサンドの「スムッシー」。とっても美味しくて、大ファンになりました!
d0099791_21405219.jpg

ランチセットのスープ
お花が浮かんでいます。
d0099791_21471887.jpg
ベリーのデザート
こちらにもお花が。
d0099791_21474493.jpg








ホームメイドスタイルのケーキ。
可愛いですね。
d0099791_2262650.jpg

d0099791_2265165.jpg











鹿さんも可愛い。
d0099791_2294367.jpg


こんな子、私好きです。
d0099791_22142918.jpg













またぜひ、来たいと思いました。

そして、シューズショップGOHAN銀座本店に行き、欲しかったマニッシュなシューズを購入。
d0099791_2224389.jpg

こちらの靴は、特別なインソールが入っている為、履き心地がとても良く、たくさん
歩いても私はぜんぜん疲れを感じませんでした。有名百貨店でのイベント等でも
取り上げられる程、大注目の機能とデザインを合わせ持ったシューズです。

銀座の街は師走に入りこの間来た時よりも、人出も活気も増した様に思え少し
安心しました。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-12-02 22:49 | その他