<   2017年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

代表を務めさせて頂いております日本ローズライフ
コーディネーター協会(JRLC)の公式HPの
トップページが更新されました。

「花・緑・庭のwebマガジンGarden Story」、
「(社)プラチナミセス・ジャパン エキスパート・
ティーチャー」のバーナーも付き、そちらからアクセス
出来るようになりました。

日本ローズライフコーディネーター協会(JRLC)の
公式ホームページ http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/
をご覧下さいませ。


d0099791_15564941.png

12月8日(金)は、「ローズライフなXmas2017
~薔薇と貴族の館のアンティーク&ランチ」です。
詳細は、こちら からどうぞご覧下さい。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp



[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-30 16:00 | 講座&イベント&ツアーのご案内

国立科学博物館で開催中の「Flora Japonica」(フローラ ヤポニカ)
展へ行って参りました。(12月3日まで開催中)

d0099791_01085875.jpg

2016年9月から2017年の3月まで、英国キュー王立植物園で開催された、
日本人画家による植物画作品展から選ばれた作品が展示されており、
日本の植物を題材とした美しい作品を鑑賞させて頂きました。
また、植物学の専門誌「カーティスのボタニカルマガジン」に掲載された、
日本に自生あるいは栽培されている植物のイラストレーション原画も
見ることが出来ました。
ノイバラ、テリハノイバラ、サンショウバラ、ハマナスの薔薇の画もあり、
見入ってしまいました。


たばこと塩の博物館で開催中の「和モダンの世界・近代の輸出工芸~
金子皓彦コレクションを中心に」展は、大変見応えがありました。

d0099791_01505442.jpg


特に、嘗て横浜の開港と共に盛隆を極めた「芝山細工」の作品や、
箱根や静岡の寄木細工による飾り棚等、当時の職人の技術の高さに
驚きました。江戸末期~明治・大正に、外国への輸出用に作られた
大変手の込んだ素晴らしい作品たちからは、時代の波を渡り、
目の前に集合していることへの感動を味わうことが出来ました。
(1月8日まで開催中)


d0099791_01495729.jpg

また、こちらの常設展も、とても興味深く見ることが出来ました。

博物館は、スカイツリーのすぐ近くです。

d0099791_01555509.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会












[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-28 02:09 | 美術鑑賞

都心の紅葉

昨日は、都内日比谷公園へ紅葉を見に行ってきました。
先日行って参りました京都の紅葉にも
劣らない美しい風景を堪能することが出来ました。

鶴の池周辺

d0099791_10013591.jpg

d0099791_10020443.jpg


d0099791_10031773.jpg

紅葉の中のご結婚式も素敵ですね。

d0099791_10045388.jpg


都心の日比谷公園の紅葉が、こんなに素晴らしいことを
今まで知りませんでした・・


d0099791_21231548.jpg


d0099791_10070862.jpg


d0099791_10222140.jpg


d0099791_10224712.jpg


バラも、紅葉を背景に、とても綺麗に咲いていました。

「友禅」(HT)

d0099791_10234080.jpg

「伊豆の踊子」(HT)
d0099791_10244578.jpg


d0099791_21235157.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-27 10:26 | ガーデン散策

*お申し込み受付中です!
(こちらのイベントは、おかげ様で催行が決まっております。)
バラとバラに関わる文化を学び、体現する機会のひとつとして、
日本ローズライフコーディネーター協会では、今年も、
クリスマスの飾り付けで華やぐ横浜山手の地で
クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」を開催致します。

日時:12月8日(金)(会場:横浜市イギリス館1Fホール)
午前の部:9:30開場、9:45~11:45
ランチ:(会場:フレンチレストランエリゼ光)13:00~15:00


d0099791_12033718.jpg

イベント内容:
12月8日(金)
午前9:45~11:45(9:30開場)
イングリッシュガーデンへとリニューアルされた「港の見える丘公園」に建つ、
嘗て英国総領事公邸であったイギリス館に於いて、ピアノとヴァイオリンの
演奏会をはじめ、世界中で人気を博したドラマ「ダウントンアビー」の撮影が
行われた英国の「ハイクレア城」にお住まいのカナーボン伯爵家や、
ウィーンのハプスブルグ家末裔プリンセス・アニータとのご親交のある
貴族文化研究家・青山櫻先生をお招きし、実際に訪れた際にご覧になられた
お屋敷のアンティークや秘話等をお伺い致します。

ダウントンアビーの舞台「ハイクレア城」


d0099791_12330367.jpg

青山櫻(あおやまさくら)先生 プロフィール
1999年創立の西洋骨董店「アンティークス ヴィオレッタ」代表、
カルチャーサロン「L'institute de Violetta」主宰。
宝飾研究家、貴族文化研究家。カルチャースクール講師。
著書に「レディのたしなみJewelry Lesson」(清流出版)。


d0099791_12074078.jpg


また、青山先生が代表をされる横浜青葉台の西洋骨董店
アンティークスヴィオレッタさんより、バラが似合う
素敵なアンティークをお持ち頂き、私元木はるみが、
バラのアレンジメントをコーディネート致します。
当日、どんなバラや草花をコーディネートさせて頂こうか、
今からとても楽しみです。

d0099791_12052501.jpg
クリスマスのひととき、美しいピアノとヴァイオリンの音色と共に、
バラとアンティークの饗宴をお楽しみ下さい。
(クリスマスのお茶のティータイム付き。)

そして、午前の部終了後、13:00~15:00
イギリス館近くのフレンチレストランにて、
皆様とランチ交流会を開催致します。
ランチ会場は、新鮮でこだわりの素材を使用した美味しく、
美しいフレンチ料理レストラン「エリゼ光」です。
(ランチ会場では、アンティークのご購入も可能です。)

***クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」***

ご参加費:一般のお客様・お一人様 10800円(ランチ・税・
サービス料込)

午前の部のみのご参加の場合。
ご参加費:一般のお客様・お一人様 4860円(税込)
午後のランチのみのお申し込みは不可とさせて頂きます。)

お申し込み方法
「クリスマスイベント2017申込み」とご記入頂き、
1ご氏名、2郵便番号、3ご住所、4お電話番号、5FAX番号
6人数、7御同伴者様がいらっしゃる場合、御同伴者様のご氏名、
午前の部のみご参加ご希望の方は、その旨必ずご明記下さい。
以上、ご明記の上、

メールアドレス japanroselife@excite.co.jp

までお申し込み下さい。
お申し込み下さいました方へは、
日本ローズライフコーディネーター協会より
ご確認メールをお送りさせて頂きます。
(もし、ご確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、
もう1度、メールをお送り下さいませ。)

~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~



d0099791_12523852.jpg



日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら




[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-27 09:56 | 講座&イベント&ツアーのご案内

時間を作って、美術展を巡って参りました。

東京、世田谷区上野毛にある五島美術館で開催中の
「光彩の巧み~瑠璃・は璃・七宝」展へ。(12月3日まで開催。)


d0099791_13223934.jpg

「五島美術館」は閑静な住宅街にあります。

d0099791_13231547.jpg

起伏に富んだ庭園も楽しめました。

d0099791_13221876.jpg

庭園にも、文化財が配置されています。


d0099791_14312126.jpg



古から美しく光を放つ小さきものの集合美。

d0099791_13220639.jpg


日本中の様々な美術館から一堂に会したこちらの美術展は、
工藝の歴史の勉強にもなりました。


続いて、五島美術館から徒歩約7分ほどの場所にある
「東京都公文書館」にて開催中の「東京府・東京市・行政文書の世界~
明治前期を中心に」展(12月1日まで開催。)へ。

d0099791_13460331.jpg


d0099791_14315063.jpg


こちらの玄関の入り口の床には、1964年の
東京オリンピックの為に作られた
世界向けの英語の日本のアピールパネル写真があり、
その中に、モダンなバラの絵柄の着物を着た女性が、
案内役をされている写真がありました。

d0099791_13493580.jpg

第二次世界大戦で敗戦した日本が
高度急成長によって東京でオリンピックを
開催出来るまでになった、
あの時の強さを、もう一度、現代に置き換えられるチャンスが
現在なのだとつくづく思いました。
そして、平和と文明のシンボル「薔薇」の花が描かれた
モダンな着物に身を包む女性に、ここで出会えたことに
感動してしまいました。

d0099791_14113858.jpg


感動を胸に、上野東京藝大美術館で開催中の東京芸術大学
創立130周年記念特別展「皇室の彩」展へ向かいました。
(11月26日まで開催。)
こちらは、TVでもつい数日前に紹介されたこともあり、
とても多くの人で混んでいました。
約100年前の皇室の方々の御祝いの為に、当代選りすぐりの
工芸家たちが技術の粋を尽くして制作し献上した品々、
大変見応えがありました。

d0099791_14235522.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフッコーディネーター協会
ホームページは こちら

[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-25 14:26 | 美術鑑賞

我が家の庭のバラ

急に気温が下がり、紅葉もピークになって参りましたが、
庭のバラは、まだ花を咲かせてくれています。
この頃のバラは、害虫も居なくなり、ほっとしたような表情で
私はとても好きなのです。

d0099791_00431101.jpg

ばら苑のバラは、のんびりしていては終わらなくなって
しまいますので、すでに葉を取って、誘引を進めていますが、
家のバラは、クリスマスまでお花を楽しんでから
誘引し始めます。

残り少なくなった今年の日々をバラと共に。
今年も一年、あっという間でした・・


「マリア・テレジア」(S)

d0099791_00462810.jpg


「ヘリテージ」(S)

d0099791_00481850.jpg


「プロスペリティー」(HMsk)

d0099791_00491364.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-25 00:51 | バラ&ハーブ

評議員をさせて頂いております公益財団法人日本ばら会
の会員創出花のバラ苗の販売がいよいよ始まりました。

「ファーストレディ・アキエ」(HT)
d0099791_23244604.jpg


販売されるバラの苗は、国際ばら新品種コンクール」JRC
(Japan Rose Concours)や、「ぎふ国際ローズコンテスト」、
「国際香りのばら新品種コンクール」のいずれかで、
日本ばら会員が作出し、入賞した優れたバラの苗たちがほとんどです。
(一部に入賞歴のない品種及び日本ばら会が推奨する品種があります。)
会員以外の方でも、どなたでもお求めになることが出来ます。

こちらは、「日本ばら会秋のばら展」でのコンテスト風景です。
今回販売される苗の中には、この様なコンテスト向きの
バラ苗も多数販売されています。

日本ばら会 会員創出花の販売webサイトは こちら


d0099791_23262781.jpg


こちらは、会員の見事な技で仕立てられた「ミニバラの
盆栽仕立て」に見入る外国人の様子。


d0099791_23390818.jpg


日本ばら会は、世界ばら会連合 に加盟しており、
世界ばら会連合ケルビン・トリンパー会長が、
2022年に福山で開催される世界ばら会連合地域大会の
ヘルガー・ブリシエ委員長と、ばら展をご覧になりに
いらっしゃいました。


d0099791_23543827.jpg

向かって中央右は、日本ばら会・長田武雄理事長、そのお隣中央左は、
世界ばら会連合前副会長・小川晶氏、そのお隣は、御巫由紀氏。





メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp







[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-23 00:25 | バラ&ハーブ

来月12月8日(金)開催のクリスマスイベント「ローズライフな
Xmas2017~薔薇と貴族の館のアンティーク&ランチ」
の午前の部ティータイム時にお淹れするクリスマスティーが
本日届きました。

d0099791_00125761.jpg

こちらのクリスマスティーは、東京日暮里のCha Tea紅茶教室さんの
オリジナルブレンド「2017クリスマスティー」です。
心地良いスパイスの香りが、クリスマスシーズンの到来を
告げてくれました。

こちらのクリスマスティーと共に、皆様のお越しを楽しみに
お待ち申し上げます。

*こちらのイベントは、どなたでもご参加頂けます。

イベント内容:
午前9:45~11:45(9:30開場)(会場: 横浜市「イギリス館」)
イングリッシュガーデンへとリニューアルされた「港の見える丘公園」に建つ、
嘗て英国総領事公邸であったイギリス館に於いて、ピアノと
ヴァイオリンの 演奏会をはじめ、世界中で人気を博したドラマ「ダウントン
アビー」の撮影が 行われた英国の「ハイクレア城」にお住まいのカナーボン
伯爵家や、ウィーンのハプスブルグ家末裔プリンセス・アニータとのご親交のある
貴族文化研究家・青山櫻先生をお招きし、実際に訪れた際に ご覧になられた
お屋敷のアンティークや秘話等をお伺い致します。
また、青山先生が代表をされる横浜青葉台の西洋骨董店「アンティークス
ヴィオレッタ」さんより、バラが似合う貴重なアンティークをお持ち頂き、
私、元木はるみがバラのアレンジメントをコーディネート致します。
クリスマスのひととき、美しいピアノとヴァイオリンの音色と共に、
バラとアンティークの饗宴をお楽しみ下さい。
(クリスマスのお茶のティータイム付き。)

午前の部終了後、13:00~15:00(会場:山手のフレンチ
レストラン「
エリゼ光」)
イギリス館近くのフレンチレストランにて、 皆様とランチ交流会を
開催致します。
ランチ会場は、新鮮でこだわりの素材を使用した美味しく、
美しいフレンチ料理レストラン「エリゼ光」です。

優雅なクリスマスの1日を、ぜひ、ご一緒致しましょう。

<クリスマスイベント>
「ローズライフなXmas2017~バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」

●ご参加費:お一人様10800円(ランチ・税・サービス料込)

※午前の部のみのご参加の場合。
●ご参加費:お一人様 4860円(税込)
(午後のランチのみのお申し込みは不可。)

【お申込み方法】
①クリスマスイベント2017申込み
②ご氏名 
③郵便番号、ご住所
④お電話番号 
⑤FAX番号
⑥人数
⑦合計金額 
をご明記の上、
日本ローズライフコーディネーター協会
メールアドレス japanroselife@excite.co.jp まで
お申込み下さい。

※日本ローズライフコーディネーター協会より
ご確認メールをお送りさせて頂きます。

イベントのチラシは こちら からご覧頂けます。



d0099791_00201401.jpg

皆様、急に冬らしくなって参りました。
お風邪等召しませんよう、くれぐれもお身体ご自愛下さいませ。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp







[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-21 00:28 | 講座&イベント&ツアーのご案内

ミセスたちの様々なパワーが集結した、一般社団法人
プラチナ・ミセス・ジャパン主催「第7回プラチナミセス祭」
が今年も盛大に開催されました。
(会場の横浜みなとみらいワールドポーターズ6F)

d0099791_01101480.jpg

年々パワーアップしつつあるこちらのイベントは、
熊本大地震の復興支援のチャリティも兼ねています。

今年も安倍昭恵夫人が会場を視察にいらっしゃいました。
洋菓子教室サロン・ド・マリーの
横井満里代先生と昭恵夫人を囲んで。

d0099791_00364761.jpg

また、クマモンも会場にやって来て、
お子様たちも大喜びでした。
d0099791_00434807.jpg



私は、エキスパートティーチャーとして、
会場中のディスプレイの審査員を仰せつかり、
皆様の心のこもったディスプレイに感激しながら
隅から隅まで拝見させて頂きました。


d0099791_01020634.jpg



d0099791_00591807.jpg


今回も笑顔とパワーに溢れた素晴らしい会で、
私もたくさん学ばせて頂きました。
この様な会になさる為に、ご準備にご尽力された皆様、
及びPMJの皆様には頭が下がるばかりです。
本当にお疲れ様でした。
そして、色々とお世話になりまして、
誠にありがとうございました。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会


[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-19 01:08 | 講座&イベント&ツアーのご報告

本日は、産経学園新百合ヶ丘教室にて定期講座「素敵にローズライフ」
の秋期第2回目がありました。
テーマは「イタリアのバラと庭園」でした。
昨年と今年にかけて、取材して参りましたイタリアの
バラと庭園に纏わるお話をさせて頂きました。

こちらは、以前こちらのブログでもご紹介させて頂いたローマ時代の
バラが描かれた壁画(フレスコ画)の一部です。
私は本当に、こちらの2000年以上も前に描かれた、
初代ローマ皇帝アウグストスの妻になるリビアの家の食堂に
描かれた画が大好きで、よく講座等でもお話しさせて
頂いておりますが、豊かな色彩と生き生きとしたモチーフには
ただただ驚くばかりです。
資料によりますと、描かれているバラは、
「ロサ・ガリカ・ベルシコロール」とあり、
こちらの画は、古代のバラの貴重な資料のひとつです。

d0099791_21351897.jpg

また、本日は、やはりローマ時代のバラが描かれたポンペイの壁画に
ついても、詳しくお話させて頂きました。

こちらは、ポンペイの紀元前2世紀頃に建てられた「ファウノの家」の
庭園内。


d0099791_21573138.jpg


またこちらは、118年に、第14代ローマ皇帝ハドリアヌスが
ローマ近郊のティボリに造った別荘「ヴィラ・ハドリアーナ」内の
エジプトの貿易都市カノプスを模して造ったエリア。

d0099791_22053390.jpg

こちらは、ハドリアヌスが、寵愛したアンティノウスが18~20歳の若さで、
エジプトで溺死したことを惜しんで造らせたと云われています。

アンティノウスのレリーフ

d0099791_22291443.jpg

アンティノウスは、死後、ハドリアヌスによって「死と復活を司る神」として
神格化され、多くの彫像が造られたとのことです。
そういえば、今まで様々な場所で彫像を見学した際、一番美しく整った顔立ちを
している彫像は、アンティノウスだったように思います。
最新の調査では、この「ヴィラ・ハドリアーナ」の「ある場所」に
アンティノウスが埋葬されているのでは、という調査結果があるそうで、
調査の今後の動向が気になるところです。


また、15世紀のフィレンチェに台頭したメディチ家が所有した別荘の内
「ヴィラ・ペトロイア」「ヴィラ・カステッロ」「ボーボリー庭園」の
邸宅や庭園、同じ頃のローマの貴族コロンナ家の邸宅や庭園、エステ家の
ティボリの別荘の邸宅や庭園等について、画像をご覧頂きながら
ご説明させて頂きました。


映画「ローマの休日」の撮影が行われたコロンナ家の居城「コロンナ宮殿」。


d0099791_22505202.jpg


コロンナ宮殿の庭園。


d0099791_23455672.jpg



エステ家のティボリの別荘「ヴィラ・エステ」の庭園。


d0099791_22535330.jpg

イタリアの庭園の特徴は、幾何学模様、フォンターナ、グロッタ、テラス式、
ビスタにシンメトリー、テラコッタ、中庭等があげられますが、
何れも、イタリアの風土、気候と共に、歴史上の幾何学様式期、
エーゲ文明に見られる海洋文化特有の美術様式、ギリシャ神話、ヘレニズム、
アラブ文明等が融合していることが見えてきます。

次回は、12月12日(火)10:30~12:00
「イギリスのバラと庭園」です。
ご参加ご希望の方は、産経学園新百合ヶ丘教室
TEL:044-965-0931まで。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会




















[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-14 23:50 | 講座&イベント&ツアーのご報告