New!来年2月24日(火)に、日本国内で誕生したバラ「和ばら」をテーマにした
イベントが開催されます。(日本ローズライフコーディネーター協会主催)
d0099791_1574227.jpg

滋賀県の「和ばら」作出農家「ローズファームKeiji」
http://www.rosefarm-keiji.net/さんでは、
國枝啓司氏が育種したオリジナルローズの「和ばら」たちを、
切花や園芸用苗(F&Gローズ)として栽培、販売しています。

「しずく」
d0099791_15471849.jpg

今回は、國枝啓司氏の息子さんで、「ローズファームKeiji」
代表の國枝健一さんをお招きし、「和ばら」誕生秘話や
「和ばら」の魅力、そして、美しく美味しい「和ばら」の花の
咲かせ方等を特別にお話して頂きます。

      國枝健一さん
d0099791_155570.jpg

会場には、「和ばら」の切り花が飾られ、その奥ゆかしくも
優美な花姿や香りを、実際にご堪能頂くことが出来ます。
この「和ばら」たちに囲まれて、一足早い春を感じて頂きながら、
セミナーと会席膳のランチを、お楽しみ頂きたいと思います。
お帰りの際には、「和ばら」の切り花をお土産にご用意させて
頂きます。
d0099791_15103741.jpg

出演:ローズファームKeiji代表 國枝健一、
    日本ローズライフコーディネーター協会代表 元木はるみ

会場:「庭のホテル東京」~美しい和のホテルhttp://www.hotelniwa.jp/
   (JR総武線・水道橋駅下車・東口徒歩3分)

会費:おひとり様 11880円 *早期お申込み特典と致しまして
1月22日までにお申込み頂いた方は、会費を1000円引きとさせて頂きます。

(会席膳ランチ、ワンドリンク、税、サービス料、
セミナー、お土産の和ばらの切り花料込み)

お申込み方法:
   A.和ばらのイベント申込み
   B.ご氏名
   C.ご住所
   D.お電話番号
   をご明記の上、下記メールアドレスまでお申込み下さい。
      japanroselife@excite.co.jp
  

 メールをお送り頂きましたら、下記金融機関まで
 1週間以内に、会費をお支払い下さいませ。
   
 
金融機関名:みずほ銀行  向ヶ丘支店 店番号: 540 
(普通)口座番号: 1347056
口座名義:日本ローズライフコーディネーター協会

 注(ご参加費のお振込み完了を持ちまして、正式なお申し込みとさせて頂きます。
 尚、キャンセル料は、2月15日までご連絡の場合は、振込手数料差引額をご返金、
 それ以後は、ご参加費の50%を、振込手数料を差引し、ご返金させて頂きます。
 ご都合で、キャンセルされる場合は、ご返金の振込先金融機関名、支店名、
 口座番号、口座名義をご連絡下さい。)

「いおり」
d0099791_15503511.jpg
        
~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~  
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-24 15:52 | 講座&イベント&ツアーのご案内

今年も、画家・中神久子さんから来年のカレンダーが届きました。
優しく爽やかなお人柄が、絵に表れて、カレンダーをめくる度に
こちらまで気持ちが穏やかになれます。
ほっと出来るカレンダーって、いいですね。

こちらは油絵のカレンダー
d0099791_10373042.jpg


こちらは水彩画のカレンダー
d0099791_10391145.jpg


5月のページは、バラがいっぱい・・
5月が待ち遠しくなってきました。
d0099791_10413225.jpg


こちらの中神久子さんのカレンダーは、銀座教文館にてお買い求めになれます。

中神久子さんプロフィール:
東京都八王子在住。女子美術大学芸術学部卒業、この年より
各地で個展を開催。
(銀座教文館、日本橋室町ギャラリー、日本橋東急、吉祥寺東急、
よこはまみなとみらいギャラリー、千葉そごう、上野松坂屋、他多数。)
刻一刻と変化する植物の一瞬を素直な気持ちで捉え、
花の持っているエネルギーを少しでも画面に残したいと制作。
大地に根をおろした堅実な仕事を続けようと努めている。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-24 14:00 | その他

先日、ホテルオークラ・アスコットホールにて開催されました
日英協会主催の晩餐会へ出席して参りました。
三笠宮家彬子女王殿下、ヒッチンズ駐日英国大使夫妻もご臨席され、
大変華やかな晩餐会でした。

日本ナショナルトラストサポートセンター理事の徳野千鶴子先生と。
d0099791_1312663.jpg

d0099791_139145.jpg

d0099791_1395418.jpg

ゲストスピーカーには、NHKの元アナウンサーで、現在解説委員として活躍中の
道傳愛子氏が、担当されていらっしゃる番組『ASIAN VOICES』で、
アジア各地を取材された時のエピソード等をお話下さいました。

また今年の「日英協会賞」には、1990年から「蓼科高原 バラクラ イングリッシュ
ガーデン」を開園し、ライフスタイルや食・音楽などの英国文化を、紹介して
いらっしゃったケイ山田さんが受賞されました。
d0099791_13383322.jpg


先日、大叔母から頂いた「薔薇の帯留」(象牙製)が今回、とても役に立ちました。
大叔母には感謝致しております。
d0099791_13441463.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-24 13:45 | その他

先日、ナショナル・トラストサポートセンターの
英国事務局長、小野まり先生を囲んで、明治の文豪、
森鴎外の旧居がのこる上野・水月ホテルの
鴎外荘にて、食事会がありました。
d0099791_12243023.jpg

d0099791_12245434.jpg

d0099791_12251017.jpg

鴎外の遺言書
d0099791_1226798.jpg

レトロな照明が部屋によく合います。
d0099791_12272261.jpg

会席膳のランチを頂きました。
d0099791_1228311.jpg

庭園
d0099791_12283416.jpg

d0099791_1229597.jpg

東京には、まだまだ歴史ある場所がたくさんありますね。

小野まり先生(中央)を囲んで
d0099791_1230022.jpg

また、小野先生のご主人様であられる小野琢正氏の絵が
来年2015年のナショナル・トラストのデスク・カレンダーに
なりました!120年の歴史を誇るナショナル・
トラストの歴史の中で、日本人の描いた絵が、
カレンダーに採用されるのは初めてのことだそうです。
d0099791_12305861.jpg

d0099791_12312041.jpg

こちらのカレンダーは、英国ナショナルトラストのHPより購入出来るとのことです。

小野先生、徳野先生、田川先生、素敵な食事会を設けて下さり、
ありがとうございました。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-24 12:33 | その他

終了してしまいましたが、先日「オルセー美術館展」(国立新美術館)へ
行ってきました。
この展覧会の目玉は、エドュアール・マネ(1832~1883)の「笛を吹く少年」
(1866年)や、ジャン・フランソワ・ミレー(1814~1875)の「晩鐘」(1857~
9年)、クロード・モネ(1840~1926)の「草上の昼食」(1865~6年)、
エドガー・ドガ(1834~1917)の「バレエの舞台稽古」(1874年)、
アレクサンドル・カパネル(1823~1889)の「ヴィーナスの誕生」(1863年)
そして、個人的に大好きなアンリ・ファンタン=ラトゥール(1836~1904)の
2作品他があげられるかと思います。
アンリ・ファンタン=ラトゥールの絵画について、少し記させて頂きます。

アンリ・ファンタン=ラトゥールの「花瓶のキク」(1873年)
d0099791_1623156.jpg

ルーヴル美術館へ、巨匠たちの絵を模写しに通っていたというアンリは、
そこで知り合い結婚した妻と、自宅の畑で花を育て、妻が活けた花をよく描いたと
云われています。
彼の絵からは、安定した幸せな心境と、植物へのリスペクトから発しられる
植物への美の探求心が感じられます。それは、細い筆で一枚一枚の花弁を
丁寧に描き込んだこの「花瓶のキク」からも伝わってきました。
そして、照明の力も加わって、まるで輝くような色合いの強弱は、
現代の3D画像にも匹敵するほど立体的に見え、ずっといつまでも、
この絵の前に立っていたいと思えるほど、感動してしまいました。
しかし、それとは対照的に、花瓶や机、背景の壁は、淡くどことなく抽象的で、
花の部分とは、まったく描き方が異なります。
これは、もしかしたら、彼が意図的にそうして描くことで、花の生命、つまり有機的な
部分と無機的な部分を、心の中で区別して描いていたのではないかと思えました。

アンリ・ファンタン=ラトゥールの「テーブルの片隅」(1872年)
d0099791_16303671.jpg

植物の絵は、アンリが一番と思っております私ですが、今回、こちらの絵を
観ることが出来、人物画も素晴らしい、と心底思えることが出来ました。
描かれた人物の中で、特に感動したのが、前列の左から2番目に、肘をついている
若い青年です。中原中也にも影響を与えた破滅的な詩を残し、自信も破滅的な
人生を送った詩人、アルチュール・ランボーです。そして、その横(左)には、
ランボーと暮らした、やはり破滅的な詩人、ポール・ヴェルレーヌも描かれて
います。画家がエレガントな性格だったからでしょうか、描かれている人物たちも
男性ばかりなのに、とてもエレガントさを感じます。
そして、片隅に描かれた植物は、やはりほんの少しでも美しいと感じました。

こちらは、以前(2013年)に開催された「奇跡のクラークコレクション」(三菱
1号館美術館)で、観ることが出来たアンリ・ファンタン=ラトゥールの
「鉢と皿に生けたバラ」(1885年)。
d0099791_17101172.jpg

バラに彼の名が付くほど、彼の描くバラは、本当に美しい・・と思えた作品です。
ぜひ、近い将来、アンリの作品を集めた展覧会が開催されることを強く望んで
おります。

参考文献:「オルセー美術館展 印象派の誕生 描くことの自由
カタログ(国立新美術館、読売新聞東京本社事業局文化事業部編集)
(」読売新聞東京本社発行)

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-21 17:16 | 美術鑑賞

昨日は、もう今年で何年目でしょうか・・バラやお料理、お菓子が
大好きなミセスの集まり「バラの会」のメンバーのクリスマスパーティーが
私の自宅にてありました。一品持ち寄りのポットラックパーティー、毎回、
事前に相談しなくても、お手製のお料理が重ならないのは驚きです。
d0099791_1263566.jpg

パプリカのムースとエスニックな人参サラダ。
d0099791_1275652.jpg

お野菜たっぷりチキン。
d0099791_1283360.jpg

ヒヨコ豆とレモンソルト、ガーリックのディップ。
d0099791_12111255.jpg

今回は会員のお嬢さんお手製のミートパイやポン・デ・ケイジョも。
小さな頃から知っているお嬢さんだけに、お手製を頂けて感無量でした♪
d0099791_12143197.jpg

d0099791_1217137.jpg

Sさんのクリスマスケーキ、今年は、中にラズベリーがサンドされていました。
サンタさんも楽しそうです♪
d0099791_12182890.jpg

私も楽しそうな顔、撮って頂いておりました(笑)。
d0099791_1221849.jpg

「バラの会」の皆さん、今年もありがとうございました。
今後も末永く、どうぞよろしくお願い致します。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-21 12:29 | バラの会

クリスマスシーズン

あっと言う間にもう12月も後半となってしまいました。
バラの冬仕度も進めたいところですが、この時期は、クリスマス関連の
パーティーが多く、楽しくも忙しい毎日が続いております。

先日は、横浜に於きまして、エキスパートティーチャーをさせて
頂いております一般社団法人プラチナ・ミセス・ジャパン(PMJ)主催の
クリスマスパーティーがありました。
初めましての方々や、いつもお世話になっている方々と共に
楽しい一時を過ごさせて頂きました。

集合写真(私は最前列中央に座らせて頂きました。)
d0099791_10551430.jpg


d0099791_11644.jpg

代表の西川心さんやスタッフの皆様には、毎回、感謝致します。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-21 11:10 | その他

バラとクリスマス

もうすぐクリスマスですが、この時期にバラが庭に少しでも
咲いていると、本当に重宝ですね。
バラの季節の様に、たくさんでなくても良いのです。
d0099791_13205268.jpg

数日後に、上の写真のリースの土台はそのままで、
バラのお花だけを取り換えました。リボンは、バラのお花が
少なくなった分、広げてみました。
d0099791_1323620.jpg

こちらは、ドライとモイスド・ポプリを作りました。
モイスド・ポプリは、熟成した後、蓋を開けて置いておけば、
心地良い香りが広がります。
d0099791_13283289.jpg

今年の庭で見られるバラのお花は、もう終わりに近づいていますが、
ドライや香りで、お花の無い時期でも、バラをずっと楽しむことが
出来ますね。

皆様、素敵なクリスマス・シーズンをお過ごし下さいませ。

バラのリース作りのポイントやモイスドポプリの作り方等も
ご紹介させて頂いております。
「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」(JAグループ家の光協会)
d0099791_13315733.jpg

Amazonはこちら

日本ローズライフコーディネーター協会HP http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-13 13:37 | バラ&ハーブ

昨日は、産経学園新百合ヶ丘教室に於きまして、担当させて頂いて
おります講座「素敵にローズライフ」がありました。
d0099791_120489.jpg

d0099791_1211242.jpg

d0099791_1213667.jpg

d0099791_12334556.jpg

d0099791_12215.jpg

d0099791_1223872.jpg

d0099791_123799.jpg

また、来年もバラがたくさん美しく花開いてくれるよう、
今月から、誘引、元肥、植えつけ、植え替え、仮剪定と
私もがんばって参ります。
d0099791_1212283.jpg

皆様のバラも、また来年美しく、たくさん花開き、バラのある心豊かな
一年となりますように。
d0099791_12493785.jpg


書籍「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」
冬のお手入れの方法等も詳しくご紹介させて頂いております。
d0099791_12143254.jpg

Amazonはこちら


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HPhttp://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-10 12:12 | バラ&ハーブ

12月4日(木)9:45~11:30、横浜市イギリス館にて、
日本ローズライフコーディネーター協会、及びローズフェア主催の
「ローズライフなXmas2014」が開催されました。
たくさんの皆様にお集まり頂き、ご参加下さった皆様やご協力下さった
皆様には、心より感謝申し上げます。
d0099791_1322378.jpg


日本ローズライフコーディネーター協会公式ブログにて
イベントの詳細がアップされました。
こちらをどうぞご覧下さいませ。

歳の瀬もせまり、皆様ご多忙のこととは存じますが、
くれぐれもお身体をご自愛頂き、素敵なクリスマスシーズンを
お過ごし下さいませ。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-12-06 01:52 | 講座&イベント&ツアーのご報告