明日から2日間、いよいよ「滋賀県秋薔薇見学会」バラツアーです。
ご参加の皆様、ご準備はもうお済みでいらっしゃいますか?
台風のこともあり、お天気のことがとても心配でしたが、
お天気予報では、2日間晴天~曇りのようで、ほっと致しました。
念の為、雨具のご用意はお忘れなく、お願い致します。
では、明日12:00に「大津」駅で
お待ち申し上げます。
どうぞお気をつけて、お越し下さいませ。


d0099791_22105546.jpg

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら

[PR]
by salonderoses2 | 2017-10-23 22:13 | 講座&イベント&ツアーのご案内

私が同行させて頂きます美しい滋賀県の4つのガーデン
(ローザンベリー多和田、ローズファーム・ケイジ、
ガーデンミュージアム比叡、びわ湖大津館イングリッシュガーデン)
を巡る「滋賀県秋バラ見学会」(NHK文化センター旅座企画)
おかげ様で催行が決定致しました。
お席のご用意が若干ございますので、
ご検討されていらっしゃいます方は、どうぞお早めに
下記ツアー会社までお申し込み下さい。

(株)日放ツーリスト TEL:03-3481-7666
           FAX:03-3481-7664

滋賀県秋バラ見学会
●日程:10月24日(火)~25日(水)(1泊2日)
●JR大津駅12:00集合、JR米原駅16:40解散
●宿泊ホテル:ベッセルイン滋賀守山駅前(今年8月に
 オープンしたばかりの真新しいホテルです。)
(基本お1人様シングル部屋利用、ツインルームへ変更も可。)
●お食事:24日(夕食)、25日(朝食と昼食)込み
●料金:お一人様59700円(シングルルーム利用)
 (ツインルーム利用は、お一人様250円引き。)
 NHK文化センター会員、非会員、同額。

ツアー内容:
滋賀県の魅力的な4つのガーデン(ガーデンミュージアム比叡、
びわ湖大津館イングリッシュガーデン、ローズファームケイジ、
ローザンベリー多和田) を最寄駅より専用バスにてご案内致します。
途中、水郷の街「近江八幡」に立ち寄り、
近江牛のランチをお召し上がり頂きます。

ローズファームケイジさんでは、現在、国内・外で人気のブランドローズ
「和ばら」作出者の國枝啓司さん、健一さん親子による
和ばらレクチャー付きです。和ばらの誕生秘話、香り、特徴等を
作出者ご本人から伺える貴重な機会です。
また、この秋公開予定の新農園をいち早く見学させて 頂ける他、
WABARA cafe'にて和ばらを使用したドリンクをお召し上がり頂きます。
美しいバラの花で溢れるバラ農園や、ガーデンにて、秋バラたちを
心ゆくまで 楽しみましょう。(和ばらの切り花のお土産付き)


d0099791_23395233.jpg

                ローズファームケイジさん作出の美しい和ばらたち


~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会
 

[PR]
by salonderoses2 | 2017-10-11 17:04 | 講座&イベント&ツアーのご案内

5月23日(火)、株式会社日放ツーリスト企画実施、
日本ローズライフコーディネーター協会企画の
バスツアー「春の薔薇庭園巡り~溢れる薔薇の花々と歴史~
「シャトー・カミヤ」でのランチ付き~が催行されました。

晴天にも恵まれ、満開の薔薇と歴史ある国重要文化財の建物を
見学させて頂くことが出来ました。
ご参加下さった皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

詳細は、日本ローズライフコーディネーター協会 公式ブログ に
アップさせて頂きました。
ぜひ、ご覧下さい。

d0099791_10491494.jpg
坂野さんのガーデンにて。


下記、カルチャースクールでは、ご参加者様を随時募集致しております。

NHK文化センター横浜ランドマーク教室「もっと素敵にバラのある暮らし」
産経学園新百合ヶ丘教室「素敵にローズライフ」





メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
 

[PR]
by salonderoses2 | 2017-05-25 10:53 | 講座&イベント&ツアーのご報告

いよいよ明日5月23日(火曜)は、春の薔薇庭園巡り
~溢れる薔薇の花々と歴史~「シャトー・カミヤ」でのランチ付き~
バスツアーです!
ご参加される皆様、ご準備のほど、どうぞよろしくお願い致します。

d0099791_21492096.jpg


新百合ヶ丘駅からご乗車される皆様は、
7時20分:小田急線・新百合ヶ丘駅 2F改札出てすぐのパン屋さん
「HOKUO」前にご集合下さい。

新宿駅からご乗車される皆様は、
8時40分:JR・新宿駅 西口 「新宿センタービル」前にご集合下さい。

私は、新百合ヶ丘から乗車致します。
時間厳守にて、ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

では、明日はご一緒に、春の薔薇を堪能致しましょう!



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp




[PR]
by salonderoses2 | 2017-05-22 21:55 | 講座&イベント&ツアーのご案内

今後の講座のご案内


春の薔薇庭園巡りバスツアー
催行決定!残席残り僅かとなりました。
ご検討されていらっしゃいます方は、お早めお申込み下さい。
(株・日放ツーリスト TEL 03-3481-7666
5月23日(火)

ツアー詳細は
こちらをご覧下さい。

1day外出講座「開港後の薔薇文化の歴史の手がかりを求めて~
横浜美術館・ファッションとアート麗しき東西交流」展見学会
(産経学園新百合ヶ丘教室 
TEL 044-965-0931
4月18日(火)
講座紹介は
こちらをご覧下さい。

モダンローズ誕生150周年記念~素敵にローズライフ」(全4回)
(産経学園新百合ヶ丘教室 TEL 044-965-0931
第1回:4月11日(火)10:30~12:00
内容「古書からひも解く明治時代の薔薇&季節毎の薔薇のお手入れ」
明治の薔薇人気を伝える貴重な古書「薔薇栽培新書」(明治35年発行)
からひも解きます。
第2回:5月9日(火)14:00~15:30
内容「薔薇のお茶会~ガーデンティーパーティー」講師宅
第3回:7月11日(火)10:30~12:00
内容「本草図譜の薔薇とボタニカルアート&季節毎の薔薇のお手入れ」
日本最古の植物図鑑「本草図譜」大正の復刻版と昭和の復刻版を
実際に見比べて頂けます。
諸外国のボタニカルアートとの違い等も探求致します。
第4回:9月12日(火)10:30~12:00
内容「現代のモダンローズ&季節毎の薔薇のお手入れ」
現代のモダンローズに焦点をあて、特徴や人気の理由を探求します。
講座詳細は
こちらをご覧下さい。


モダンローズ誕生150周年記念~もっと素敵にバラのある暮らし」(全5回)
(NHK文化センター横浜ランドマーク教室 TEL 045-224-1110
第1回:4月3日(月)13:30~15:00
内容「花開く明治時代の薔薇&季節毎の薔薇のお手入れ」
薔薇の歴史的古書等から明治時代に人気を博した薔薇についてひも解きます。
おかげ様で、第1回目の講座は終了致しました。
第2回:5月15日(月)13:30~15:00
内容「横浜山手の薔薇散策」外出
新しくリニューアルされた横浜山手のローズガーデンや洋館を薔薇を鑑賞しながら
散策します。
第3回:6月5日(月)13:30~15:00
内容「ファッションに取り入れられた薔薇&季節毎のお手入れ」
明治~大正にかけて西洋の薔薇が徐々に上流階級から庶民へと広まり、薔薇は身近で
人気なものへとなっていきました。日本や海外で、薔薇がどの様にファッションや
暮らしに取り入れられたかをご紹介します。
第4回:7月3日(月)13:30~15:00
内容「本草図譜の薔薇とボタニカルアート&季節毎の薔薇のお手入れ」
日本のボタニカルアートと云われる最初の植物図鑑「本草図譜」に描かれた
薔薇(復刻版)をご覧頂きながら、諸外国のボタニカルアートとの違いを
探求いたします。
第5回:8月7日(月)13:30~15:00
内容「現代のモダンローズ&季節毎のお手入れ」
現代のモダンローズに焦点をあて、特徴や人気の理由を探求します。
講座詳細は
こちらをご覧下さい。





メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP

[PR]
by salonderoses2 | 2017-03-24 00:02 | 講座&イベント&ツアーのご案内

*おかげ様で、こちらのツアーはご好評のもと
終了致しました。

ご案内させて頂いておりますバラツアー「秋バラ見学会
~専用バスで巡る平塚3庭園」、おかげ様で催行が決定致しました。
昨日ご案内させて頂いたばかりですが、有難いことに
すでに残席4席となりました。
お申込み頂きました皆様、誠にありがとうございました。
ご参加をご検討されていらっしゃいます方は、ぜひ、お早めに
(株)日放ツーリスト TEL:03-3481-7666 まで
ご連絡お願い致します。

実施日:2016年10月27日(木)
10:00 JR平塚駅集合~八幡山の洋館のバラ~ホテル・サンライフガーデン
にて和食のご昼食&庭園見学~花菜ガーデン
16:00頃 JR平塚駅にて解散
ご参加費:12500円(バス代、昼食代、入園料込み)
ツアーパンフレットは、日本ローズライフコーディネーター協会HP
イベント&ツアーのご案内
からご覧頂けます。
d0099791_20422044.jpg

私も、皆様との秋バラ見学会、今からとても楽しみに致しております。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/
[PR]
by salonderoses2 | 2016-09-14 20:48 | 講座&イベント&ツアーのご案内

*おかげ様で、こちらのツアーはご好評のもと
終了致しました。

夏も終わり、少しづつ秋らしくなって参りました。
来月は、また楽しみな秋バラのシーズンがやってきます。
爽やかな秋の1日、絶妙な色合いで可憐に花開く秋バラを
ご一緒に見に出かけましょう。

秋バラ見学会~専用バスで巡る平塚3庭園
(企画・実施:株式会社日放ツーリスト、
企画:日本ローズライフコーディネーター協会)
ご参加者様募集が始まりました。
皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。
d0099791_013742.jpg

実施日:2016年10月27日(木)
10:00 JR平塚駅集合。
専用バスにて、八幡山の洋館のバラ~
ホテル・サンライフガーデンにて和食のランチ&庭園見学
~花菜ガーデン を巡ります。
16:00頃 JR平塚駅にて解散。
旅行代金:12500円(バス代、昼食代、入園料込み)
申込み締切:10月5日(水) 定員となり次第、締切とさせて
頂きます。
お申込み・お問い合わせ:TEL 03-3481-7666
(株式会社日放ツーリストまで )
ツアーパンフレットは日本ローズライフコーディネーター協会HP
イベント&ツアーのご案内
をご覧下さいませ。

八幡山の洋館
d0099791_042716.jpg

ホテル・サンライフガーデン
d0099791_052169.jpg

花菜ガーデン
d0099791_01723100.jpg

花菜ガーデンでは、バラの苗が販売されていますので、
お買い物もお楽しみ頂けます。
d0099791_074474.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/
[PR]
by salonderoses2 | 2016-09-14 00:17 | 講座&イベント&ツアーのご案内

今回のツアー「珠玉のフランス・英国庭園巡り~バラと紅茶と
アンティークに出会う旅」もいよいよ最終の訪問地となりました。

「モティスフォント・アビー」は、ハンプシャー州ラムジーという場所にあり、
現在はナショナル・トラストが管理しています。
d0099791_12173425.jpg

むかしからマス釣り等が盛んな豊かな水脈を有するテスト川に面し、
「モティスフォント」とは、「泉の集まり」を意味する古い英語だそうです。
d0099791_942327.jpg

13世紀初頭、、当時の宗教的有力者のウィリアム・ブライワーによって、
聖アウグスティヌスの修道院の一つに属する カトリック修道士の為の
小修道院がここに創建されました。
d0099791_95570.jpg

1Fには、修道院跡がそのまま遺され、上階のモダン・クラシックな
内装とは全く雰囲気が異なる異空間が広がっていました。
d0099791_954725.jpg

このひとつの建物の中に、約800年の間、持ち主が入れ替わった
それぞれの時代の歴史を現在に伝えています。
d0099791_9225793.jpg

d0099791_9255515.jpg

d0099791_9233878.jpg

建物内は、主に1934年にこの地に移り住んだラッセル夫妻の家具や
調度品等が展示され、芸術家でありデザイナーであり、執筆家でもあった
妻のモード・ラッセルの美術品を多く鑑賞することが出来ました。

この地での庭園の発展については、大きく3つの時代に分けることが出来、
第1には、開耕され始めた13世紀の小修道院時代、第2に、モード・ラッセル
による1934年から始まった庭園造りで、彼女は主要な造園家に、彼女の
庭を設計するよう依頼しました。そして第3は、ノラ・リンジー、ジェフリー・
ジェリコー、グレアム・スチュワート・トーマスらの偉大な造園家による
庭園造りの時代です。
モード・ラッセルが造らせた「ライム・ウォーク」
d0099791_927587.jpg


バラの聖地とも謳われる「ザ・ローズ・ガーデン」は、このモティスフォント・
アビーの敷地内の壁で仕切られた一角に位置し、多くのバラ愛好家が
訪れています。
d0099791_920079.jpg

バラ園への入り口
d0099791_919311.jpg

最初に、ポール仕立てのイングリッシュローズ「ザ・ピルグリム」が
出迎えてくれます。
d0099791_92047100.jpg

以前より一回り小さくなった「ロウ・ブリッター」も健在でした。
d0099791_982038.jpg

このバラ園は、1955~1974年までナショナル・トラストのアドバイザー
でもあり、造園家、美術家、写真家、執筆家であったグラハム・トーマス氏が、
当時、現代バラの人気により、オールドローズの人気が下火となり、
所在不明となっていたオールドローズたちを調べ、各地から集めて
造られました。
d0099791_9291347.jpg

バラ園内には、グラハム・トーマス氏の名を冠したイングリッシュローズ
「グラハム・トーマス」が、至る所に植栽されています。
d0099791_9294135.jpg

「ローラ・ダヴォー」
d0099791_9324295.jpg

大株の「セリーズブーケ」
d0099791_12191073.jpg

やはり、この光景を一番に見たかった連なるアーチに咲く
「ブルーランブラー」と「アデレード・オルレアン」(奥)。
d0099791_95119100.jpg


これで、「2014年・珠玉のフランス~英国庭園巡り・バラと紅茶と
アンティークに出会う旅」のご報告の連載は最後となります。
ご覧頂き、ありがとうございました。
ご覧頂きましたように、ツアー中、全日が素晴らしい晴天に恵まれました。
今までも、私のツアーはお天気に恵まれておりましたが、今回も青空の下で
美しく咲くバラや訪問地を撮影することが出来、こうしてアップさせて頂けました
ことを大変嬉しく思います。
d0099791_17314359.jpg

そして、なによりも、ご参加頂きました皆様が良い方々ばかりで、
助けて頂きながら、楽しく無事、旅を終えることが出来ましたこと、
ご参加頂きました皆様、添乗員様、ツアー会社様には、改めまして
心より感謝申し上げます。

(番外編の「キューガーデンズ」も近いうちにアップさせて頂きます。)

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-08-08 10:39 | 2014・仏英庭園巡りのご報告

前回の2013年英国庭園巡りのご報告㉑では、
シシングハーストキャッスル&ガーデンの
有名なホワイトガーデンを掲載させて頂きましたが、
今回は、シシングハーストのホワイトガーデン以外の
ガーデンについてご報告させて頂きます。
写真は、ホワイトガーデンとは対照的な、赤やオレンジ、
イエローといったホットカラーの植栽が、見事にセンス良く
施された「コテージガーデン」です。
d0099791_23364226.jpg

日本では、敬遠されがちな強い色調のガーデンですが、
サウスコテージの外壁の色にマッチしたホットカラー
の植物たちは、生き生きと光を放ち、そこにいるだけで、
元気をもらえそうです。
d0099791_23382946.jpg

ジャーマンアイリスとオダマキ
d0099791_23395695.jpg

奥に見える赤いバラは、「ダスキーメイデン」(F)。
d0099791_23435637.jpg

この色調が、代わる代わる季節毎の
植物達によって保たれていると思うと、本当にカラースキームが
考え抜かれた、素晴らしい名園であると実感するのでした。
d0099791_23514867.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-10-29 11:00 | 2013・英国庭園巡りのご報告

フランス~英国庭園巡りのご報告⑦に続きまして、英国3日目は、
バイブリーを出発し、オックスフォード郊外、ウッドストックにある
世界遺産「ブレナムパレス」に向かいました。
こちらは、チャーチル元首相の生家であり、現在も第11代
モールバラ(マルボロ)侯爵の邸宅でもあります。
イングリッシュ・バロック様式の邸宅は、1705年から1722年
にかけて建設されました。
d0099791_21192391.jpg

庭園だけで250万坪という広大な敷地には、湖が有り、
ランドスケープガーデン、イタリアンガーデン、フォーマルガーデン、
ローズガーデン他があります。
ローズガーデンまでの散策。まるで森の中を散歩している様でした。
d0099791_21241112.jpg

ローズガーデン
d0099791_21245242.jpg

庭園に咲いていたエルダーフラワー。
イギリスでは、あちこちで自然に咲いている姿をよく見かけます。
d0099791_2125468.jpgブレナムパレスの中で頂いたランチの時に
エルダーフラワーのジュースを注文しました。
d0099791_2128414.jpg
d0099791_21304752.jpg


ブレナムパレスの城内も見学し、ランチを頂いた後は、
ロンドンの「クイーン・メアリー・ローズガーデン」へと向かいました。
d0099791_21333396.jpg

モダンローズの品種が多く植栽されているガーデンですが、
イングリッシュローズのコーナーもあります。↓
d0099791_21353024.jpg

ランブラーローズの「ボルティモア・ベルズ」
d0099791_2233779.jpg

そして、ロンドンの宿泊先「ホリディ・イン・ケンジントン・フォーラム」
へ向かいチェックイン後は、各自皆様で自由行動となりました。
翌日の滞在最終日も出発集合時間まで、自由行動をお楽しみ頂き
ました。
私は、ポンパドール夫人と、先日訪れたルーブルで観たもう1枚の
「岩窟の聖母」に会う為に「ザ・ナショナル・ギャラリー」へ行きました。
また、「ヴィクトリア&アルバート美術館」では、中国や日本から伝わった
初期のお茶道具や、訪れたバイブリーに住まいのあったアート&クラフト
運動の中心人物ウィリアム・モリスとその妻の作品等を鑑賞致しました。
「ヴィクトリア&アルバート美術館」の中庭。
d0099791_22154069.jpg

8日間の「フランス~英国庭園巡り」のご報告は、これにて終了ですが、
ご参加下さった皆様、企画して下さったNHK文化センターさん、
及び(株)日放ツーリストさんには、重ね重ね感謝申し上げます。
また、こちらのブログをご覧下さっていらっしゃる方々にも感謝致します。
いつかまた、この様なツアーの機会がございましたら、ぜひ、皆様の
ご参加を心よりお待ち申し上げます。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2011-08-07 22:35 | 2011・仏英庭園巡りのご報告