引き続き、ガーデニング雑誌「ガーデン&ガーデン」に私が育てているボタンを掲載して頂いたのを記念して春に撮ったボタンの写真を載せさせて頂きます。バラとボタンは、それぞれが主役級のお花です。咲く時期がずれることで、それぞれの個性が庭に表情を作ります。でも今年は、早咲きの「ナニワイバラ」とボタンの開花が重なり、どちらもオリエンタルな雰囲気で相性の良さを感じました。(天衣、島大臣)
d0099791_1617658.jpg

切って飾っても見応えがあります。(新天地、白王獅子、関西明石潟)
d0099791_16304912.jpg

えびねらんや西洋オダマキといった半日陰向きの和風の下草との相性は抜群です。
(天衣)
d0099791_16213388.jpg

ボタンとお茶(新桃園)
d0099791_23291868.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-07-24 00:29 | 牡丹

ガーデニング雑誌「ガーデン&ガーデン」でボタンを取り上げて頂いたのを記念して、私が今まで撮り貯めしていたボタンの写真を公開させて頂きます。(写真は上手くなくて申し訳ございません・・)
小手鞠とボタンの組み合わせが好きです。(島根聖代&天衣)
d0099791_16244854.jpg

アップも美人(天衣)
d0099791_1637559.jpg

バラのように色合わせを楽しむことも(島大臣&新桃園)
d0099791_16382398.jpg

プラチナム、ヘリオトロープ等と鉢に寄せ植えして(大正の誇り)
d0099791_1641581.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-07-23 18:04 | 牡丹

本のご紹介

「ガーデン&ガーデン」(エフジー武蔵出版)秋号2007vol.22~憧れプランツ・シャクヤク&
ボタン~「私だけのピオニー」のコーナーの中で、ボタン使いのアイディアとして、私の庭の
ボタンがP96~P97にて紹介されました。
d0099791_2253973.jpg

バラより約一月程前に咲き出し、バラが庭のメインになる頃には散っている、去り際が
奥ゆかしい和風的な姿に心惹かれます。私にとってボタンは、バラが咲きだすまでの一番
忙しい最後の大仕上げの時期に、ふっさりと咲いて、疲れを癒してくれるやさしいお花です。
それでいて、豪華、奥ゆかしい気品まで漂わせて花も葉も美しいのです。和紙のような香りは
どこか昔懐かしく、ふとノスタルジックな思いがよぎります。むかしから和風の庭園に
植えられてきたオリエンタルな百花の女王ですが、もっと現代のお庭にも活用されて良いの
ではないかとづっと思ってきました。そんな思いを受け止めて下さった「ガーデン&ガーデン」
編集部の井上さんをはじめスタッフの皆様には、本当に心より感謝いたしております。
ボタンは、日本の風土と良く合い、育て安く、病気にもかかりにくいお花です。花期は、
強い雨と直射日光を嫌う為、私は木の下等、半日陰で育てています。(鉢植えにして移動
しても良いでしょう。)つまり、庭の中のバラでは育ちにくい所でボタンは育てられるのです。
なお且つ、そのボリュームと美しさで、メインのお花としての存在感と華やかさを充分に備えているのです。また、下草や背景、鉢等との組み合わせで洋風にも和風にも雰囲気を作り出せるお花だと思います。
ぜひ皆様のお庭にもボタンを植えて、新しいお庭の表情作りに活用して頂きたいと思います。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-07-23 12:17 | 本のご紹介

この会は、息子達が通う学園のバラとお茶やお菓子が大好きなお母様達(高1)が
中心になり作られた会です。幼稚園や小学校からずっとごいっしょに子ども達の
成長を応援し合い見守ってきました。気がつけばもう子ども達は高校生、子ども達も
わたし達もますます充実した美しい日々を送っていくことができますように。
d0099791_23311923.jpg

外は台風接近で、じめじめしたお天気。アナベルやアガパンサスで爽やかさを演出。
d0099791_23313822.jpg

お菓子作りのプロSさんのケーキ。
d0099791_23315755.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-07-15 09:35 | バラの会

Salon de Rosesでは、「バラの庭でお茶を」をコンセプトに、季節ごとのバラの育て方や
管理の方法と共に、紅茶やお菓子の作り方も含めたレクチャーをご用意致しております。
秋のレクチャー
「秋にもバラを咲かせるために」
内容:*秋に咲くバラについて *秋の剪定方法 *施肥の仕方(講師:元木はるみ)
    *ホームメイドのバラのクッキーの作り方、他(講師:宮本圭子)
    *ティータイム
日時:9月18日(火)、13:30~15:30
費用:3800円(材料費、ティータイム他込み)
お申し込み、お問い合わせ:
メールアドレス:salonderoses2@excite.co.jp まで.
d0099791_23351782.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2007-07-06 18:03 | 講座&イベント&ツアーのご案内

嬉しいお便り

松本市在住の井口美津子さんから、嬉しいお便りが届きました。井口さんは、2002年より
庭園への入場料の収益金を福祉団体等に寄付するガーデン・オープン・チャリティーを
続けてこられた方、その活動が、信濃毎日新聞「週刊まつもと」2007・6・1VOL.943号に
紹介されました。紙面の表紙を飾る井口さんのお顔は、いきいきと輝いて、とってもいい
お顔をされていらっしゃいます。また、「信州で楽しむナチュラルガーデニング」(信濃毎日
新聞社)というご本の中でも、P20~P22まで、美しいご自宅の広大なお庭のご様子が
紹介されています。井口さんの活動やお庭への想いに大変感動いたしました。
井口さんのお庭は、「ガーデンはんの木」と名づけられ、お庭の傍らに「ギャラリー風雅」が
完成し、収集された絵画やお知り合いの作家さん達の作品展{2007年7月5日~23日
(11:00~19:00)}が開催されるそうです。
d0099791_239723.jpg

連絡先:ギャラリー風雅・ガーデンはんの木 井口美津子さん
     Tel:0263-25-8544
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-27 18:21 | 本のご紹介

Tea教室のイベントへ

スコットランドの料理研究家アン・スカジェル先生の英国菓子講座に参加し、
ディプロマを頂きました。
d0099791_23411552.jpg

むかし、材料を量る時に使われていた秤だそうです。
d0099791_23414699.jpg
d0099791_23421390.jpg
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-27 17:15 | Tea&Sweets

ビワ

今年もビワの実が、たくさん生りました。
二本あるビワの木ですが、どちらも私が嫁いでくる前から植えられていて、
主人が子どもの頃にも、毎年この季節を楽しみにしていたとのことです。
植えてくれたのは主人のおじいさんでしょうか?それとも、ひいおじいさんでしょうか?
おかげ様で、息子達もお腹いっぱいビワを口に出来ました。
親戚やご近所にもお分けし、喜んで頂くことが出来ました。
恵みに感謝。
d0099791_2346763.jpg

先日のハーブのレクチャーで、ウェルカムティーとしてお出しした、ビワのアイスティー。
大変、ご好評頂きました。
d0099791_23462310.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-19 10:13 | 季節の花々&実り

赤みを帯びたブロンズ色の茎と繊細なオレンジ色の花との色合いが絶妙にマッチして
このバラ全体の雰囲気を上品に印象づけている様に感じられるイングリッシュローズの
「レディ・エマ・ハミルトン」。
d0099791_10305214.jpg

昨年smomoさんのお庭に伺った時に、大きく枝を伸ばし、たくさんのかわいいお花を
付けて迎えてくれたランブラー(ハイブリット・セティゲラ)の「ボルティモア・ベル」。
ピンクの蕾が開くとフワフワの薄ピンク~白色の花に。遅咲きの本当にかわいい子。
d0099791_1031857.jpg

深いカップ咲きで、花色の濃淡がステキなフランス・デルバールの「シャンテ・ロゼ・ミサト」
d0099791_10312286.jpg


メールアドレス  salonderoses2@.excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-15 00:56 | バラ&ハーブ

6月11日(月)13:30~15:30に永田ヒロ子先生のレクチャー「もっと暮らしにハーブを」が
当Salon de Rosesでありました。今回のレクチャーは、ポプリの作り方やポプリの歴史に
ついて等を教えて頂き、バラのポプリを各人お作りになり、お持ち帰りになられました。
皆様同じ分量を計って作ったポプリでも、おひとりおひとりのさじ加減や混ぜ加減で
少しづつ香りが違い、個性が出ることを、改めて知ることが出来ました。
d0099791_10352647.jpg

この日のティータイムは、宮本圭子先生のホームメイドスタイルのオレンジの
パウンドケーキと私の作りました庭で生った夏みかんのゼリーでした。
d0099791_10354392.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-13 12:31 | 講座&イベント&ツアーのご報告

もう、植えるところが無いから・・・といいつつ、毎年増やしてしまうバラ・・・
昨年、私の庭に新しく仲間入りし,この春美しく咲いてくれたバラ達をご紹介いたします。
ずっと気になっていましたが、なかなか苗と出会えづにいた「アデレード・オルレアン」
モティスフォント・アビーのアーチに咲くこの花を見て、絶対に入手することを決意。
細く長いステムの先にたくさん花を咲かせます。
d0099791_10411260.jpg

おととし、ミィさんのお庭で見せて頂き、ずっと捜していたギヨーの「エリアーヌ・ジレ」、
思った以上にしっかりした株立ち。今年は入手し易くなりました。
d0099791_10412943.jpg

そして、昨年、イギリスのデビッド・オースティンのナーサリーで、はじめて出会い
その美しさに時間を過つのも忘れて見入ってしまった思い出のバラ、フロリバンダの
「バーガンディ・アイスバーグ」。
d0099791_10414460.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-09 11:48 | バラ&ハーブ

Salon de Rosesでは、「バラの庭でお茶を」をコンセプトに季節に合わせた
バラの育て方や紅茶、お菓子、ハーブのレクチャーを行っております。
6月4日(月)13:30~15:30、Salon de Rosesにて、洋菓子教室
Salon de Marie主宰、横井満里代先生の「おいしいスコーンの作り方」の
レクチャーがありました。
先生のさすがのプロの手際良さに思わず見入ってしまいました。
焼きたてのスコーンにクローテェッドクリームとジャムを添えて・・・
d0099791_1046850.jpg

先生がセッティングされたステキなアフタヌーンティーのテーブルセッティング。
スコーンの他に、先生お手製のクリームチーズケーキ(さくらんぼソース添え)を
いただきました。また、ケーキに合わせて、さくらんぼのフレイバードティーも
大変美味しくいただきました。
d0099791_10462311.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-07 13:42 | 講座&イベント&ツアーのご報告

5月28日(月)13:30~15:30Salon de Rosesにて、私の「バラの庭でお茶を」の
レクチャーがありました。内容は、この時期のバラの管理の方法とティータイムでした。
皆様、熱心に聞いてくださり、ティータイムではいろいろなご質問にお答えしながら、
皆様と情報交換できて、私もとても楽しかったです。
バラのロールケーキ
d0099791_10521018.jpg

バラのクッキー
d0099791_10522624.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-07 13:00 | 講座&イベント&ツアーのご報告

草ぶえの丘 バラ園へ

千葉県佐倉市にある、佐倉草ぶえの丘バラ園に行ってきました。
NPO法人バラ文化研究所が運営・管理を行っているこのバラ園には、「日本のバラの父」
故鈴木省三氏作出の品種を集めたコーナーや世界の原種コーナー、歴史コーナー、
香りのコーナー、オールドローズガーデン等、世界バラ会連合保存委員会に登録された
貴重な品種が植栽されています。以前、アルバには何度か伺ったことがありましたが、
こちらに移られてからは、はじめて伺いました。貴重なバラの数々、大変勉強になりました。
d0099791_10565825.jpg

赤い蕾の「クイーン・オブ・ザ・ムスク」
d0099791_10571585.jpg

イングリッシュローズのミルラ香の起源とされるハイブリッドアルベンシスの「スプレンデンス」
d0099791_10573539.jpg

ご説明頂いた野村和子先生、高木絢子先生、ありがとうございました。
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-06-07 12:38 | ガーデン散策

バラの庭でお茶を

先週は、二日間のオープンガーデンに続き、SEIBUドーム、高木先生のお宅訪問と
バラいっぱいの日々でした。今週もバラで楽しみなことがたくさん待っています。
今日は、バラのロールケーキとバラのゼリーを作って、庭でお茶を楽しみました。
d0099791_1141939.jpg

5月28日(月)の私のレクチャー「バラの庭でお茶を」は、お陰さまで定員となりました。
ありがとうございます。翌日29日(火)13:30~15:30に、もう一度「バラの庭で
お茶を2」のレクチャーをSalon de Rosesにて、させて頂くことが決まりました。
内容は、花後の剪定と大苗の庭への植えつけ方、挿し木の方法です。
費用:3800円(材料費、バラのケーキとクッキー、紅茶込み)
お問い合わせ、お申し込みは、SUNNY DAYST:044-932-0916まで。
d0099791_11444100.jpg

RHSJ(英国王立園芸協会日本支部)の会報紙2007.5月号のP18の本の紹介の
コーナーに私の「バラいっぱい きれいなローズガーデン」(成美堂出版)が紹介されました。
d0099791_115169.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2007-05-20 22:15 | 講座&イベント&ツアーのご案内