「山梨の薔薇とイングリッシュガーデン巡り」へ行って参りました。

昨日(5月30日)は、日帰りバスツアー「山梨の薔薇と
イングリッシュガーデン巡り」へ行って参りました。
ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました。

d0099791_22105678.jpg

最初の訪問先である山梨県甲斐市の「キングスウェル」の
エントランスでは、満開の「ジェネラス・ガーデナー」(En.R)が、
出迎えてくれました。

d0099791_22152275.jpg

自宅のバラは、すでに散っておりますので、
また美しく咲いているバラたちに、
たくさん出会うことが出来、
とても嬉しく思いました。

こちらのメインガーデン「サンクンガーデン」。
周囲に香りのバラが植栽され、低くなっている部分に、
香りが集まるよう設計されています。
d0099791_22314601.jpg

他に、ガーデンルームで区切られたホワイトガーデン、
ロックガーデン、ヒーリングガーデン等
イングリッシュガーデンを散策致しました。

昼食を頂いたレストラン。
窓越しに見える外のバラの風景も素敵でした。

d0099791_23032247.jpg


前日、都内で会うことが出来ました「ゴールデン・セレブレーション」(En.R)に、
次の日も会うことが出来ました!

d0099791_23254095.jpg



d0099791_23064625.jpg


美しいバラたちと美味しいランチを堪能した後は、
次の訪問先へ向かいました。


ご自宅のお庭を「コテージガーデン」へ造り変えた
佐藤さんの「シンプリーガーデン」は、優しい花色に溢れていました。

d0099791_23575415.jpg


植栽されているプランツは、全て英国から輸入されたものだそうで、
おひとりで植栽された佐藤さんのお庭へのこだわりと
情熱が伝わって参りました。
ガーデンは、オーナーひとりひとりの想いが詰まっています。

お庭の中央には「ジューンベリー」の大木が枝を広げて。

d0099791_00023791.jpg


積まれたハニーストーンに、美しいプランツが映えて。
カラースキームが素晴らしいですね。

d0099791_00143375.jpg


そして、この繊細な色合わせに感動致しました。

d0099791_00172081.jpg


こちらでは、イギリスから取り寄せた珍しい苗の販売も
されています。
d0099791_00382041.jpg


こちらのワンちゃんは、なんて穏やかなのでしょう。

d0099791_13524894.jpg


期間限定の個人宅でのオープンガーデンは、
まさに貴重なひとときです。
佐藤さんの想いが詰まった美しいガーデンを拝見させて頂き、
本当にありがとうございました。

こちらが、ガーデンオーナーの佐藤春子さんです。

d0099791_13535091.jpg

キフツゲートのパーゴラ。
佐藤さんのお人柄が表れているような
優しい雰囲気のシーンです。

d0099791_13561858.jpg

今年は山梨もバラの開花が早かったそうで、例年なら
6月に満開になる「ポールズ・ヒマヤラン・ムスク」が
ちょうど満開でした。

d0099791_13585790.jpg



名残惜しい気持ちを胸に、次の訪問地個人邸の神谷邸へ
向かいました。

本日最後の訪問地は、昨年、ナショナルトラストサポート
センター理事・徳野先生にご紹介頂き、その美しさに
感動した神谷邸です。
こちらのガーデンは、イギリスに、ご夫妻でご旅行に行かれた際に、
感銘をお受けになられたイングリッシュガーデンを
お写真や洋書をご参考になさりながら、神谷さんご本人が
お作りになられていらっしゃるガーデンです。

ユピテルの噴水を囲むように、満開のバラたちが
咲き誇っていました。

d0099791_09300316.jpg


可愛くおめかししたフウタ君も、奥様に抱っこされて
出迎えて下さいました。

d0099791_09060722.jpg


広いガーデンへ続く、階段も素敵ですね。
この石畳も、神谷さんご自身で、
ダイヤモンドカッターで切り、施工されたものだそうです。
d0099791_09065863.jpg

オルレアが一面に咲いて、まるでコッツウォルズのワンシーンのようです。

d0099791_09083474.jpg



白いアイスバーグのスタンダードが美しく並んだ庭園。

d0099791_09014310.jpg


トピアリーやツゲが丁寧に刈り込まれていますが、
全てこちらも神谷さんが自らされていらっしゃるのです。

d0099791_09100921.jpg


ご自宅もチューダー様式で建てられ、
イギリスから取り寄せた建材やコンサバトリー、
そして、ライオンの石像と、何から何まで
こだわり抜いた本格的イングリッシュガーデンです。

d0099791_09125999.jpg



外壁の色にマッチした「ヘリテージローズ」(En.R)

d0099791_09194189.jpg


「メアリーローズ」(En.R)も、ちょうど満開でした。

d0099791_09210178.jpg


すっかりガーデンの美しさに魅了され、時間の経つのも
忘れそうになるほどでした。


d0099791_09403872.jpg



d0099791_09410986.jpg


ご参加された皆様からも、「本当に感動しました。」
というお言葉をたくさん頂きました。

「キングスウェル」、「シンプリーガーデン」、「神谷邸」と
どのお庭も、妥協を許さない信念とこだわりを強く感じました。
特に、個人邸であられる佐藤さんの「シンプリーガーデン」と
「神谷邸」は、たったおひとり、またはご夫妻で、
広大なお庭を作られていらっしゃるのです。
どれだけの労力とプランニングのお時間を割いていらっしゃることか
心より敬服せずにはいられませんでした。
これからも、どうかお身体をご自愛頂きながら、
ご自身の夢を貫かれますよう、心よりお祈り申し上げます。
本当に、この度は、お世話になりまして、
誠にありがとうございました。

そして、ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら










[PR]
by salonderoses2 | 2018-05-31 09:59 | 講座&イベント&ツアーのご報告