「ローズライフなXmas2017」が盛況に開催されました。

12月8日(金)、クリスマスイベント「ローズライフなXmas
2017~薔薇と貴族の館のアンティーク&ランチ」が、
盛況のうちに開催されました。
ご参加下さいました皆様、ゲストのアンティークス・ヴィオレッタ代表
青山櫻先生、お手伝いをご担当頂いた皆様、誠にありがとうございました。

d0099791_12490276.jpg


実はこの日の朝、会場の横浜市イギリス館のある「元町中華街」へ
向かう、みなとみらい線が、約40分間停車してしまい、
私も「武蔵小杉駅」で、立ち往生してしまいました。
「どうしましょう・・」と途方に暮れておりました所、やっと
運転再開となり、夜中から準備しておりました庭のバラで作った
アレンジメントを抱えながら、満員電車でなんとか目的地まで
たどりつくことが出来ました。が、荷物運びを依頼した息子と
はぐれてしまったりと、波乱含みの朝となり、心配や不安で
いっぱいだったのですが、イギリス館へ到着し、会場に行ってみると
お手伝いさんたちの気転で、会場はすでに整えらえており、
本当に感動致しました。
そして、お客様方も全員が開始時間前にはご集合下さり、無事に、
予定通り、開始出来ましたこと、なんといったら良いか、言葉には
出来ないほど、感激致しました。

そして、ピアノ奏者の宇佐美元大さん、ヴァイオリン奏者の
末松薫さんによる演奏会がスタートし、素晴らしい音色が
イギリス館を包み込み、朝の忙しなさや不安を全て消し去り、
優雅な空間へと誘って下さいました。


d0099791_13141046.jpg

演奏曲
1・エルガー「愛の挨拶」
2.クライスラー「プレリュードとアレグロ」
3.エルガー「chanson de matin」
4.ドラマ「ダウントン・アビー」のテーマ曲「Did I make the most
  of loving you.」
5.映画「ミス・ポター」より「When you taught me how to dance.」  
6.グルッグ「メロディ」
7.クライスラー「中国の太鼓」
8.シューベルト「アヴェマリア」
アンコール  ドラマ「ダウントン・アビー」のテーマ曲「Did I make
the most of loving you.」

サプライズ曲は、ダウントン・アビーのテーマ曲と、ミス・ポターの
テーマ曲でした。
宇佐美さん、末松さん、素晴らしい演奏を、
本当にありがとうございました。


演奏会終了後は、ホールの後方のお部屋に移動して頂き、
Cha Tea紅茶教室さんのクリスマスティーと、
焼き菓子「フルーツケーキ」、「クロカント」
そして、「パート・ド・フリュイ」をお召し上がり頂きました。

d0099791_13353760.jpg


テーブル上のシルバー食器は、全てゲストの青山櫻先生が、
お持ち下さいました年代もののプレミアム・アンティーク
ばかりです。

d0099791_13372773.jpg


手前の花器は、19世紀半ばのイギリス製で、
ガーランドとリボンの意匠が施されたナポレオン3世様式の
ガラスの花器だそうで、足は羊の足となっていました。
その花器には、私の庭の薔薇「アプリコットネクター」(F)と
「クレパスキュール」(N)、ローズヒップ等のアレンジメントを
コーディネートさせて頂きました。

また、1800年~1850年のフランス製のピッチャー&受け皿には、
ちょうど今回のテーマのお話にも登場するハプスブルグ家の
マリア・テレジアの名を冠した薔薇「マリア・テレジア」(S)や
「コーネリア」(HMusk)、「ジェームズ・ギャルウェイ」(S)を
コーディネートさせて頂きました。

d0099791_13382833.jpg


貴重なプレミアム・アンティークに、薔薇をコーディネートさせて
頂けますことは、大変至福の思いです。
それに致しましても、素敵なアンティークに胸がときめいて
しまいました。

アンティークのご説明をされる青山櫻先生。

d0099791_14015480.jpg


私は、薔薇についてのお話や、ご参考までに、
薔薇をアンティークとコーディネートする際の
ポイント等をお話させて頂きました。


d0099791_14071483.jpg


ご参加者様もお写真をお撮りになって、
楽しんでいらっしゃるご様子でした。


d0099791_14162588.jpg


皆様には再びお席にお戻り頂き、青山櫻先生には
演奏会の曲目にもありました「ダウントンアビー」の実際の城
「ハイクレア城」のカナーボン伯爵家やハプスブルグ家末裔の
プリンセス・アニータの居城に行かれた際の
お話をお伺い致しました。

d0099791_14102424.jpg


以上で、午前の部(atイギリス館)は、一端終了し、
午後のランチ交流会は、イギリス館近くの
フレンチレストラン「エリゼ光」へ会場を移して
開催されました。

ランチ交流会の様子は、
続きをどうぞご覧下さい。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp






























[PR]
by salonderoses2 | 2017-12-10 14:33 | 講座&イベント&ツアーのご報告