2013年・英国庭園巡りのご報告④~ベス・チャトー・ガーデンへ sanpo

振り返ってみますと、今回の英国庭園巡りでは、ご親切なドライバーさん
の計らい等にもより、なんと10ヵ所のガーデンと歴史ある美しい街や村々
(ラベナム、ケンブリッジ、コッツウォルズのブロードウェイ、
チッピングカムデン、ストラッドフォード・アポン・エイボン、
バートン・オンザ・ウォーター、アッパー・スローター、
バイブリー、バーフォード、ライ、ロンドン等)を訪ねることが出来ました。

最初に訪れたガーデンは、エセックス州、コルチェスターの
「ベス・チャトー・ガーデン」でした。
このガーデンのある土地は、降雨量が少なく、植物が育たないと
言われた不毛の土地でしたが、ベスさんが植物の性質を徹底的に研究し、
適材、適所に植栽したことから、見事な素晴らしいガーデンが
出来上がりました。
d0099791_0341875.jpg

まずは、ウォーター・ガーデンへ。
d0099791_0361131.jpg

d0099791_0413131.jpg

優しい光の中で、小鳥のさえずりが響き渡り、とても爽やかな
空気を感じることが出来ました。
d0099791_0364620.jpg

d0099791_0453983.jpg

満開の美しいバラに出会うことが出来ました。
「ロサ・スピノシシマ・ダブル・ホワイト」、
別名「ロサ・ピンピネリアフォリア ダブル・ホワイト」、 
「バーネット・ダブル・ホワイト」(H.Spn)
d0099791_0544458.jpg


そしてこちらは、乾燥に強い植物を集めて植栽されている
グラベル・ガーデン。砂利や小石が敷き詰められ、植物の用土
にもそれらが混ぜ込まれています。
d0099791_13556.jpg

d0099791_143524.jpg

ジャーマンアイリスやオリエンタルポピー他。
d0099791_155734.jpg

d0099791_162536.jpg

昼食は、こちらのガーデンのティーハウスで軽めに頂くことに
致しました。
d0099791_1132632.jpg

私はスコーンとティーのセットを注文致しました。
皆さんも、スープやスコーンをお召し上がりのご様子でした。
d0099791_112045.jpg

ティーハウスの裏には、苗売り場もあり、買って行きたい植物が
たくさん販売されていました。
d0099791_1155319.jpg

d0099791_1161415.jpg

植物の本来の力を引き出す為には、植物の特性をよく理解しなければ
いけない、ということを改めて感じることが出来ました。
d0099791_136333.jpg
「ロサ・スピノシシマ・フォークランド」
(H.Spn) →
スピノシシマ系は、、
スコッツローズと呼ばれ、
ロサ・スピノシシマは、
スコットランド等の海岸に
多く自生しています。

ですから、こちらグラベル・
ガーデンに植えられて
いる訳ですね。

そして、スピノシシマ系は、
日本の関東や南部等の
高温地では育ちにくいようです。
以前それは、身をもって
体験しております。

次回へ続く・・・

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-07-05 02:03 | 2013・英国庭園巡りのご報告