急に夏の終わりを感じる涼しい陽気となりました。

先日は、6月に行って参りました「珠玉のフランス~英国庭園巡り
~バラと紅茶とアンティークに出会う旅」にご参加下さった皆様と
お食事&写真交換会がありました。
d0099791_18452233.jpg

同じ興味や同じ思い出に、心がひとつになるように、
とても楽しい一時を過ごさせて頂くことが出来ました。

またの再開を心待ちに致しております。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-28 18:53 | その他

バラのステンドグラス

残暑お見舞い申し上げます。
d0099791_11262570.jpg

皆様、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?
私は、この夏休み、念願の「バラのステンドグラス」を作りました。
下絵デザインからスタートし、ご指導頂きました先生方の
おかげをもちまして、なんとか仕上げることが出来ました。
ガラスを通して入り込む光の色が、なんともいえず、安らぎを
与えてくれています。

夏のお疲れが出やすい時期、くれぐれもお身体ご自愛下さいませ。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-18 11:27 | その他

台風の翌朝

台風の翌朝は、いろいろと仕事が多くて大変ですが、まだ
風が残っている涼しいうちに、やってしまうと幾分楽な様です。
散らかった枝や葉のお掃除、それに加えて、暴風雨と一緒に
葉に付いた汚れを念のため洗い流します。
近所の方には、雨がたっぷり降ったのに、何故水を撒いているのだろう、
と、不思議がられるかもしれませんが、病気予防の為に、私は台風の後は
毎回、ホースで葉に水をかけています。
そして、次の水やりの時には、植物の活力剤「リキダス」を混ぜた水を撒き、
8月下旬から与える夏の元肥の栄養分を、根が吸い上げる力を増すよう、
下地作りをして行きます。雨の後に活力剤を与えるのは、いきなりカラカラ状態
の用土に撒くより、活力剤が用土に広がりやすく、均等の濃度になるからです。
バラも人も猛暑の日々は、無理せず基礎体力の維持に努め、足りない時は補い、
今後に備えて行くのが良いのではないでしょうか。
d0099791_11134988.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-11 11:16 | バラ&ハーブ

バラ専門情報サイト「New Roses Web」(株・産経デジタル)にて
私の「2014・珠玉の仏英庭園巡り・バラと紅茶とアンティークに
出会う旅」訪問記(全4回)の最終回がアップされました。
ぜひ、こちらをご覧下さい。
d0099791_15381885.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-10 15:39 | メディア

今回のツアー「珠玉のフランス・英国庭園巡り~バラと紅茶と
アンティークに出会う旅」もいよいよ最終の訪問地となりました。

「モティスフォント・アビー」は、ハンプシャー州ラムジーという場所にあり、
現在はナショナル・トラストが管理しています。
d0099791_12173425.jpg

むかしからマス釣り等が盛んな豊かな水脈を有するテスト川に面し、
「モティスフォント」とは、「泉の集まり」を意味する古い英語だそうです。
d0099791_942327.jpg

13世紀初頭、、当時の宗教的有力者のウィリアム・ブライワーによって、
聖アウグスティヌスの修道院の一つに属する カトリック修道士の為の
小修道院がここに創建されました。
d0099791_95570.jpg

1Fには、修道院跡がそのまま遺され、上階のモダン・クラシックな
内装とは全く雰囲気が異なる異空間が広がっていました。
d0099791_954725.jpg

このひとつの建物の中に、約800年の間、持ち主が入れ替わった
それぞれの時代の歴史を現在に伝えています。
d0099791_9225793.jpg

d0099791_9255515.jpg

d0099791_9233878.jpg

建物内は、主に1934年にこの地に移り住んだラッセル夫妻の家具や
調度品等が展示され、芸術家でありデザイナーであり、執筆家でもあった
妻のモード・ラッセルの美術品を多く鑑賞することが出来ました。

この地での庭園の発展については、大きく3つの時代に分けることが出来、
第1には、開耕され始めた13世紀の小修道院時代、第2に、モード・ラッセル
による1934年から始まった庭園造りで、彼女は主要な造園家に、彼女の
庭を設計するよう依頼しました。そして第3は、ノラ・リンジー、ジェフリー・
ジェリコー、グレアム・スチュワート・トーマスらの偉大な造園家による
庭園造りの時代です。
モード・ラッセルが造らせた「ライム・ウォーク」
d0099791_927587.jpg


バラの聖地とも謳われる「ザ・ローズ・ガーデン」は、このモティスフォント・
アビーの敷地内の壁で仕切られた一角に位置し、多くのバラ愛好家が
訪れています。
d0099791_920079.jpg

バラ園への入り口
d0099791_919311.jpg

最初に、ポール仕立てのイングリッシュローズ「ザ・ピルグリム」が
出迎えてくれます。
d0099791_92047100.jpg

以前より一回り小さくなった「ロウ・ブリッター」も健在でした。
d0099791_982038.jpg

このバラ園は、1955~1974年までナショナル・トラストのアドバイザー
でもあり、造園家、美術家、写真家、執筆家であったグラハム・トーマス氏が、
当時、現代バラの人気により、オールドローズの人気が下火となり、
所在不明となっていたオールドローズたちを調べ、各地から集めて
造られました。
d0099791_9291347.jpg

バラ園内には、グラハム・トーマス氏の名を冠したイングリッシュローズ
「グラハム・トーマス」が、至る所に植栽されています。
d0099791_9294135.jpg

「ローラ・ダヴォー」
d0099791_9324295.jpg

大株の「セリーズブーケ」
d0099791_12191073.jpg

やはり、この光景を一番に見たかった連なるアーチに咲く
「ブルーランブラー」と「アデレード・オルレアン」(奥)。
d0099791_95119100.jpg


これで、「2014年・珠玉のフランス~英国庭園巡り・バラと紅茶と
アンティークに出会う旅」のご報告の連載は最後となります。
ご覧頂き、ありがとうございました。
ご覧頂きましたように、ツアー中、全日が素晴らしい晴天に恵まれました。
今までも、私のツアーはお天気に恵まれておりましたが、今回も青空の下で
美しく咲くバラや訪問地を撮影することが出来、こうしてアップさせて頂けました
ことを大変嬉しく思います。
d0099791_17314359.jpg

そして、なによりも、ご参加頂きました皆様が良い方々ばかりで、
助けて頂きながら、楽しく無事、旅を終えることが出来ましたこと、
ご参加頂きました皆様、添乗員様、ツアー会社様には、改めまして
心より感謝申し上げます。

(番外編の「キューガーデンズ」も近いうちにアップさせて頂きます。)

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-08 10:39 | 2014・仏英庭園巡りのご報告

モートン・イン・マーシュの「マナーハウス・ホテル」に宿泊した翌朝は、
マールバラとソールズベリーに寄って休憩をはさみながら、ラムジーの
「モティスフォント・アビー」を目指しました。

「マールバラ」の中心地。
d0099791_1571263.jpg

この街を歩き始めてすぐに、品のある制服姿の14歳くらいの男の子を
何人か見かけましたが、この「マールバラ」には、キャサリン妃も通われた
13~18歳の良家の子女たちの為の、男女共学の私立全寮制学校
「マールボロ・カレッジ」(1843年に創立)があるとのことです。
街の雰囲気も、どことなく気品を感じられました。
d0099791_1574229.jpg

d0099791_1582363.jpg

ほんの少しの休憩と思っておりましたが、なかなかお買い物も
楽しめる素敵な街でした。
d0099791_159619.jpg

私も我が家の愛犬にそっくりなウェスティーの縫いぐるみ(中央)を
旅の思い出に購入しました(笑)。
d0099791_1592737.jpg

バラが咲く素敵なエントランスのお宅
d0099791_15102580.jpg

美しい川が流れていました。
d0099791_1511229.jpg



こちらは、「ソールズベリー」の中心地。
d0099791_15141369.jpg

d0099791_15143680.jpg

d0099791_1515095.jpg

イギリス1の高さ(123m)を誇るゴシック様式の「ソールズベリー大聖堂」。
こちらは、1220~1280年頃に建てられ、4つのマグナカルタの原版や
最古の機械式時計等が展示されています。
d0099791_15203069.jpg

美大の西洋美術史の教科書で見たような・・
d0099791_15214313.jpg

英国の大聖堂の中でも最大を誇る回廊。この回廊の一部で
ランチが出来るようになっていて、私もそこで頂きました。
吹き抜ける風が、とても心地良く感じられました。
d0099791_15225089.jpg

d0099791_22513784.jpg

1386年に出来た最古の機械式時計。 今もなお時を刻み
続けているそうです。
d0099791_22522372.jpg

カンタベリー大司教より聖別され、2008年に、750周年祝典
の為に、新たに設計され設置された洗礼盤。
d0099791_22525677.jpg

d0099791_22541421.jpg

大聖堂内のチャプターハウスは、撮影禁止でしたので、写真は
ありませんが、マグナカルタの原版やアダムとイヴ、ノアの方舟他、
初期キリスト教の重要な場面を順を追って彫られた壁画を
見ることが出来ました。

*マグナカルタ・・・1215年に、ジョン王により調印され、史上初めて
国王と人民との関係や権利について定めた憲章であり、現代の
民主社会に受け継がれている。

次はいよいよ、バラの聖地と謳われるラムジーにある「モティスフォント・アビー」
に向かいました。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-07 15:23 | 2014・仏英庭園巡りのご報告

「キフツゲートコートガーデンズ」を出た私たちは、
「チッピングカムデン」~「モートン・イン・マーシュ」へ行き、
アンティークショップや街の散策をしました。

チッピングカムデンのアンティークショップの地下室にて。
たくさんの品々に囲まれて、目がキョロキョロしてしまいました(笑)。
d0099791_075449.jpg

モートン・イン・マーシュでもアンティークショップに寄り、
街散策を楽しみました。
d0099791_0134254.jpg

そして、モートン・イン・マーシュの中心地に建つ「マナーハウス・ホテル」
に宿泊しました。
d0099791_0202593.jpg

中庭を望む素敵なコンサバトリーがレストランになっていました。
d0099791_02199.jpg

d0099791_0543789.jpg

d0099791_23195598.jpg

ディナーの前に女性の皆様と記念撮影。皆様、本当に素敵ですね!
撮って下さったのは、ご夫婦でご参加下さったご主人様。
ありがとうございました。
d0099791_0351982.jpg

ディナーもこちらで頂き、美味しい英国の郷土料理を楽しみました。
とても美味しいこちらの「ピムス」。(ツアー会社さんからのプレゼントです。)
d0099791_0253642.jpg

d0099791_059146.jpg

d0099791_0592810.jpg

d0099791_0595841.jpg

ホテル内の様子
d0099791_114582.jpg

d0099791_121049.jpg

d0099791_23203697.jpg

各ルームには、可愛いベアちゃんがいて、離れ難くなられた方も多く、
翌朝、お土産が膨らんでいらっしゃいました♪
d0099791_0414016.jpg

私にとりましても、楽しい旅の思い出を誠にありがとうございました。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-07 01:04 | 2014・仏英庭園巡りのご報告

女性三代のガーデナーのプライベートガーデンとして有名な
「キフツゲートコートガーデンズ」は、コッツウォルズのチッピング
カムデン近く、ミックルトンという村の小高い丘の上にあります。
d0099791_21451258.jpg

階段を下った「ロウアー・ガーデン」からの眺め。
d0099791_21475432.jpg

ガーデンには、多くの見学者が訪れていましたが、
日本でもこちらのガーデンについて、TV放送される等、
日本人にとって大変なじみ深い人気のガーデンとなっている様です。

現在の持ち主でありガーデナーのアン・チェンバースさんの祖父母
が、ここキフツゲートを購入したのは1918年、それ以前は、
ミックルトン・マナーとして、シドニー・グレイブス・ハミルトンにより、
1887~1891年に建てられました。

庭を造ったのは、祖母であるHeather Muirさん。
d0099791_22222576.jpg

庭造りを続けたアンさんの母Diany Binnyさん。
d0099791_2234736.jpg

そして、Anne Chambersさん。今回、皆さんにサインをして下さいました。
d0099791_22365163.jpg


「フォー・スクエア・テラス」に見事に咲くピオニーやバラ。
d0099791_224215.jpg

d0099791_22442394.jpg

「ローズ・ボーダー」の「ロサ・ムンディ」。
d0099791_2253977.jpg

そして、1930年に祖母ヘザー・ミュアーさんによって植えられ、
1940年にこのキフツゲートに滞在したバラのエキスパート、
故グラハム・トーマス氏によってオリジナルな品種であることが
発見され、命名されたバラ「ロサ・フィリップス・キフツゲート」。
「The Kiftsgate Rose」の愛称でも親しまれています。
d0099791_2355829.jpg

遅咲きの為、私は毎回、この様にほんの少しの開花しか、
ここでは見ることが出来ませんが、元気に生き続けている姿だけでも
目にすることが出来、嬉しい気持ちになります。

モダンな「ザ・ニュウ・ウォーター・ガーデン」
d0099791_2382851.jpg

「ノース・ボーダー」に咲く「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」
d0099791_23121478.jpg

「セリーズ・ブーケ」
d0099791_23123994.jpg

「ワイド・ボーダー」の「プリンス・チャールズ」
d0099791_23152419.jpg

今年ひとつだけ残念だったのは、以前「フォー・スクエア・テラス」に
素晴らしく咲いていたバラ「フィリス・バイト」が無くなっていたこと・・
ハニーストーンの建物に調和し、とても見事だったのですが・・。
d0099791_2329225.jpg

庭は、変化し続ける生き物ですので、いつも同じな訳はありませんね。
また次回、ここを訪れる機会を楽しみにしたいと思います。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-06 23:46 | 2014・仏英庭園巡りのご報告

英国の様々な最新情報を発信しているWebサイト「英国ライフ倶楽部」
Life&Gardenのコーナーにて、「暮らしで楽しむ英国バラ図鑑⑧」
がアップされました。
今回は、イングリッシュローズの「ムンステッド・ウッド」です。
ぜひ、こちらをご覧下さい。
d0099791_23564580.jpg

「暮らしで楽しむ英国バラ図鑑」(全8回)は、今回が最終回です。
ご覧頂きまして、ありがとうございました。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-04 00:03 | 英国ライフ倶楽部Web