東京の文化財庭園「小石川後楽園」~「東京大神宮」へ

爽やかな秋晴れの祭日、主人と東京(飯田橋)の文化財庭園
「小石川後楽園」へ季節の花「彼岸花」を観に行ってきました。
こちらは、国の特別史跡、及び特別名勝の指定となっており、
このように、二重の指定を受けている庭園は、国内では、
「浜離宮恩賜庭園」と京都の「金閣寺」、そしてこちらの3庭園のみ
だそうです。
d0099791_23183345.jpg

こちらは、江戸時代初期(1629年)に、水戸徳川家の中屋敷として
造られ、水戸黄門で有名な水戸光圀が完成させた庭園です。
庭園の様式は、回遊式築山泉水庭園で、中国(明)の遺臣、
朱瞬水の意見を取り入れた中国趣味のある庭園となっています。
震災や戦争で屋敷は消滅しましたが、江戸の歴史を現代に伝える
重要な場であり、現代人を癒す緑豊かな都会のオアシスともなっています。

こちらは、奥の「内庭」。
d0099791_23434144.jpg

ちょうど睡蓮の花が咲いていました。
d0099791_1361385.jpg

美しい松の枝ぶりに見とれてしまいました。
d0099791_23463559.jpg

外国人の姿も多く、腰掛けてゆったりと鑑賞されている様子でした。

意匠をこらした「東門」
d0099791_23484024.jpg


お目当ての「彼岸花」も、ちょうど見頃でした。
実は、今まで彼岸花の朱色の赤花より白花の方が好きでした。
朱色系は、周囲の花との相性が難しい、自己主張が強過ぎる等
固定観念があったからです。しかし、こちらで観た朱色の彼岸花は、
こちらの庭園にとても良くマッチし、とても美しいと思えました。
d0099791_23515555.jpg

d0099791_23524623.jpg

d0099791_23531944.jpg

d0099791_03285.jpg

彼岸花から、昨年観た京都の「伏見稲荷」の鳥居の朱色を連想し、
朱色が魔力や災厄を防ぐ色であると考えられてきたことを
思い出しました。
先日、世界の観光地で世界一に選ばれた京都、その京都の中で
一番人気の「伏見稲荷」、外国人に理由を聞くと、一応にして
「幾重にも連なった朱色の鳥居のインパクト」とのことだそうです。
つまり朱色は、日本の色として世界に映っているのです。
と、いろいろなことを考えながら、彼岸花を鑑賞しておりました。

朱瞬水の設計と言われる「円月橋」。
d0099791_04914.jpg

日本各地の大名庭園に影響を与えたという、
中国の西湖の堤に似せて造った「西湖の堤」。
d0099791_0464675.jpg

その先にある朱塗りの「通天橋」。
d0099791_0511080.jpg

中央の池「大泉水」には、こんな姿も。
d0099791_0512086.jpg

d0099791_052741.jpg


庭園入口近くにある「涵徳亭」。
d0099791_103050.jpg

そちらで、昼食を頂きました。
d0099791_112258.jpg

d0099791_115338.jpg

「涵徳亭」は、イベント等で使用出来ない時もあるそうですので、
こちらで確認されると良いようです。
d0099791_14341.jpg


また、「小石川後楽園」から徒歩約10分ほどの「東京大神宮」へも
お参りに行きました。
d0099791_1825100.jpg

こちらは、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建され、
関東大震災後の昭和3年に現在地(飯田橋)に移建されたそうです。

御祭神
・天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
伊勢神宮の内宮の御祭神。国民全ての祖神
・豊受大神(とようけのおおかみ)
伊勢神宮の外宮の御祭神。農業、諸産業、衣食住の守護神
【造化の三神】
・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
・高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
・神産巣日神(かみむすびのかみ)
・倭比賣命(やまとひめのみこと)
天照皇大神に仕え、その御心を人々に伝えた天照皇大神の御杖代

特に縁結びを祈願する若い女性の間で人気の神宮のようです。
d0099791_1231554.jpg

神社仏閣を巡りながら、「御朱印帳」に「御朱印」を集めていく
「御朱印ガール」と呼ばれる若い女性が多く見られました。
私も真似して「御朱印」を頂きました。記念の一つ目です。
d0099791_124360.jpg


この日は、彼岸花の朱に、朱瞬水に、御朱印と
なぜか「朱」に多く出会うことが出来た1日でした。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-09-26 01:38 | ガーデン散策