秋の牡丹のお手入れ

この時期は、バラと共に牡丹のお手入れも大切な時期です。
葉切りといって、現在、牡丹の枯れた様な葉を、葉の根元を少し
残して鋏でカットします。そして、株を整え、根元に肥料を
撒いておきます。
葉切りの際、少し葉の根元を残すのは、翌年の開花時に、
大きな花を咲かせるためです。
d0099791_1243251.jpg

以下は、今年の4月下旬頃の庭の牡丹です。
「貴夫人」
d0099791_12461589.jpg

バラと混植しても、咲く時期が少しずれるので、どちらも
庭の主役のお花として、お互いを邪魔し合いません。
d0099791_12475533.jpg

「パープルエリナ」
d0099791_12481927.jpg

「鎌田錦」
d0099791_12494687.jpg

そして、こちらは、今年2013年の「BISESビズNo84号」にて、
「ビズ読者20人の傑作ガーデン集」に選ばれた時の写真です。
d0099791_139319.jpg

満開のコデマリの下で、牡丹の花を愛でながら、お茶を頂いた時の
写真を掲載して頂きました。(P13)
「コデマリの花が降るひとときの特等席」という、素敵なタイトルを
付けて下さいました。さすがビズですね・・。
また、来年も、この様にコデマリのたもとで、牡丹を愛でながら、
ゆっくりお茶を楽しむことが出来るよう、現在のお手入れを
がんばろうという気持ちになりました。
d0099791_13205328.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2013-09-21 13:21 | 牡丹