人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材

先日、横浜のアンティークショップ
アンティークス・ヴィオレッタさんでの
講座でもご紹介させて頂きましたこれから
冬に行うバラのお手入れで必要な
お薦め資材をこちらにまとめさせて頂きます。


用土
「特選有機バラの土」(花ごころ)

特に、初めてバラを植える方、
鉢植えでも、穴を掘った地植えでも
こちらの用土を使用すれば、
バランスよく配合された用土で
安心です。

バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_16145585.jpg


肥料
「バラの肥料」(花ごころ)

上記の「特選有機バラの土」
だけでも栄養分が入っていますが、
長尺苗やツルバラ等大きな株には、
こちらの肥料を足したり、
また、追肥の時にも撒くだけで
栄養補給が出来るので用意される
ことをお薦め致します。
特に、鉢植えは、水やりで栄養分が
流れてしまいますので、
追肥は大切です。


バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_16153132.jpg




バラの元肥用肥料
「特選有機濃いバラの肥料」
(花ごころ)

バラの苗の植え付け時の元肥用肥料として、
また、冬や夏の元肥用肥料として、
上記の「特選有機バラの土」を使用せず
施肥を行う場合等、堆肥と共に使用すると
バラの根張りが良くなり、株も元気に
生育します。
こちらは、元肥用の肥料ですので、
追肥は、上記の「バラの肥料」を
施します。



バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_16163230.jpg



バラの堆肥
「特選有機バラのたい肥」(花ごころ)

上記の元肥用肥料と共に、
苗の植え付け時や、冬、夏の元肥の時に
施します。
土がフカフカになり、バラの根張り、
生育が良くなります。



バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_16170443.jpg



活力液
「高濃度フルボ酸アタックT-1」
(花ごころ)

こちらは、特に固くなった地面に
散布すると、微生物の力で土が
フカフカになり、栄養分や水分が
根に届きやすくなります。
新しく地植えした場所等に施すと、
根張り、生育が良くなります。
こちらは、肥料ではありませんので、
上記の堆肥や肥料を施して下さい。

私の新しい庭では、引っ越して来た時、
どこを掘っても土が固くて大変でしたが、
堆肥や元肥を施し、こちらを何回か
地面に散布したおかげで、現在はだいぶ
土がフカフカになりました。
バラに限らず、他の植物を植えた場所にも
使用しています。


バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_16540510.jpg


現在の庭では、バラも咲いていますが、
以前の庭から移植した夏ミカンや
「はるみ」という品種のミカンが
幾つか黄色く色付いています。


夏ミカン
バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_17353366.jpg

バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_17355451.jpg


ミカン「はるみ」

バラの冬のお手入れ~必要なお薦め資材_d0099791_17370142.jpg


これらの株は、移植の際、だいぶ根を
切ってしまいましたので、
移植しても難しいのではと諦めかけて
いた株でした。それでも、置いてくるのは
かわいそうと、家族総出で高さ3mを超える
株の植え替えを決行しました。
そして、植え付けの際、堆肥をすき込み、
この「高濃度フルボ酸アタックT-1」を、
数回地面に散布したおかげか、早々と
元気を取り戻し、2年目のこの冬に、
実を付けてくれて、家族皆で喜んでおります。


関連記事: ぜひこちら↓もご覧下さい。


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会









by salonderoses2 | 2021-11-25 20:41 | バラ&ハーブ