<   2016年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

地元川崎生田緑地ばら苑でのボランティアに参加致しました。
今回は、草取りを行いましたが、梅雨の間に随分と草が
茂っていました。
でも、ちょうどバラの2番花が満開で、ボランティアの特権として
この景色を眺めることが出来ました。
d0099791_120917.jpg

d0099791_1202972.jpg

d0099791_1205089.jpg

「カウンティフェア」(F)
d0099791_1213858.jpg

「チェシャー」(HT)
d0099791_1232619.jpg

公益財団法人日本ばら会より川崎生田緑地ばら会へ
数種類のバラが寄贈されました。
「プライム・ミニスター・アベ」(HT)
d0099791_135622.jpg

秋の公開時には、新しく仲間入りしたバラたちを
ご来場の皆様にも、きっとご覧頂けるのではないかと思います。

公益財団法人日本ばら会HP
http://www.barakai.com/index.html


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-30 01:38 | バラ&ハーブ

(株)ニフティさんのライフスタイルメディア「comorie(コモリエ)」さんにて
前回に引き続き、5月の「バラの季節のチャリティガーデンパーティー」へ
お越し頂いた記者さんの記事がアップされました。
今回のテーマは、「女友だちと盛り上がる、華やか×カンタンおもてなし
スイーツ~ローズシフォンケーキの作り方」です。
どうぞこちらをご覧下さい。
d0099791_16494761.jpg



(株)ニフティ「comorie(コモリエ)」HP
https://comorie.nifty.com/specialist/102.htm

日本ローズライフコーディネーター協会HP
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-28 16:57 | メディア

6月25日(土)、三越日本橋本店7F「はじまりのカフェ」さん
にて、1day講座「バラのフェアリーケーキを作りましょう!」
が開催されました。
d0099791_11264589.jpg

こちらは、展示用にコーディネートさせて頂きました。
テーマは、「イギリスのガーデンパーティー」です。
d0099791_11282348.jpg

飾り用に、無農薬で育てたバラやパンジー、
ハーブ等をお持ち致しました。
d0099791_11292926.jpg

d0099791_11452316.jpg

ご参加下さった皆様と、バラの花弁入りの
カップケーキを作り、焼き上がり冷ましたカップケーキに
それぞれクリームを絞り、可愛らしくトッピングをして
頂きました。
皆さん、本当に可愛らしく素敵にトッピングされ、
美味しそうなバラのフェアリーケーキが出来上がりました。
d0099791_11303958.jpg

お菓子にほんの一手間、リボンや飾りを加えるだけで
心のこもったお菓子になりますね。

ご参加下さいました皆様、お世話になりました三越様、
誠にありがとうございました。


メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HP
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/

(株)ニフティ ライフスタイルメディア「comorie(コモリエ)」HP
https://comorie.nifty.com/specialist/102.htm

[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-27 11:40 | 講座&イベント&ツアーのご報告

5月に自宅で開催させて頂きました「バラの季節の
チャリティーガーデンパーティー」(日本ローズライフ
コーディネーター協会主催)へ、取材にお越し頂いた
記者さんの記事が、(株)ニフティさんのライフスタイル
メディア「comorie(コモリエ)」さんのサイトに、
アップされました。
どうぞこちらをご覧下さい。
d0099791_0201274.jpg

(5月の庭)

現在の庭はバラの二番花が咲き、庭に少し彩が
戻って参りましたが、記事を拝見させて頂き、
忙しくも一番バラが美しく咲いていた時期を
振り返ることが出来ました。
誠にありがとうございます。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-26 00:25 | メディア

紫陽花の季節

今日は、まるで真夏のような気温になりました。
母を連れて、近くの紫陽花の綺麗な妙楽寺(川崎市多摩区)へ
行ってきました。
d0099791_0372100.jpg

こちらは、長尾の丘の上にあります。
ちょうど、約1000株の紫陽花が咲き誇っていました。
d0099791_05314100.jpg

d0099791_0451120.jpg

d0099791_0433213.jpg

d0099791_044518.jpg

母も満足した様子で見入っていました。

我が家の紫陽花も満開です。
d0099791_0465433.jpg

まだ6月というのに、ダリアがもう咲いてしまいました。
d0099791_0492122.jpg


バラの葉には、なんと「ハダニ」が付いていました。
高温になると発生するハダニ、こちらも早くてびっくりです。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-19 00:53 | 季節の花々&実り

雨天の多い6月は、館内で楽しむことが出来る
美術館巡りに最適の月とも云えるかもしれません。

「谷崎潤一郎文学の着物を見る~アンティーク着物と
挿絵の饗宴」展(弥生美術館)と、同じ場所で開催中の
「大正時代のかわいい」展(竹久夢二美術館)へ行ってきました。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
(両展とも、6月26日・日曜が最終)

千代田線・根津駅の一番出口を出て、なだらかな坂を上がって行くと
左手に、弥生式土器が出土した記念碑が立てられていました。
美術館は、根津駅から徒歩約7分程で、周囲には東京大学もあり、
閑静でレトロな雰囲気がします。レトロな雰囲気がお好きな方には
たまらない場所かもしれません。

弥生美術館と竹久夢二美術館は、同敷地内の同建物にあり、
弥生美術館は、昭和59年(1984)6月1日に、鹿野琢見(1919年~
2009年)によって創設されました。鹿野氏が9歳の少年時代に
出会った挿絵画家・高畠華宵(1888年~1966年)が描いた
一枚の絵「さらば故郷!」に深い感銘を受け、その後幾度の
交流を経て、華宵のコレクションを公開する為に開館しました。
また、竹久夢二美術館は、平成2年(1990)11月3日に、
鹿野琢見の竹久夢二(1884年~1934年)コレクションを
展示公開する為に開館されました。

私は、谷崎潤一郎文学は、「細雪」くらいしかよく知りませんでしたが
当時としては、斬新なテーマを取り上げた文学が多かったようですね。
「細雪」「痴人の愛」「春琴抄」「秘密」等の作品に登場するヒロイン
の姿をアンティーク着物で再現したこの展覧会では、大正~昭和初期
のアンティーク着物のコーディネートを観ることが出来、当時の
コーディネート術の高さに感動致しました。
着物、帯、半襟、帯留といった細部に渡って、繊細で粋なコーディネート
が出来た戦前の女性たちのセンスにはただただ感服するばかりです。
当時、アールヌーボー、アールデコといった海外からの要素を
受けて盛り込んだ銘仙やお召等の着物や帯柄もハイカラでオシャレでした。
d0099791_11155724.jpg


また、大正時代の「かわいい」展では、竹久夢二がすでに自身の
デザインした小物を「かあいい」という言葉を用いて紹介していた等
夢二に対する新たな発見も出来ました。
d0099791_11215040.jpg


アンティーク着物好きの私も、今年、3月24日に
東京白金台の「八芳園」で開催させて頂きましたイベント
「和ばら、そして和モダン」では、全て薔薇柄の私物や友人の
戦前の銘仙~戦後のアンティーク着物、帯等をお持ち致しました。
よろしければ、その時の様子はこちらをご覧下さい。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-16 11:38 | 美術鑑賞

ご参加者様募集
6月25日(土)、14:00~16:00、
三越日本橋本店7F「はじまりのカフェ」
さんにて、
1day講座「ローズキッチン~バラのフェアリーケーキレッスン
(ご受講料:3240円)がございます!
d0099791_22461558.jpg

英国菓子のカップケーキに、バラのテイストを加えた
オシャレで可愛いバラのフェアリーケーキの作り方を
デモンストレーションを交えながらご紹介させて頂きます。
そして、ご試食を兼ねたバラのフェアリーケーキの
ティーパーティー
もどうぞお楽しみ下さいませ。
d0099791_22464428.jpg

また、食べて美味しいバラの品種のご紹介等、
画像をご覧頂きながら、詳しくご説明させて頂きます。
ぜひ、また多くの皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。
お申込み:TEL:03-3274-8843
(受付時間:10:30~19:30)
三越日本橋本店まで。
またwebでのお申込みは、こちらまでお願い致します。
当日は、トッピングを幾つかご用意させて頂きますので、
とびきり可愛くて素敵なフェアリーケーキを
皆様とお作りしたいと思います。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-16 09:47 | 講座&イベント&ツアーのご案内

梅雨の合間の晴れた日は、陽射しを求めて、
散策に出かけたくなりますね。
先日、東京都庭園美術館にて開催中の
メディチ家の至宝展と隣接する自然教育園
出かけて来ました。
d0099791_8385915.jpg

東京都庭園美術館は、1933年(昭和8年)に建てられた
朝香宮ご夫妻の邸宅でした。アール・デコ様式(1910~1930年代、
ヨーロッパを中心にブームとなった。)の建物で、基本設計および内装は、
宮内省内匠寮の建築家・権藤要吉が担当していますが、フランス人装飾
美術家アンリ・ラパンや、ガラス工芸で有名なルネ・ラリックも内装に
参加しています。当時の和と洋の匠が見事に融合したこちらの館は、
2015年に、国の重要文化財に指定されています。
d0099791_921986.jpg

d0099791_93133.jpg

メディチ家の至宝展では、ルネサンス期(14世紀~16世紀)の
フィレンツェの「黄金時代」を築いたロレンツォ・イル・マニフィコ
(1449年~1492年)が収集した古代や中世のカメオを目にする
ことが出来ました。中には、1世紀の古代カメオに、16世紀の
金工職人が、金を被せたものもありました。
ロレンツォは、ミケランジェロやボッティチェリ等の庇護者で
知られますが、古代ギリシャやローマの美術品に、
高い関心を持っていた様子が伝わってきました。
「ルネサンス」とは、「古代ギリシャ、ローマの文化の再生」と
云われますが、確かにその一端を狭間見ることが出来ました。
(7月5日火曜まで開催中。ドレスコード割引:真珠(人造物可)を
身に着けていると100円のお値引があります。)

東京都庭園美術館に隣接する自然教育園は、入口を入って中を
進むと、まるで高原にでも来たかのような緑豊かな自然溢れる場所でした。
d0099791_21664.jpg

d0099791_9393861.jpg

d0099791_9395890.jpg

d0099791_9401914.jpg

d0099791_2175037.jpg

d0099791_9404465.jpg

梅雨の合間の晴れた一時、清々しい空気を吸って、
リフレッシュすることが出来ました。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-16 09:45 | 美術鑑賞

6月の各カルチャースクールのお教室では、
「モイスドポプリの作り方」そして、香りのバラや
ハーブの効能等をご説明させて頂きました。
d0099791_23305822.jpg

皆さん、真剣にとても丁寧に作っていらっしゃいました。
d0099791_23323494.jpg

バラやハーブを入れていく順番は、皆さんの
お好みに重ねて頂きました。
d0099791_23325421.jpg

完成したモイスドポプリは、どれも美しく
重ねたバラやハーブの位置によって、
蓋を開けた瞬間の香りが、少しづつ違って
感じられました。
d0099791_23381347.jpg


各カルチャースクール
NHK文化センター横浜ランドマーク教室
「もっと素敵にバラのある暮らし」は、こちら

産経学園新百合ヶ丘教室
「素敵にローズライフ」は、こちら


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-15 23:44 | 講座&イベント&ツアーのご報告

地元にある生田緑地ばら苑
今年の春の開園はすでに終わっておりますが、この春の
入場者数が、7万人を超える最多記録を更新したそうです。
こちらのばら苑は、小高い山の頂に位置していることから
周りを緑で囲まれ、自然の中でバラの花を愛でることが
出来ます。ですが、なんといっても一番の魅力は、
今となっては、希少となった古いアーリーモダンローズの
品種が数多く植えられていることかと存じます。
現在ある他のバラ園は、イングリッシュガーデンブーム以降に
出来たバラ園が多いように思いますが、
こちらの生田緑地ばら苑は、1958年と歴史が古く、
高度経済成長時代の真っ只中で、当時の最も新しい
ハイカラなバラ達が集められ、現在に至っています。
1958年(昭和33年)といえば、今上天皇陛下と
皇后陛下が御婚約された年であり、一万円札が出来た年です。
テレビ放送(白黒)も、スタートしてまだ5年目でしたから、
一部の富裕層の家庭しか普及していない時代でした。
ぜひ、こちらのばら苑にお越しになられた際は、古い時代の
アーリーモダンローズを探してご覧頂きたいと思います。

さて、今回は、前回お約束致しました通り、生田緑地ばら苑の
イングリッシュローズをご紹介させて頂きます。
イングリッシュローズは、イギリスのデビッド・オースチン氏が
作出したブランドローズで、オールドローズの花型に、
四季咲き性や返り咲き性を加えた現代バラです。
系統では、モダンシュラブになります。イングリッシュローズの
第1号は、1961年に発表された「コンスタント・スプライ」
(一季咲き)ですが、イングリッシュローズが、日本に
紹介され始めたのは1990年代頃になります。
イングリッシュガーデンブームやオールドローズブームと共に
イングリッシュローズは、大変人気となりました。

アーリーモダンローズやモダンローズのハイブリットティーローズ、
フロリバンダが中心の生田緑地ばら苑に、イングリッシュローズ
が植栽されたのは、2008年のばら苑50周年の年でした。
前置きが長くなりましたが、生田緑地ばら苑では、まだ新しい
コーナーであるイングリッシュローズのコーナーの品種を
ご紹介させて頂きます。
「リッチフィールドエンジェル」(2006年作出)
d0099791_137179.jpg

「ジ・インジニアス・ミスターフェアチャイルド」(2003年作出)
d0099791_1401110.jpg

「スキャボロー・フェア」(2003年作出)
d0099791_142698.jpg

「ウィズリー」(2003年作出)
d0099791_1475674.jpg

「アンヌ・ボレイン」(1999年作出)
d0099791_150038.jpg

「コンテ・ドゥ・シャンパーニュ」(2001年作出)
d0099791_1565690.jpg

「シャルロット」(1993年作出)
d0099791_159469.jpg

「ワイルド・イヴ」(2003年作出)
d0099791_22510.jpg

「クイーン・オブ・スウェーデン」(2004年作出)
d0099791_235525.jpg

「テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ」(1998年作出)
d0099791_263035.jpg

「チョーサー」(1970年作出)
d0099791_275655.jpg

「チャールズ・ダーウィン」(2001年作出)
d0099791_2111053.jpg

こちらは、ばら苑への階段を上ってきて頂くと、入口近くに
植えられている「ティージング・ジョージア」(1998年作出)
d0099791_2142989.jpg

「ザ・ジェネラス・ガーデナー」(2002年作出)
d0099791_216276.jpg


他にもまだまだございますが今回は以上です。

それに致しましても、これだけの歴史あるばら苑を
川崎市と協力して、守り続けているボランティアの皆さんには
頭が下がります。
私も微力ながら、お手伝いさせて頂いておりますが、
開花時のバラの花を見る度、皆さんの力が結集した姿だと
毎回感動させて頂いております。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-12 02:20 | ガーデン散策