寒かったり暑かったりと、なかなか開花の予想が難しい今年のバラですが、
5月9日(火)は、「バラの季節のガーデンパーティー」(産経学園主催)
を開催させて頂きます。
バラをご覧頂きながら、バラのお菓子やお茶をお楽しみ下さい。
日時:5月9日(火)14:00~15:30
(13:50小田急線・向ヶ丘遊園駅・北口改札付近で集合)
*但し、こちらは、産経学園さん主催となりますので、
以後の講座もご受講頂くことが前提となります。

7月11日(火):本草図譜の薔薇とボタニカルアート
9月12日(火):現代のモダンローズ
詳細は こちら お問い合わせ・お申込みは TEL:044-965-0931 まで。

~皆様のお越しを心より楽しみにお待ち申し上げます。~

現在の庭の様子

d0099791_11300426.jpg

脚立や屋根に上ったり、いろいろなことに耐えながら
待ちに待ったバラがいっせいに輝く季節も、もうすぐです。
d0099791_11303054.jpg


我が家の一番バラの「ナニワイバラ」(Sp)が、少し咲きだしました。

d0099791_11310017.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-24 11:38 | 講座&イベント&ツアーのご案内

ボランティアで参加させて頂いております地元川崎の
生田緑地ばら苑の今年の春の一般公開日が、
5月11日~28日に決まりました。


d0099791_22400427.jpg



現在、除草シートを新たに敷く作業が進行中ですが、
バラの写真が美しく撮れるモスグリーンのシートに替わりました。


d0099791_22572599.jpg



ぜひ、多くの皆様に、バラの写真を撮りに、そして原種~最新品種のモダンローズ
をご覧になりに、いらして頂きたいと存じます。
歴史あるばら苑ならではの、貴重な古いアーリーモダンも揃っています。

生田緑地ばら苑は、入園料無料、都心(新宿)から小田急線(急行)で、
わずか約25分の「向ヶ丘遊園」駅から徒歩約15分の自然豊かなばら苑です。


こちらは、生田緑地ばら苑内のボランティアガーデンです。


d0099791_22592453.jpg


こちらのボランティアガーデンの一角に、昨日、進呈させて頂きました、この春、
日本で初お披露目となった中国平陰バラの「食香バラ」の「豊華」が植栽されました。
こちらも、一般公開時にはご覧頂けます。

一般公開中、毎日、ボランティアによるばら苑の庭園ガイドが行われます。
私も5月26日(金)11:00から、庭園ガイドをさせて頂きます。
皆様のお越し、心よりお待ち申し上げます。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP














[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-22 23:47 | バラ&ハーブ

庭の牡丹①

現在の庭は牡丹が咲きだし、急に華やかになりました。
バラの手入れが忙しい時期、ふっさりと大らかに咲く牡丹に
癒やされます。

今年も「島錦」から始まりました。


d0099791_00423206.jpg

d0099791_00432064.jpg

d0099791_00442307.jpg


「島根白雁」

d0099791_00505466.jpg

d0099791_00520989.jpg

d0099791_00530058.jpg



「平成桜」

d0099791_00533693.jpg


皇嘉門

d0099791_00545259.jpg


「緑胡蝶」と「姫ウツギ」

d0099791_00573167.jpg


「シャガ」もあちらこちらで顔をのぞかせています。

d0099791_01002781.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-22 01:01 | 牡丹

食香バラの味わい

食香バラの「豊華」と「紫枝」の花を鑑賞した後は、
花を摘んで、味わってみました。

d0099791_22302897.jpg

花弁にワックス分が少ないとのことですので、
生花で食してみたいと思い「ジャン」を作りました。

「ジャン」は、ビニール袋に、軽く水洗いし、水けを取った花弁と
お砂糖を入れ、良く揉めば出来上がりです。

d0099791_22312117.jpg

火にかけないので、バラの豊かな風味、素晴らしい香りを
ストレートに味わうことが出来ました。

お花も大変美しく、香りも楽しむことが出来、
美味しく食すことも出来る「食香バラ」
大変魅力的なバラですね。

食香バラの「豊華」(一季咲き)
内側から外側へ色濃くなるマジェンタ色のグラデーションが美しい。

d0099791_23143568.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP







[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-21 23:10 | バラ&ハーブ

昨日、アップさせて頂きました中国山東省平陰県出身の
食香バラ「豊華」と「紫枝」が、今朝、庭で初めて花開きました。

一輪づつですが、馥郁たる香りが遠くに居ても
香ってきます。

なんという嬉しい朝でしょう・・

d0099791_09085625.jpg

「豊華」

d0099791_09123200.jpg

「紫枝」

d0099791_09132994.jpg

上から見た「豊華」

d0099791_09141731.jpg

上から見た「紫枝」

d0099791_09150984.jpg

幸せな朝でした・・・



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HP



[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-20 09:17 | バラ&ハーブ

中国山東省平陰県で、食香の為に栽培されている平陰玫瑰が、
この度(株)Flos Orientaliumさんより、初めて日本へ紹介され、
昨日我が家へも送って頂きました。

d0099791_08591217.jpg


この代表の方とは、以前千葉県佐倉で開催されました「ヘリテージローズ会議」
でお会いし、その時から中国のこの玫瑰への熱き想いをお聞きしておりました。
彼女のお蔭で、こうして、日本の自宅にいながら、この香り豊かで大変美しい
バラを堪能させて頂ける機会を、誰もが得られるようになったわけです。


品種名は、「豊華」と「紫枝」の2種類で、
「豊華」は、花弁が多く、最も強い香りを持ち、
春の一季咲きです。
「紫枝」は、名前の通り、枝が赤い紫色をしており、
花弁は、「豊華」より少なく軽やかですが、
花が大きく四季咲きのバラとなります。

これらの食香バラは、ハマナスと他の野生バラとの交雑から誕生し、
約1000年をかけて、山東省平陰で育成されてきました。


d0099791_08395963.jpg


「豊華」の蕾。

d0099791_09072295.jpg

美しい「紫枝」の枝

d0099791_09084893.jpg



ローズジャムや、お菓子作り、ローズティーにローズリキュール、
ポプリや精油作りはもちろんのこと、様々な利用が出来る食べて美味しく、
香り豊かな「豊華」と「紫枝」を、皆様も、新たなコレクションに加えてみては
いかがでしょうか。

苗のご購入は、花職人飯塚園芸 TEL&FAX:048-596-2897







メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP


[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-19 09:19 | バラ&ハーブ

横浜美術館で開催中の「ファッションとアート麗しき東西交流」展
へ行って参りました。


d0099791_22381568.jpg

開港後の西洋化を進める日本とパリやロンドンで開催された万博博覧会で
紹介された日本の工芸品や美術品からジャポニズムブームに沸いた西洋、
東西の文化交流から生まれた新たな美を表す当時のファッションとアートの中には、
「菊」「牡丹」「菖蒲」「藤」等の日本的植物や、西洋からやってきた
「西洋薔薇」の紋様を目にすることが出来ました。

d0099791_22333930.jpg

展示されている「ティーガウン」や「ドレス」はどれも保存状態が良く
施された日本刺繍が大変美しかったです。
西洋薔薇(モダンローズ)が織られた銘仙の着物や帯からは、当時の
薔薇人気が伝わって参りました。


d0099791_22460123.jpg

今後とも、薔薇文化の歴史の手がかりを求めて参りたいと思います。

ご参加された皆様、お世話になりました産経学園さん、
誠にありがとうございました。

下記カルチャー講座では、バラの歴史の資料のひとつと致しまして、
私のコレクションの中から、大正~昭和初期の薔薇の銘仙の着物や帯を
皆様にご覧頂きたく存じます。
皆様のご参加、お待ち申し上げます。

新百合ヶ丘産経学園「素敵にローズライフ」 
 詳細は こちら  TEL:044-965-0931

NHK文化センター横浜ランドマーク教室「もっと素敵にバラのある暮らし」
 詳細は こちら  TEL:045-224-1110




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-19 00:35 | 美術鑑賞

桜と和菓子

庭の枝垂れ桜も、今日の暴風雨で終焉を迎えることでしょう。
一枝家の中に持ってきました。
季節の和菓子と我が家の枝垂れ桜。


d0099791_00371825.jpg




d0099791_00380325.jpg



d0099791_00411513.jpg



d0099791_00454477.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-18 00:46 | Tea&Sweets

愛犬とお花見散歩

昨年、我が家にやって来たハチ、始めてのお花見に連れて行きました。

d0099791_22171999.jpg

地元の「二ヶ領用水」~「多摩川」の桜です。

d0099791_22184346.jpg


d0099791_22192763.jpg


路は、桜の絨毯が続いていました。
d0099791_22203252.jpg



d0099791_22225963.jpg



桜が綺麗だったせいか、なかなか帰りたがらないハチ。

d0099791_22260033.jpg



帰り路は、多摩川の桜を観にいきました。

d0099791_22284886.jpg


d0099791_22292487.jpg



また来年も、こうしてのんびり、ハチと来れたら嬉しいです。
d0099791_22295233.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-17 22:31 | 季節の花々&実り

京都へ③


京都府立植物園の桜とバラ園を拝見した後は、
隣を流れる賀茂川のほとりにある「半木の道」を歩きました。

d0099791_11032420.jpg

お琴と尺八の生演奏や野点など、京都の方々の和のおもてなしに
心が温かくなりました。

d0099791_11055574.jpg

d0099791_11062060.jpg

賀茂川の桜と、憩う方々。
d0099791_11081146.jpg

その後、主人が行きたかった並河靖之七宝記念館へ。
こちらは、日本の明治工芸(七宝)の技術の高さを
当時ヨーロッパやアメリカ等で開催された万博博覧会で、
世界に知らしめた並河さんのご自宅です。


d0099791_12015521.jpg

美へのこだわりを随所に感じる素敵なお宅でした。
d0099791_12024768.jpg

その後、桜を眺めながら、歩いて「平安神宮」まで向かいました。
d0099791_12140909.jpg

d0099791_12144000.jpg

「平安神宮」は、大勢の観光客で賑わっていました。

d0099791_12174092.jpg

庭園は、満開の枝垂れ桜が咲き誇っていました。

d0099791_12182765.jpg


d0099791_12190338.jpg

お庭の中、お茶席に寄らせて頂きました。美味しいお菓子にお茶を頂きました。

d0099791_12193972.jpg

d0099791_12211757.jpg

d0099791_12223510.jpg

d0099791_12255497.jpg

最後は、「東寺」の夜桜ライトアップを堪能し、遅い時刻の新幹線で、
帰路につきました。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

[PR]
by salonderoses2 | 2017-04-17 12:29 | 季節の花々&実り