2011.今年の牡丹②

昨日のウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの挙式は、
素晴らしかったですね。若いお二人が、多くの人々に祝福され
愛されていることが良くわかり、こちらまで明るく幸せな気持ち
になることが出来ました。
6月の「フランス・英国庭園巡り~バラと紅茶の優雅な旅」では、
今回挙式が行なわれました「ウェストミンスター寺院」も見学出来ますこと
今からとても楽しみです。

さて現在庭では、バラの蕾もだいぶ膨らみ、仕上げまでに忙しい時期
ではありますが、私の庭では牡丹が満開を迎え、バラの手入れの合間に
目を楽しませてくれています。
花付きの良い「鎌田藤」左と「新天地」右
d0099791_1132094.jpg

「小手毬」と「島大臣」
d0099791_2354391.jpg

こちらは、「太陽」と、ラベルが付いていたのですが、
別の品種かと思います。でも、可愛いです。
d0099791_11858.jpg

黒に近い渋い赤に花弁の先が白い覆輪の「皇嘉門」
d0099791_1562828.jpg

大輪の「島の藤」
d0099791_1221995.jpg

「鎌田錦」
d0099791_1205673.jpg

「大正の誇り」と足元の「姫うつぎ」
d0099791_123197.jpg

「大正の誇り」を一枝切って
d0099791_1514245.jpg

こちらは、「フキ」
d0099791_1594548.jpg

28日(木)は、NHK文化センター八王子教室に於きまして
「バラのある暮らし」(4月期)を今回もお蔭様で、無事スタート
することが出来ました。誠にありがとうございます。
次回5月は、私の自宅での「バラの鑑賞会~ガーデン・ティー・パーティー」
です。ご受講費の一部を東日本大震災への義援金として寄付させて
頂きます。英国の名窯「エインズレイ」のバラの絵柄のティーセットも、
どうぞお楽しみ下さい。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-30 02:28 | 牡丹

牡丹が咲いたら、もうひとつ楽しみにしていたことがありました。
それは、エインズレイのベンブロックのティーカップで
お茶を頂くこと。
ベンブロックの絵柄は、18世紀に英国南ウェールズ地方の
ベンブロックシャイヤーという地を訪れたデザイナーが、
そこで、当時、西洋ではなかなか手に入らなかった日本の
伊万里焼と出会い、東洋への憧れから、その伊万里焼をイメージ
して模写し、デザインされたものだそうです。
このベンブロックのお皿の中央に描かれているお花が、
とても「牡丹」に似ていると思いませんか?
ですので、私は、牡丹が咲いたら、このティーセットでお茶を
頂くことをとても楽しみに致しておりました。
そして昨日、その願いが叶いとても嬉しいです。
d0099791_2195192.jpg

ちょうど、栗の木紅茶倶楽部を主宰されていらっしゃる
道村かよこ先生お手製の「キャロットケーキ」が届き、
大変美味しく頂きました。
d0099791_1513415.jpg

こちら(右)は、ティーフォーワンといって、ひとり用のポットとカップが
一体型となっているものです。ひとりでお茶を頂く時に良いですね。
d0099791_1541993.jpg

牡丹のお花はアレンジに利用すると、たった数輪でも、とてもボリュームが
出て華やかになるかと思います。
d0099791_8484128.jpg

英国といえば、いよいよあさって29日は、ウィリアム王子と
ケイト・ミドルトンさんの挙式の日ですね。
明るい幸せなニュース、とても楽しみですね。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-27 02:00 | Tea&Sweets

2011.今年の牡丹

バラより約半月ほど早く咲き出す牡丹の花。
豪華で艶やかな花姿は、圧倒的な存在感がありますが、
優美な奥ゆかしさをも観てとれる魅力的な植物だと思います。
現在は、短い牡丹の時期を心ゆくまで楽しみたいと思います。
「大盃」
d0099791_0564913.jpg

「貴婦人」
d0099791_115582.jpg

「八重桜」
d0099791_125832.jpg

以前、亡き祖母が使用していた火鉢に植えた「黒龍錦」
d0099791_059213.jpg

こちらは芍薬の蕾。バラの時期と重なります。
d0099791_105135.jpg

庭で咲いていた花々と「八重桜」
d0099791_16810.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-27 01:10 | 牡丹

牡丹が咲き出しました。

昨日は1日中雨風が強く、バラの枝もだいぶ暴れてしまいました。
そんなお天気の中、早咲きの牡丹が咲き出し、時折雨が上がる瞬間の
光を受けたその美しい姿に、目を奪われてしまいました。
d0099791_0395910.jpg

赤と白の絞りが美しい「島錦」
d0099791_041666.jpg

こちらは風流な雰囲気の紫と白の絞りの「黒龍錦」 火鉢に植えてあります。
d0099791_04444.jpg

中間咲きの牡丹も、あともう少しです。
d0099791_046354.jpg

尖った蕾
d0099791_048451.jpg

庭の「花水木」
d0099791_0522869.jpg

「カラー」
d0099791_0532195.jpg

可愛い黄色のお花 名前はなんでしょう・・今度調べておきます。
d0099791_0571641.jpg

春の嵐、早く止むと良いですね・・
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-24 01:08 | 牡丹

バラの無農薬栽培

自家製の薬剤(焼酎にニンニク、トウガラシ、ショウガを
漬けたものを水で薄めて)を散布していても、どうしても
黒点病が出てしまうので、今回、昨年発売されたばかりの
こちらのスプレーを試してみることに致しました。
「無農薬黒酢殺菌活力スプレー」
d0099791_1223944.jpg

製造元である(株)フェルムさんに問い合わせ致しましたところ、
食品である天然黒酢(特定防除資材)で作られている為、
野菜をはじめハーブ、バラの花びら等、収穫日まで使用できる
とのことです。
また、黒点病については、やはりなってしまってからではなく
なってしまった葉を取り除いて、他に病気が広がらないように
予防の為に散布して下さいとのことでした。

散布してみると、しばらく使用していなかった木酢と
同じ香りがしました。こうした食品成分を使用した薬剤が多種
販売されるようになり、試しながらも自分の目的にあったバラ栽培
が、出来るようになってきたことは大変嬉しいことだと思います。

また、低農薬や無農薬でバラを育てている場合は、ハーブ等の
コンパニオンプランツをぜひ植えてお試し頂きたいとも思います。
こちらは、バラのコンパニオンプランツの代表とも言える
「ペニーロイヤルミント」
d0099791_12232846.jpg

現在発売中のガーデン雑誌「花ぐらし」(JAグループ(財)家の光協会出版)
2011.春号の中でもP8~P25までに渡って、バラのコンパニオン
プランツについての記事が、小山内健さんにより詳しくご紹介されています。
私もこの中で、P21を担当させて頂きました。(P48~P51でも
「バラづくしのティーパーティー」を担当させて頂いております。)
どうぞ、ぜひ、ご覧下さいませ。
「花ぐらし」は全国の書店及びインターネット等でお求めになれます。

あと約1か月で、またバラが1番輝く季節がやってきますね。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-22 12:53 | バラ&ハーブ

バラとの一期一会

日頃から一瞬一瞬で変化するバラとの一期一会を大事にしたいと
思っておりますが、現在ほど開花に向かって日々成長して行く姿が
楽しみな時期はないかと存じます。
でもちょうど、様々な害虫や病気が発生しやすい時期と重なります
ので、引き続き注意が必要ですね。
また、木立ち性のバラでも蕾が段々と重たくなり、雨風が加わると
枝が曲がり倒れたり、折れたりしてしまいますので、今から支柱を
立てて枝を固定しておくと良いかと思います。
d0099791_2348928.jpg

先日、主人と行ったホームセンターの苗売り場で、何故かこのバラが
目に留まり購入してしまいました。
お花は少し痛んでいましたが、香りは素晴らしかったです。
d0099791_23553860.jpg

名前は、「アドミラル・ロドニー」と書かれていました。
それにしても、名札の写真と全く花色が違っていますね。
お花が咲いていなかったら、きっと購入しなかったことでしょう。
d0099791_05648.jpg
バラ図鑑で調べてみると1973年作出の
HT.Rで、優しいソフトピンクの花色だ
と確かめることが出来ました。

またまたバラとの新たな出会いがあり
ました。
お店には、新苗がたくさん並び、
育ててくれるお母さん(お父さん)を
待っている様でした。

メールアドレス
salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-22 00:19 | バラ&ハーブ

今年の牡丹の蕾

年に一度しか花を咲かせない私の庭の牡丹たち。
数えると25品種ほどになっていました。
もう蕾が色付き始め、暖かい日が続けば、あと1週間、
気温が下がれば、2週間ほど先になるでしょうか・・
今年もまた会える日が楽しみでなりません。
d0099791_17383745.jpg

大輪の「貴婦人」の蕾。牡丹は葉も大変美しいです。
d0099791_17411176.jpg

こちらは、「枝垂れ青もみじ」の小さな可愛いお花
d0099791_17435855.jpg

「タイツリソウ」の足下に咲き出した「アシュガ」
d0099791_17454059.jpg

日陰で咲く
「シャガ」d0099791_1747941.jpg



メールアドレス
salonderoses2
@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-19 17:58 | 牡丹

今年のバラの葉

今年のバラの葉は、いつになく綺麗だと思います。
3月に気温が低めの日が多かったせいか、バラにとって
春一番に気をつけなくてはいけないゾウムシの発生も
ここ数年に比べ、とても遅かったことと思います。
でも昨日、気温が上昇したとたん、うちでは今年1匹目の
ゾウムシを発見致しました。
綺麗なバラの葉、ずっとこのままだったら良いのに、と
いつも今頃思いますよね。
d0099791_2215578.jpg

d0099791_22464874.jpg

d0099791_22473753.jpg
d0099791_2251104.jpg
まだ何も散布して
いなかったのですが、
そろそろ自家製の薬剤
(焼酎に唐辛子、ニン
ニク、ショウガを漬け
たもの)を薄めて散布
したいと思います。
d0099791_22484755.jpg




メールアドレス
salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-15 23:00 | バラ&ハーブ

放射能を吸い取る菜の花

菜の花の根が放射能を吸収するとのこと、TVのニュースで知りました。
更に、菜の花からバイオディーゼル油とバイオガスをも生み出すそうで、
日本のNPOが、チェルノブイリ原発事故で汚染されたナロジチ区を
この菜の花を使って、再生するプロジェクトを進行中であるとのことです。
まさに今、日本国内でその応用がなされることに期待したいですね。
他にもヒマワリやアカザ(草の一種)等が放射能を吸収してくれる
そうです。
詳しくはNPO(特定非営利活動法人)チェルノブイリ救援・中部をご覧下さい。
希望の光が見えた様な気がしました。研究をなさってこられた方々が
日本にいらっしゃったこと、本当に感謝ですね。
植物の力を借りて、困難を希望に変えて行けたら本当に良いですね。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-14 22:45 | その他

桜茶

庭の枝垂れ桜の花で、桜茶を淹れました。
ほのかに桜の香りがしました。
d0099791_1339124.jpg
d0099791_1340149.jpg







こちらの桜のクッキーは、
高野フルーツパーラーさんで
購入したものです。
甘さ控えめで、優しい桜の
香りと味が楽しめました。

d0099791_13435981.jpg

こちらもほのかな香りの「においスミレ」
d0099791_13493763.jpg

春を慈しんで。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-04-13 14:00 | 季節の花々&実り