産経学園新百合ヶ丘教室にて「フランスの薔薇と庭園」がありました。

産経学園新百合ヶ丘教室に於きまして、担当させて頂いております
定期講座「素敵にローズライフ」の第5回目がありました。

「フランスの薔薇と庭園」というテーマで、「薔薇の村ジェルブロア」、
「ジベルニーのモネの家」、「サンリスのシャーリー修道院の薔薇園」、
「ジョセフィーヌのマルメゾン城」、「ルドゥーテがデッサンに通った
パリ植物園」、「世界最古の薔薇園ライ・レ・ローズ」、「ブローニュの
森のバガテル公園」等について、たくさんの画像と共に、薔薇やその地に
纏わるストーリー、関わった人々について、ご紹介させて頂きました。

パリから北へ、車で約2時間半~3時間、ピカルディ地方の
小さな薔薇の村「ジェルブロア」

d0099791_09475329.jpg

仏英100年戦争の激戦地として、荒廃していた村を
薔薇の村に変えた画家アンリ・ル・シダネルが住居としていた
嘗て要塞であった場所に建つ修道院を改装した家の前の庭には
白い薔薇が植えられて。

d0099791_09483466.jpg

心和む静かで愛らしい村の散策中に出会った薔薇は
一生の思い出・・

d0099791_10215536.jpg

何気ない風景からも、薔薇の背景にある建物や窓、
レースのカーテン等から、この地の人々の
スピリッドやセンスが狭間見えるのです。

d0099791_10244876.jpg




画家クロード・モネが、大の日本びいきだったことを
予想以上に実感出来るジベルニーのモネの家と庭園。

d0099791_10341652.jpg

「睡蓮の池」

d0099791_10353701.jpg

描く為に造られた色とりどりの植物たちが饗宴する庭園。

d0099791_10414912.jpg




フランス革命で破壊された修道院の遺跡がのこる
シャーリー修道院の薔薇園。

d0099791_10560996.jpg

修道院の遺跡と、ネリー・ジャックマーリーが世界中から
収集した美術品を誇る美術館(奥)。

d0099791_10520938.jpg





ナポレオンの最初の妃ジョセフィーヌが晩年暮らした「マルメゾン城」。
嘗ては、260種の薔薇を栽培し、ルドゥーテが描いたことでも有名です。

d0099791_10575737.jpg




世界最古の薔薇園と云われる「ライ・レ・ローズ」

d0099791_11583306.jpg




ブローニュの森の中にある整形式薔薇庭園「バガテル」。

d0099791_12113574.jpg


フランスの薔薇の庭園は、時の権力者はもちろんのことですが、
芸術家や芸術を愛する人々との関わりが深いことが多く
薔薇のある庭園(風景)は、生きた芸術である、と改めて感じました。

画像を見ていると、また、あの風景の中に、
行ってみたいと思えてきました。


次回第5回目は、3月13日(火)10:30~12:00
テーマは、「日本の薔薇の庭園」です。

ご受講ご希望の方は、産経学園新百合ヶ丘教室「素敵にローズライフ」
までお願い致します。



メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会






[PR]
by salonderoses2 | 2018-03-05 12:19 | 講座&イベント&ツアーのご報告