剪定した蕾たち②

剪定をしていて、健気に咲いていたり、可愛い蕾を付けているバラを
みつけると、ついつい写真に残しておきたくなります・・。
d0099791_18211450.jpg

大きくふっくらとした赤い「ヴァンテロ」の蕾。
d0099791_18231513.jpg

愛らしさを増した「スノーグース」の冬の表情。
d0099791_18245828.jpg

「ゴールデンボーダー」と「ジェームズ・ギャルウェイ」
d0099791_18263463.jpg

「エメラルド・アイル」と「ゴールデン・ボーダー」
d0099791_1827258.jpg

いつも一番最後まで咲いている四季咲き性の強い「オールド・ブラッシュ」(Ch)
d0099791_182953100.jpg

枝に残っている古い葉も取り、冬仕事が進んで行きます・・
d0099791_18355182.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-30 18:46 | バラ&ハーブ

剪定した蕾たち

バラの冬のお手入れは進んでいらっしゃいますか?
寒かったり、雪も降ったりで大変かとは思いますが、
春に綺麗に咲いてくれることを夢見てがんばりましょう。

剪定時にカットした蕾たちです。
部屋に持ってきても、なかなか開かなくなりましたが、
蕾も可愛いので、写真におさめておくことにしました。
d0099791_17215911.jpg

「グロワール・ド・ディジョン」(T.Cl)
d0099791_17235528.jpg

「アプリコット・ネクター」(HT)
d0099791_17271629.jpg


庭仕事で冷えた時は、温かい飲み物が美味しいですね。
中国のメイクイ(マイカイ)ティー。
d0099791_17301776.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-24 17:42 | バラ&ハーブ

浮世絵

昨年、主人と浮世絵を観に出かけた太田記念美術館へ行って以来、
夫婦で浮世絵にはまってしまいました。
主人曰く、日本人としてもっと早くに浮世絵の素晴らしさに
気付くべきだったとのこと、浮世絵の美術書を購入しては、
家で説明を読みながら鑑賞しています。
d0099791_21561517.jpg

d0099791_21565196.jpg

それにしても、幕末の開港後に浮世絵の多くが海外に出て行って
しまいました・・
多くの浮世絵からは、当時の日本庶民の活き活きとした暮らしの
様子が伝わってきます。外国人が浮世絵を通して見た日本の姿は
とても興味深く魅力的であったに違いないでしょう。

歌麿「当時三美人」 ボストン美術館所蔵(米国)
d0099791_2256338.jpg


浮世絵の中には、盆栽や植物が多く描かれています。
それら園芸に関わる浮世絵を含めた展示会が4月に東京ビッグサイトで
開催されるそうです。
「2013フラワードリーム・日本の伝統 盆栽・浮世絵展示」
~四季の花咲く浮世絵から見た花文化~と題された浮世絵展示、
とても楽しみです。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-22 00:14 | 美術鑑賞

今年最初の雪景色

今日は成人の日、外は新しい門出を祝福するかのように
白い雪が舞っています。
寒い日となりましたが、若いエネルギーで前進なさって
頂きたいと存じます。

庭のローズヒップも綿帽子をかぶって。
d0099791_15304038.jpg

d0099791_1533015.jpg

d0099791_2029562.jpg

d0099791_20293168.jpg

d0099791_2030298.jpg

d0099791_2022369.jpg

室内では、剪定でカットしたバラたちが花開いています。
d0099791_15431078.jpg


d0099791_1552326.jpg


d0099791_1553211.jpg


こちらは、一輪だけ咲き残っていた「エバンタイユドール」、
色が更に引き締まって、渋いいい色になりました。
d0099791_15562723.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-14 16:15 | バラ&ハーブ

今年は、日本のバラの父、鈴木省三(すずきせいぞう)先生の
ご生誕100周年の記念の年です。

「かよわき私の一生を つよいいきがいとして支えてくれた
薔薇に この本を贈りたいと思います。」
と、結ばれた鈴木先生ご著書の「ばらに贈る本」は、
今でもバラの名著であり、私の座右の書の一つでもあります。
d0099791_19595241.jpg

そしてこちらは、「ばら花図譜 国際版」(小学館)↓
鈴木先生の65年間にも及ぶばら学の集大成として、イタリア語、
英語、ドイツ語、ポーランド語に訳され国際出版されました。
原種のバラから出版当時(1996年)の最新のバラまで
約1000種のバラが紹介されています。
d0099791_2019118.jpg

他にも鈴木先生のご本をコレクションされていらっしゃる方は
多いかと存じますが、この機会に改めて私もじっくり読み返して
みたいと思っております。

不思議なご縁でうちの庭に咲く、鈴木先生のお育てになられていた
「ロサ・ムルティフローラ・アデノカエタ」別名「ツクシイバラ」。
d0099791_2113659.jpg

1970年作出の「羽衣」(Cl)(ピンク)
d0099791_2143642.jpg

「羽衣」を活けてテーブルの中央へ。
d0099791_2155178.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-12 21:10 | バラ&ハーブ

バラの冬仕事

今年の仕事初めの日を迎えられた方々もいらっしゃるかと
思いますが、バラの冬仕事も、まだ終えていない方は
私も含めてですが、始めないといけませんね。
雪の少ない関東地方のバラの冬仕事は、誘引、仮剪定、元肥、
鉢の土替え、必要ならば鉢増し、植え替え等が主な作業です。
本剪定時に良い芽の上でカット出来る様、この時期の作業を
しっかり行っておきたいですね。

枝にはまだお花が付いていますがカットし、仮剪定→元肥
の順番に行っていきます。
「ウィンチェスター・カセドラル」(En.R)
d0099791_10123365.jpg

仮剪定時にカットしてきたお花たちです。
d0099791_1013141.jpg

まだ1月の初めですので、焦らず丁寧に、そして楽しみながら
バラの冬仕事を進めて行きましょう。

明日(1月8日・火)は、新百合ヶ丘産経学園にて、講座「素敵にローズライフ」
テーマは、「バラで美しく健康に」がございます。(10:30~12:00)

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-07 10:05 | バラ&ハーブ

お正月

皆様はお正月を如何お過ごしでしたか?
私は嫁に来てから毎年自宅から離れられないお正月を
過ごしておりましたが、今年は3日を過ぎてからですが、
やっとお正月に温泉に行くという、念願の夢が叶いました(笑)。
(箱根湯本にて)
d0099791_952193.jpg

侘び寂の効いた美しい日本庭園で寛ぐことが出来ました。
d0099791_10134745.jpg

d0099791_9591822.jpg

d0099791_100448.jpg

「万両」がいっぱいの実を付けて。
d0099791_1024429.jpg

d0099791_10211100.jpg

澄んだ水の中の美しい「錦鯉」、錦鯉は国を代表するお魚の
「国魚」だったこともすっかり忘れていました。
d0099791_1095476.jpg

こんこんと湧き出る源泉。
d0099791_10152781.jpg

久しぶりの箱根、来ないうちに日帰り温泉も増えました。
考えてみれば、うちからロマンスカーで1時間10分、
今年からもっと来ようと思ったのでした。


恒例のお餅つき新年会(家族&親戚)では、
今年8Kgのもち米を蒸篭で蒸して炊き上げました。
年に一度、私のローズガーデンが餅つき会場になります(笑)。
d0099791_10314424.jpg
d0099791_10321748.jpg

















毎回一番張り切るのは主人(笑)。甥っ子、姪っ子、息子たちが
よく付き合ってくれて、美味しいお餅が出来上がりました。
d0099791_10362873.jpg

忙しかったですが充実したお正月、今年は温泉で疲れも癒せ、
良い新年のスタートが切れました。
皆様もどうか良い1年を。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-06 10:53 | その他

新年がスタートしました。

昨年中は、誠にありがとうございました。

今年が皆様にとりまして、幸多い素晴らしい1年となります様
心よりお祈り申し上げます。

↓昨年こちらのブログで一番人気だったバラ「エメラルド・アイル」(Cl)です。
d0099791_15182384.jpg

今年もバラのある暮らしの愉しみを
多くの方々にお伝え出来ればと思っております。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2013年 元旦
                      Salon de Roses 主宰 元木はるみ
[PR]
by salonderoses2 | 2013-01-01 15:31 | バラ&ハーブ