タグ:バラとハーブの庭 ( 222 ) タグの人気記事

今年の春のバラの1番花も終わり、そろそろ2番花が咲き始める頃
となりましたが、1番花の時期を振り返ってみたいと思います。

約1週間昨年より遅れて咲き出し、
満開になるのも約1週間ずれました。

満開の「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」


d0099791_12181959.jpg



d0099791_12225763.jpg




d0099791_12265640.jpg

満開の間、30℃を超える日を含めて夏日が続きました。



遅咲きの「ラブリー・メイアン」

d0099791_12390365.jpg




毎年咲いてくれるバラでも
毎年表情が違い、一期一会のバラたちです。



来年はどんな表情を見せてくれるでしょうか・・・


d0099791_12423028.jpg





d0099791_12490679.jpg





メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら




[PR]
by salonderoses2 | 2017-06-10 12:45 | バラ&ハーブ

モイスドポプリ作り

庭のハーブと、少しづつ咲き始めたバラの2番花で
今年もモイスドポプリを作りました。
d0099791_0323278.jpg

カモミール、ブラックペパーミント、パイナップルミント、
レモンバーム、ラヴェンダー、香りのバラたち、
フレッシュなうちにすぐに調達できるよう、
全て庭に植えてあります。
d0099791_0383219.jpg

モイスドポプリ作りは、作っている時から、香りや彩を
楽しむことで、それぞれの植物たちが持っているパワー
(効能)を感じ取ることが出来るのが嬉しいです。
急がずゆったりとした気持ちで作っていきます。
d0099791_0494599.jpg

天然の自然の香りを詰め込んで
d0099791_0514135.jpg

作っている間、植物たちの香りと美しさに
何度感動したことでしょう
d0099791_132540.jpg

一番上に飾り付けをして完成です。
d0099791_1609.jpg


蓋をしてこのまま約1か月間熟成させると
更に香りに奥深さが加わります。
d0099791_175810.jpg


次回の下記カルチャースクールでは、
各自、モイスドポプリ作りを実際に体験して頂きます。
また、バラやハーブの効能についても、
詳しくご紹介させて頂きます。

産経学園新百合ヶ丘教室
「素敵にローズライフ」 ご参加者様募集
日時:6月14日(火)、10:30~12:00
詳細はこちら




メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-09 08:24 | バラ&ハーブ

梅の収穫と利用

今年も梅雨に入り、庭の梅も収穫の時期を迎えました。
毎年、我が家では、梅のシロップとジャムを作って、
うっとうしい季節を乗り越えられるよう準備をしています。
今年の梅は、いたみも少なく良い実がなりました。
d0099791_1116143.jpg

いつも炊飯器でローズシロップを作ります。
ヘタを取り、数か所フォークやナイフで実に穴を開け、お砂糖と水と
炊飯器に入れ、保温のスイッチを押し、12時間以上待つだけです。
d0099791_11184544.jpg

12時間後には、ローズシロップが出来上がっています。
d0099791_11274884.jpg

そして、ザルに上げた梅の実は、冷ましてから種を取り除き、
鍋に移して煮詰め、甘味を整えれば梅ジャムも完成します。
d0099791_11282188.jpg

たくさん出来た時は、冷凍保存し、夏バテの時期にまた
頂きたいと思います。
d0099791_1130303.jpg

今朝は、早速、自然の恵みに感謝しながら、シロップは炭酸で割って、
ジャムはヨーグルトにかけて頂きました。
d0099791_113776.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-06-14 11:40 | 季節の花々&実り

バラの様々な最新情報を発信されている(株)産経デジタル
New Roses Webにて、この時期に作っておきたい
「トウガラシエキス」の作り方がアップされました。
ぜひ、こちらをご覧下さい。
d0099791_17271162.jpg

この時期、スーパー等の店頭に、梅酒作り用に焼酎(リカー)が
たくさん販売されるようになったことと思います。
また、春に根を抜いたはずのドクダミも、残っていたのか
葉を茂らせています。
「トウガラシエキス」作りの材料が揃いやすいこの時期に、
私は毎年2リットルのペットボトル1本分のトウガラシエキスを
作って、水で薄めながらバラの病害虫予防に役立てています。

拙著「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」
(JAグループ家の光協会)
Amazonはこちら
上記の「トウガラシエキス」についてもご紹介させて頂いております。
d0099791_0395542.jpg


メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-06-09 17:42 | メディア

今年も、2003年より、細々と続けて参りました「バラの季節の
ガーデン・ティーパーティー」、おかげ様で、無事全て終えることが出来、
ご参加下さいました皆様、お世話になりました皆様には、
心より感謝申し上げます。
今年は、特に洋菓子教室サロン・ド・マリーの横井満里代先生との
コラボパーティーが10周年を迎え、また、デザインチーム・リビウさんとの
コラボパーティーも3周年目を迎える等、継続することの大切さを
強く感じる年となりました。
また、新たに日本ローズライフコーディネーター協会主催の会も加わり、
バラをこよなく愛する方たちにお集まり頂く機会に恵まれました。
ローズライフコーディネーターさんのお手伝いも大変有難く
とても助かりました。
d0099791_1271618.jpg

今年も、ガーデン・ティーパーティーご参加費の一部を、
チャリティーに充てさせて頂きました。
今年は、現地時間4月25日に起きたネパール大地震
災害義援金として、日本ユニセフ協会へ計46000円を
寄付させて頂きました。
d0099791_129731.jpg

地震大国の日本、またいつ大地震がくるかもわかりません。
備えは忘れずにしておきましょう。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-06-04 12:14 | 講座&イベント&ツアーのご報告

気温が高過ぎる5月が終わって、今日から6月に入りました。
バラの花殻摘みに追われ、少しこの時期、お疲れが出る方も
多いかと思います。
休養を取りながら、また2番花の開花を楽しみに
待ちましょう。
皆様、お身体をどうぞご自愛下さいませ。

「ウィンチェスター・カセドラル」
d0099791_10481734.jpg

昨年秋、新しく購入した「ストーリー・ライター」
d0099791_10503825.jpg

「ジェームズ・ギャルウェイ」とアプリコットのジギタリス
d0099791_105425100.jpg

今年は、本当によく咲いてくれた「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」
d0099791_10552367.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excitee.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-06-01 10:55 | バラ&ハーブ

今年は気温の高い日が続き、バラの開花も早く、皆様お忙しい
バラの季節をお迎えのことと存じます。

さて、来週は、私の自宅Salon de Rosesにて
下記の通り、ガーデンパーティーがございます。
ご参加下さいます皆様、どうぞ日時等、お間違えのないよう、
ご確認お願い申し上げます。

*5月11日(月) 14:00~16:00「ガーデンパーティー&準備と設えのポイント」
  日本ローズライフコーディネーター協会主催

*5月12日(火) 14:00~16:00「ガーデンパーティー&準備と設えのポイント」
  日本ローズライフコーディネーター協会主催

*5月13日(水)午前の部11:00~12:30、午後の部13:30~15:00
「10周年コラボ記念・バラのお庭でガーデンパーティー」
  Salon de Marie & Salon de Roses 共催

*5月14日(木)午前の部11:00~12:30、午後の部13:30~15:00
 「バラの園遊会~バラの季節のガーデンティーパーティー」
  Design Team Liveu 主催

*5月15日(金)午前の部11:00~12:30、午後の部13:30~15:00
  「10周年コラボ記念・バラのお庭でガーデンパーティー」
  Salon de Marie & Salon de Roses 共催

電車でいらっしゃる皆様へ、最寄駅の小田急線「向ヶ丘遊園」駅は
急行と各駅は停車致しますが、快速急行と多摩急行は停車致しませんので、
どうぞご注意くださいませ。

雨天決行ですが、その場合は室内での開催となります。

晴天の日は、日傘やお帽子、虫避けスプレー等、ご準備を
お願い致します。

では、皆様のお越しを心より楽しみにお待ち申し上げます。

現在の庭の様子
「ナニワイバラ」が満開に。
d0099791_328098.jpg

d0099791_328204.jpg

「クレパスキュール」が満開に。
d0099791_329293.jpg

d0099791_3293569.jpg

d0099791_330696.jpg

「ピエール・ド・ロンサール」も開花し始めました。
d0099791_3311623.jpg

「ザ・ダークレディ」「も開花し始めました。
d0099791_3325877.jpg

クリーム色~アプリコット色のコーナー
d0099791_333519.jpg

「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」はまだ蕾です。
d0099791_3352522.jpg

ですが、日当たりの良い1F屋根の上のベッド仕立てになった
「フランソワーズ・ジュランヴィル」と「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」は
咲き始めていました。
d0099791_102351.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-05-09 03:38 | 講座&イベント&ツアーのご案内

バラのベッド仕立て

一雨ごとに、バラの新緑も濃くなり、小さな蕾も見えてきました。
1F屋根の上に、ベッド仕立てに誘引した「フランソワーズ・ジュランヴィル」も
揃って蕾を見せてくれています。
d0099791_13405056.jpg

ベッド仕立ては、太陽の陽が、新芽にまんべんなく当たるので、
蕾もたくさん上がります。ただ、スペースを要するので、
うちでは、自然に見える1F屋根の上に誘引しました。
お日様に当たって、気持ち良さそうです。

桜のように、上から枝垂れるよう誘引した「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」
d0099791_13471076.jpg


現在満開中の「姫リンゴ」の花。
d0099791_1348377.jpg


牡丹もいよいよ、もみ出し(色が見え)てきました。
あと少しで年に一度の牡丹の季節となります。
d0099791_1354477.jpg

今年の花のリレーも順々に進行つつあるようですね。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-04-13 14:03 | バラ&ハーブ

5月にバラが咲き始めると、それまでにバラを育ててきた苦労も忘れ、
心は嬉しさでいっぱいになり、時間の許す限り、バラを愛でていたく
なります。そして愛でるだけでなく、お茶にしたりお菓子に利用したり
毎年、様々にバラを暮らしに活用し楽しんでおります。
ピンク色のローズティー
d0099791_0101327.jpg

花弁入りのローズクッキー
d0099791_23553952.jpg

バラを暮らしの中で活用する時、特に飲食等で使用する場合、
気を付けなくてはいけないのが、無~低農薬で育てて、飲食等に向く
育て方をしておかなければいけないことです。
d0099791_0628.jpg

見せる為だけのバラ育てではなく、暮らしの中のバラをどう育てていけば
良いのか、ご興味のおありになられる方はぜひ、各カルチャースクールの
私の講座にご参加下さいませ。
バラ初心者の方から、ベテランの方までご参加をお待ち申し上げます。
バラのある心豊かな暮らしをご一緒に楽しみましょう♪
d0099791_052231.jpg

講座の詳細はこちらをご覧下さい。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-03-27 00:12 | バラ&ハーブ

春本番・現在の庭

バラの新芽の美しい春本番の季節となりました。
d0099791_9585482.jpg

降るように咲かせたい「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」
d0099791_9593189.jpg

日陰のバラたちも芽吹いてきました。
d0099791_10147.jpg

眩いバラの新緑。
d0099791_102037.jpg

赤い新葉もこの時期とても美しいですね。
d0099791_1032949.jpg

元気の無い株の奥に埋っていた大きな石たち。
うちは、地植えにする時は、スコップが入っていかないくらい
石や昔の瓦等が埋まっているため、ひとつひとつ植える度に
用土を入れ替えながらバラを植えてきましたが、
奥の方で取り出せていなかったようです。
d0099791_1095860.jpg

出てきた石は、庭で使用しています。
d0099791_101117100.jpg

バラを育てて25年くらいになりますが、ほとんどがこのような
地味な作業の繰り返しです。
ですが、元気で美しい新緑を見せてくれたり、これから蕾も見せてくれたり、
こちらの愛情に応えるかのように花開いてくれる姿を見せてくれるバラたちに
こちらも元気と幸せをもらっているのです。
d0099791_10242573.jpg

ハーブも元気に芽吹いてきました。
d0099791_10254572.jpg

各カルチャースクール第1回目の講座は、ハーブを利用した
バラの無~減農薬栽培に欠かせない「バラのコンパニオンプランツ
についてと春にバラがたくさん綺麗に咲く為に」です。
各カルチャースクールのご案内はこちらをご覧下さい。

現在の庭の花々を集めて。
d0099791_10343545.jpg


拙書「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」
(JAグループ家の光協会)
Amazonにて販売中です。
d0099791_10442584.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら
[PR]
by salonderoses2 | 2015-03-24 10:45 | バラ&ハーブ