久しぶりになってしまいましたが、イギリス紀行6回目をアップさせて頂きます。
今回は、湖水地方の小さな街フォークスヘッド~ニア・ソーリー村をご紹介致します。
ニア・ソーリーといえば、世界的に有名な愛らしいうさぎの「ピーター・ラビッド」の
執筆者ビアトリクス・ポターが暮らしていた村です。
そのニア・ソーリーへは、フォークスヘッドで大型バスから小型バスに
乗り換えて向かいました。
小型バスに乗って森の中の小路を走ること約20分、ニア・ソーリー村に
到着しました。
d0099791_1612303.jpg

d0099791_1614331.jpg

羊が草を食むのどかな風景に、しばしゆったりと見入ってしまいましたが
なんといってもこの村に来た最大の目的は、ビアトリクス・ポターが暮らした家が
残る「ヒルトップ農場」でした。
彼女はここで、様々な動植物を描き、物語の中に登場させています。
d0099791_16192919.jpg

ちょうど晴天にも恵まれ、花で溢れかえる一番美しい時に訪れることが
出来たようです。
d0099791_1625462.jpg

予想以上に、数種類のバラが植えられていました。
ルゴサ系のバラ
d0099791_1641037.jpg

「アリスター・ステラグレイ」
d0099791_16413135.jpg

「アンクル・ウォーター」でしょうか?
d0099791_16512957.jpg

こんなにバラが多かったとは知らず、今までここを訪れなかったのが
悔やまれます。
d0099791_16591637.jpg

ここは、「こねこのトムのおはなし」で描かれた玄関
d0099791_1743869.jpg

家の中は撮影不可でしたが、「ひげのサムエルのおはなし」で
描かれた飾り棚等、当時と変わらぬままの姿を留めていました。
「ピーター」や「あひるのジマイマ」が出て来そうな畑も残っていました。
d0099791_17104638.jpg

d0099791_17344331.jpg

ビアトリクスは死後、このヒルトップの何処かに散骨されているそうで、
彼女がどれだけここを愛していたかが伝わってくるようです。
再訪を心に決め、この地を後にしました。
d0099791_1735750.jpg


さて、今回の英国紀行の中から、バラの美しかった場所をピックアップさせて
頂き、現在毎月「元木はるみのローズキッチン」を連載させて頂いております
(株)産経デジタルNew Roses Webさんにて、ご掲載頂くこととなりました。
第1回目は、「イギリス湖水地方のローズガーデン ~ピーター・ラビット™の
産みの親、ビアトリクス・ポターの絵本の世界を訪ねて~」です。
ぜひ、こちらも合わせまして、ご覧頂きたいと存じます。

我が家にある「ビアトリクス・ポターの全作品集」
彼女のカラーの絵も好きですが、白黒の絵も大好きです。
d0099791_1852259.jpg

また、こちらのポップアップ版は、子どもたちが小さい時
よく一緒に楽しみました。
d0099791_1871092.jpg


次回は、今回写真が載りきらなかった「フォークスヘッド」の美しい街を
ご紹介致します。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-08-31 17:49 | 講座&イベント&ツアーのご報告

もう間もなく8月も終わりになりますが、すでに来年のカレンダーの
発売がスタート致しました!
こちらは、来年(2016年)のRose Farm KEIJI「和ばら」の
卓上カレンダーです。和ばらの可憐な美しさ満載です!
d0099791_11325724.jpg

1月、2月、5月、6月、11月の写真は、我が家に
フラワーアレンジのアーチストさんたちが集合され
撮影が行われました。
2月と5月のアレンジは、私が担当させて頂いております。
コンパクトで使いやすい、こちらのカレンダーを
ぜひ、お手元にいかがでしょうか。
全国の書店及びインターネットでお求めになれます。
(1冊800円+消費税、株式会社山と渓谷社)
Amazonは こちら

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-08-30 11:35 | 本のご紹介

ページをめくる毎に感激し、目の保養になる美しい季刊誌「花時間」
(KADOKAWA)の撮影が我が家でありました。
「花時間」のWebサイトはこちら
d0099791_10185846.jpg

(上記写真内のグッズは自宅近くの雑貨店SUNNY DAYSで購入致しました)

数日間、この日の為に準備に取り掛かっておりました。
何しろ、一年で一番庭がくたびれている時期、バラの枯れ枝を
取り除き、雑草を抜き、と、いくら室内の撮影とはいえ、お見苦しい所を
なるべく減らしたいと日中は外、そして夜は今回の私のテーマである
「バラのお菓子」の試作に没頭しておりました。
d0099791_10273115.jpg

秋が早くやってきたかのような涼しい陽気にも助けられ、
庭仕事はひとまず片付き、本番の日を迎えることが出来ました。
撮影当日は、編集部の方やライターさん、そして素晴らしいカメラマンの
先生、助手さん方に助けられ、なんとか終えることが出来ました。
大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

また、今回のお菓子作りに、編集部さんがバラの花弁をご用意して
下さいました。
花弁を送って下さったのは、岐阜県飛騨市の香愛ローズグループの
堂前さんです。
翌日、ちょうど堂前さんが、上野公園内で開催されていますイベント
「飛騨市魅力パーク 」{開催期間:8月29日(土曜日)~8月30日(日曜日)}
( 岐阜県飛騨市観光課主催)にお越しになられるということで、
ライターさんとご一緒に伺って参りました。
無農薬で育てたイングリッシュローズの花弁を使用して出来た
ジャムやドレゥシング等の商品も販売されていました。
d0099791_10163836.jpg

こちらは、飛騨から運んでこられた雪だそうです。
d0099791_10175459.jpg


今回撮影して頂いたページが掲載されます「花時間」秋号は、
バラ特集になる予定だそうで、私も現在からとても楽しみに
致しております。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-08-30 10:38 | メディア

マイマイガの幼虫

8月も下旬となり、急に涼しくなってきました。
猛暑の間、一休みしていた庭仕事ですが、徐々に本腰を入れて
進めて参りたいと思います。
いつも今頃になると、やはり人の手が充分でなかったため、
無農薬で育てているバラには、病害虫の被害が見受けられます。
特にこちらの「マイマイガの幼虫」による被害は本当に困ったものです。
d0099791_6324821.jpg

私の場合は、この毛虫が付いている葉の部分を切り落とし、
袋に入れ、足で踏みつけながら退治していますが、1日では退治しきれず
数日間に渡って、退治することを繰り返しています。
葉が少なくなってしまいますので、合わせてバラの活力剤を与えています。
この「マイマイガの幼虫」を退治する時は、刺されないように注意することが
大切ですが、つぶした幼虫の体液が皮膚などに付着すると、
かぶれることがありますので、こちらも気を付けることが大切です。

清涼感のある芳香を漂わす「ブラックペパーミント」
d0099791_7351100.jpg


現在、台風15号が九州地方に上陸中ですが、
被害が少ないことを祈るばかりです。
関東地方でも、今後の台風シーズンを前に、現在からバラの枝を
整枝しておくと良いですね。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-08-25 08:59 | バラ&ハーブ

バラに関する様々な最新情報を発信されている(株)産経デジタル
New Roses Webさんに於きまして、連載させて頂いております
「元木はるみのローズキッチン」第6回目がアップされました。

今回は、現在庭のバラも夏休み中ですので、旬の桃を使って
バラ型の涼しげなゼリーを作りました。
ぜひhttp://newroses.sankei.co.jp/news/life/article/150816/lif0001-n1.html
をご覧下さい。
d0099791_1673898.jpg

一緒に写っておりますバラは、ちょうど庭に咲いておりました
「アプリコット・ネクター」(HT)です。
他のバラは咲いておりませんでしたが、ちょうどこのお菓子の撮影日に
合わせるようにこのバラだけが咲いていました。
一緒に撮ってもらいたかったのでしょうか。本当に不思議です(笑)。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-08-16 16:14 | メディア

皆様、少しご無沙汰致しておりましたが、夏のお疲れが
出ていらっしゃいませんでしょうか?
私は、しばらく忙しく動き回っておりました為、少々夏バテ気味ですが、
今月末には、雑誌のバラのスイーツの取材撮影が入っておりますので、
その準備を進めておるところです。
皆様も、くれぐれもお身体をご自愛頂きながら、残り少なくなって参りました
今年の真夏の日々を、お元気に乗り超えて下さいませ。

さて、間が空いてしまいましたが、7月の上旬に行って参りました
イギリス旅行の続きをアップさせて頂きます。
スコットランドから南下し、今回は湖水地方です。

湖水地方最大の湖「ウィンダミア」の湖畔に佇むリゾートホテルに
到着し、部屋の窓から外を見ると、眼下に湖が広がっていました。
これには、心底感動致しました。
d0099791_116088.jpg

夜の7時過ぎでも、まだまだ明るいです。
d0099791_130812.jpg

映画のワンシーンの様な景色にも目が止まりました。
d0099791_1234743.jpg

ホテルの部屋から湖まで、すぐ降りて行けることが出来ました。
静かな湖畔に、ヨットが浮いて。
d0099791_1213114.jpg

白鳥さんたちも、優雅に泳いでいました。
d0099791_1262893.jpg

d0099791_12655100.jpg

しばし時間を忘れてしまいました・・・

満開のルピナスとウィンダミアの夕暮れ。
心の中で何度も「美しい!」と叫んでおりました。
d0099791_1285417.jpg

ホテルのロビーの階のテラスからの眺めも素敵でした。
d0099791_135626.jpg

ウィンダミアの水面に空が写り込んで、幻想的な美しさを体感することが
出来ました。
d0099791_1364633.jpg

湖水地方は、ナショナル・トラストが管理している為、自然が大切に
保護されています。雄大な景色を眺め、生き生きと暮らす動植物たちに
出会えると、自然と心が和み、幸福感で満たされていくのを実感致しました。

こちらのバラは、「ウィンダミア」の名を冠したイングリッシュローズです。
d0099791_12205366.jpg


つづく。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-08-13 01:52 | 講座&イベント&ツアーのご報告