福島「双葉ばら園」について「NHKクローズアップ現代」で放映されました。

先日の7月22日、NHK1ch「クローズアップ現代」にて
「もう一度咲かせたい 福島のバラ」が放映されました。
詳細は こちら
2011年の東日本大震災時の福島原発事故により
閉園へと追い込まれた双葉町「双葉ばら園」の現実が紹介され、
かけがえのないものを失った方々の想いに、改めて
共感させて頂きながら、拝見致しました。

バラ愛好家の方でしたら、あの原発事故直後、「双葉ばら園」は
大丈夫なのか・・といった思いが頭をよぎったことと思います。
私も、以前訪れたことのあるあの美しいばら園が、
いったいどうなってしまうのか不安な気持ちでおりました・・・。
しかし現実は、その不安をはるかに超える悲しい結果と
なってしまったことを知った時のショックは今でもはっきりと
覚えております。

「双葉ばら園」は、美しいバラたち、特に希少なオールドローズが
大株に伸び伸びと咲き誇る、広大なバラ園で、個人の方(岡田氏)の
所有としては、国内最大規模のバラ園を誇っていました。
また、ちょうど2011年5月~6月に日本で開催される予定だった
「国際ヘリテージローズ会議」の海外からのバラ愛好家の訪問先にも
選ばれ、力の籠った準備が進行中であったと伺っておりました。
3月といえば、ちょうどバラの新芽も伸び始め、これからの期待に
一番胸躍る時期だったことと思います。
そんな時期に、バラたちから離れなくてはいけなかった岡田さんたちの
想いを考えると、本当にお辛い選択だったこととお察しいたします。

今回ようやく放映されたことを機に、社会全体がまた改めて
放射能やいろいろなことについて、よく考えていく機会になると
と、思いました。不条理にさらされてしまった双葉ばら園の
バラたちを思うと、可愛そうでなりません。

「双葉ばら園」の現実を世界に向けて訴える一冊の本
「The Rose Garden of Fukushima」
(世界文化社 Maya Moore著)
d0099791_14481251.jpg

美しかった頃のバラ園の様子と原発事故後の荒れ果てたバラ園の
様子、その差に胸が締め付けられる思いですが、
それが原発事故の現実なのです。
表紙の美しい雫のはずが、私には涙に見えてしまいます・・・。
こちらの本は、英語でまずアメリカで発売が決定しました。
現在では、日本国内でも購入可能です。
Amazonではこちらからお求め頂けます。

当ブログ関連記事:
http://roseherb.exblog.jp/20007221/
http://roseherb.exblog.jp/17844296/
http://roseherb.exblog.jp/17732635/
http://roseherb.exblog.jp/13620599/

また、私が以前連載をさせて頂いておりました季刊誌「花ぐらし」
(JAグループ家の光協会)の2011年春号でもP47に
「双葉ばら園」の紹介記事が掲載されておりました。
d0099791_14571163.jpg

d0099791_14582411.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-07-25 15:02 | メディア