カテゴリ:講座&イベント&ツアーのご報告( 202 )

昨日2月16日(土)は、土屋グループ銀座
ショールームさんに於きまして、
「バラの文化と歴史講座第2回:ボタニカル
アートから世界に発信する日本のバラ」
(日本ローズライフコーディネーター協会
代表元木はるみ主宰)が開催されました。

ご参加下さいました皆様、ゲストの
ボタニカルアーティスト山田道恵先生、
土屋グループ銀座ショールームさん
誠にありがとうございました。

d0099791_17432103.jpg


お花が咲いた!ポーズ?
皆様、ありがとうございました!


d0099791_17424912.jpg



山田道恵先生には、昨年、RHS(英国王立園芸協会)
主催ボタニカル アート アワーズにて、
Gold medalとBest Botanical Art Exhibit賞に
見事輝いた作品「 Wild Roses in Japan」が
完成するまでのお話や作品解説、アワーズの様子、
ボタニカルアートの歴史等について
お話をお伺い致しました。
実際に、バラの自生地までお出かけになり、
よく観察されながらデッサンされるそうです。

d0099791_20472891.jpg



また、私の方からは、RHSやボタニカルアート、
プラントハンターと関わりのあるキューガーデン、
カーティス、サワビーのボタニカルアート、
同じ時代のフランスで活躍した日本でもおなじみ
のボタニカルアーティストのル・ドゥーテ、
そして、ル・ドゥーテに関わりのあるパリ植物園、
マルメゾン城、ジョゼフィーヌにつきましても、
画像をご覧頂きながら、お話させて頂きました。


ナポレオンの最初の妃ジョゼフィーヌがバラを集めたマルメゾン城
d0099791_20372147.jpg




ティータイムは、銀座スイーツを
お楽しみ頂きました。


d0099791_20411707.jpg


お花(バラ)は、庭の「スーパーエクセルサ」
(Cl)です。
集めてみると、結構、まだあるものですね・・
銀座で、飾って頂けて、バラも嬉しそうです。


d0099791_20402754.jpg




d0099791_20590962.jpg




素敵な皆様、山田道恵先生(右)
本当にありがとうございました!

d0099791_20573252.jpg

d0099791_08541522.jpg



皆様にバラをご覧頂き、
私も幸せです。

d0099791_20535708.jpg




d0099791_20533127.jpg


この日は、私にとりまして、
初めての嬉しいこともあり、
とても思い出深い1日と
なることが出来ました。(感謝)


いつも素敵な空間をご用意して下さる
土屋グループ銀座ショールームさん、
今後とも、銀座からバラの文化と歴史を
発信させて頂きたいと存じます。

次回、ぜひまた皆様のご参加を
心よりお待ち申し上げます。


次回の土屋グループ銀座ショールームさん
での「バラの文化と歴史講座第3回」は、
4月4日(木)13:30~15:30
テーマは、「バラパーティーのおもてなし~
バラのクリームの絞り方レッスン」
ゲストにフラワーカップケーキのスペシャリスト
長嶋清美先生をお招きして、5月のバラの季節の
おもてなしにぴったりなバラのカップケーキの
デコレーション、バラのクリームの絞り方を
レッスンして頂きます。
また、私は、2003年より自宅にて続けて
参りました「バラの季節のガーデン
パーティー」のおもてなしアイディア
について、お話させて頂きます。
ご参加費:お一人様5000円(税・ティーパーティー
代、お持ち帰り用カップケーキ2個込)
お申し込み:日本ローズライフコーディネーター協会
メールアドレス japanroselifecord@gmail.com
までお名前、ご住所、お電話番号をご明記の上、
お申し込み下さい。
おかげ様で、こちらの4月4日の「バラの文化と
歴史講座第3回:バラパーティーのおもてなし~
バラのクリームの絞り方レッスン」は、
満席となりました


d0099791_21315147.jpg



また、4月6日(土)13:00~16:00は、
今回ゲストにお招きさせて頂いたボタニカル
アーティストの山田道恵先生のなんと薔薇を描く
デモンストレーションとティーパーティーが開催されます!
長嶋清美先生と私も、お手伝いにお伺いさせて頂きますので、
よろしければ、ぜひ、土屋グループ銀座ショールームさんまで
お越し下さいませ。(事前予約要)
ご参加費:お一人様8000円
お申し込み:山田道恵先生
メールアドレス https://www.michie-botanical.com/
までお名前、ご住所、お電話番号をご明記の上、
お申し込み下さい。

また、4月は、1か月間(4月4日~4月28日、
10:00~17:00、火曜と水耀定休)、
山田道恵先生の作品が、
土屋グループ銀座ショールームさんで
展示販売されるそうですので、
ぜひ、ご覧になりにいらして下さいませ。




メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HP
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/




























by salonderoses2 | 2019-02-17 21:41 | 講座&イベント&ツアーのご報告

2月3日(日)、土屋グループ銀座ショールーム
さんにて、木谷朋子先生が主宰される
「旅カルチャー講座第10回:英国薔薇紀行~
薔薇の咲く美しい庭を訪ねて」が開催され
お話をさせて頂きました。

ご参加下さいました皆様、
誠にありがとうございました。

d0099791_23510926.jpg

d0099791_23503836.jpg



今回ご紹介させて頂きましたガーデンは、
「スードリー城」「キフツゲート・コート」
「ヒドコット・マナー」
「ブロートン城」そして「デビッド・オースチン
ローズガーデン」でした。
ヘンリー8世と6人の妃や、あのレディー・ジェーン
・グレイ他、庭園と深く関わりのある方々の
お話も盛り込ませて頂きながら、
私も楽しくお話させて頂くことが出来まして、
感謝致しております。


d0099791_23312774.jpg




d0099791_23303543.jpg


d0099791_23305834.jpg

我が家のバラパーティーでも
作って頂いた長嶋清美先生の
フラワーカップケーキ。

d0099791_23344405.jpg


可愛くて美味しくて、
皆様にも大好評でした。

d0099791_23341897.jpg


庭に咲き残っていたバラを集めて
お持ちしました。

d0099791_08553056.jpg



木谷先生、土屋グループ銀座ショールームさん
ケーキをご担当頂いた長嶋清美先生
小熊さん、大変お世話になりまして、
誠にありがとうございました。


木谷先生は、たくさんご本を執筆されて
いらっしゃいますが、
こちらは、最新のハレ旅シリーズの「ロンドン」
(朝日新聞出版)です!
英国に行かれる際には、こちらの
ご本を片手に、散策されてみては
いかがでしょうか。湖水地方~
コッツウォルズも掲載されています。

d0099791_08220049.jpg


また、会場の土屋グループ銀座ショールームさんは、
あのスキージャンプのレジェンド葛西紀明選手兼任
監督や若手の小林陵侑選手他が、所属されることで
知られる(株)土屋ホームさんです。





メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら














by salonderoses2 | 2019-02-06 00:01 | 講座&イベント&ツアーのご報告

昨日は「家庭画報」他を出版される
(株)世界文化社さんが運営する
カルチャー教室「セブンアカデミー」にて、
1日講座「ときめく英国バラの旅」
がありました。
ご参加下さいました皆様、
セブンアカデミーのスタッフの皆様、
栗の木紅茶倶楽部の道村佳代子先生、
誠にありがとうございました。

d0099791_16305485.jpg

朝、この日の為に枝にとっておいた
庭のバラを切って、アレンジメントを
準備致しました。

d0099791_16330303.jpg


またまた大荷物になってしまいましたが、
湖水地方のお話には欠かせないこの子たちも
連れていきました。

d0099791_16353449.jpg



今回は、湖水地方の美しく歴史ある庭園
「ダルメイン」の特製マーマレードジャムを
使ったティータイムもお楽しみ頂きました。

d0099791_16393894.jpg




d0099791_16402765.jpg


スコーンは、奈良県にあります栗の木
紅茶倶楽部の道村佳代子先生に
ご担当頂きました。
とっても美味しいスコーンで、ダルメインの
マーマレードジャムやクロテッドクリーム
との相性も抜群でした。

また、ヴィクトリアン時代のお話もさせて
頂きましたので、ヴィクトリアンケーキも
ご用意させて頂きました。

d0099791_16470451.jpg


今回ご紹介させて頂きました庭園は、
コッツウォルズのスードリー城、
湖水地方のヒルトップ、
そして、アフタヌーンティー発祥の地
ウーバンアビー他でしたが、
英国庭園史も最初にご説明させて頂きました。
また、歴史あるスードリー城の庭園を
かつて散歩されたであろう歴史的登場人物の
人間模様の数々、愛憎劇等も含めて
ご紹介させて頂きました。
美しい庭園と廃城の奥に潜んだ
様々な物語を、感じて頂けましたら
幸いに存じます。


d0099791_17030256.jpg


d0099791_16384358.jpg


多くの皆様にご参加頂き、
心より感謝致します。

d0099791_17283980.jpg


次回の、セブンアカデミーでの講座は、
4月24日(水)に開講予定です。
次回もとっておきのバラに纏わる講座
を準備して参ります。
ぜひ、ご参加お待ち申し上げます。




d0099791_17233590.jpg




メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら









by salonderoses2 | 2019-01-25 17:24 | 講座&イベント&ツアーのご報告

d0099791_16545032.jpg


12月18日(火)、代表をさせて頂いております
日本ローズライフコーディネーター協会設立
5周年&新刊本「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)
第1位(9月、10月)の記念パーティーが
渋谷区にあります美術館兼、フレンチレストラン
「ロアラブッシュ」にて、和やかに華やかに
開催されました。
お集まり頂きました皆様には、心より感謝
申し上げます。


d0099791_21475051.jpg




d0099791_21503143.jpg





こちらの「ロアラブッシュ」の建物は、元々
1918年(大正7年)に、たばこ業で財を成した
資産家の千葉直五郎が、息子の常五朗と
鍋島家から嫁いできた嫁との結婚を祝して
建てたアールデコ様式の個人宅でした。
戦争で跡形も無くなってしまったお屋敷が
多い中、奇跡的に都内で残った貴重な
歴史的建造物です。
ですので、お集まり頂いた皆様には、館内の
ガイドツアーを、まずお楽しみ頂くことに
させて頂きました。



d0099791_17560693.jpg



d0099791_17552429.jpg




館内には、アールデコ様式の建物に合わせて、
エルテ(本名ロマン・ド・ティルトフ)
(1892~1990年)の作品が、
随所に飾られ、その数は約150点にものぼり、
世界第2位の保有数だそうです。

エルテの作品


d0099791_21531192.jpg


d0099791_17570410.jpg



中庭に面し、自然光が降り注ぐパーティー会場


d0099791_16240526.jpg



皆様、館内ツアーよりお戻りになられ、
パーティーはお食事から始めさせて頂きました。

現在、ガーデニング専門WebサイトGarden Story
代表で、元ガーデニング雑誌「BIES」の副編集長を
18年間勤めていらっしゃった日本のガーデニング界
を牽引され続ける倉重香理さんに乾杯のご発声を
賜りました。

d0099791_17432323.jpg


お料理は、おかげ様で
ご好評を頂きました。

皆様のテーブルを周らせて頂き、
ご一緒にお写真を撮って頂きました。


d0099791_18302125.jpg



d0099791_17593375.jpg




d0099791_18283327.jpg




d0099791_18290329.jpg





d0099791_18373739.jpg





d0099791_18311887.jpg





d0099791_18294043.jpg







今回のパーティーでは、事前に
ローズライフコーディネーターさんに
お集まり頂き、5周年記念企画と
致しまして、私たちのバラとの暮らしを
より豊かに、楽しみを広げて下さった
功労者、またはバラの花に、「感謝状」を
お贈りさせて頂くことが全員一致で
決定しておりました。
そこで、今回私たち日本ローズライフ
コーディネーター協会と致しまして、
美しい花を咲かせ、香りも大変素晴らしく、
花弁のワックス成分が少ない為、食しても
苦味や渋味が少なく大変美味しく頂けるバラ
「食香バラ」の普及活動に、ご尽力された
(株)フロスオリエンタリウムの浦辺苳子さん
をはじめとする「チーム食香バラ」へ
感謝状の贈呈をさせて頂きました。
食香バラは、中国山東省平陰県のバラの村が
故郷です。そこで、1000年以上に渡って
大切に栽培され続けていました。
詳しくは こちら をご覧下さい。
中国から日本に、食香バラを輸入できるように
なるまでは、浦辺さんの大変なご苦労が
おありだったようです。日中の架け橋と
なられ、中国の方たちの信頼を得てこそ、
現在、私たちの庭でも「食香バラ」を育てられ、
愛で、暮らしに活用出来るようになったのです。
また、日本国内での食香バラの苗の繁殖や
育成、販売普及にご尽力されていらっしゃる
飯塚園芸さんの飯塚友紀さんも、お越し下さい
ましたので、感謝状を受け取って頂きました。


d0099791_18183765.jpg





d0099791_18200841.jpg


そして、今回の日本ローズライフコーディネーター
協会よりの「感謝状」のことを、中国の方にも
ご連絡して頂いていたそうで、中国より
御祝いのメッセージが届いたとのこと
そのメッセージを浦辺さんがご披露して
下さいました。


d0099791_18251592.jpg


感謝状という形ですが、
「チーム食香バラ」の皆様に、私たちの
感謝の意を少しでもお伝えさせて頂ける機会を
今回もつことが出来、大変嬉しく存じます。

感謝状の1枚は、なんと中国に送って下さるとの
こと、気が引き締まる思いです。

私たちも、更に、食香バラの普及や
バラ文化の広がりに、ますます貢献出来ますよう、
バラのある心豊かな暮らし(ローズライフ)を
楽しみながら、より一層尽力して参りたいと
思いました。


浦辺さんより、食香バラ「豊華」(ほうか)の
お茶を皆様に頂きました。
誠にありがとうございました。


d0099791_18571875.jpg





そして、今年は、私の新刊本「ときめく薔薇図鑑」
が山と渓谷社より、9月に出版され、通販サイトの
ガーデニング部門で第1位、10月10日付けで、
農林水産部門で第1位になることが出来ました。

大変お世話になりました山と渓谷社の編集者
藤井文子さんとカメラマンの大作晃一さんが
来て下さいました。

d0099791_19065007.jpg


d0099791_18020478.jpg


大作さんは、いつも山の中にこもりっきりで
キノコや自然の写真を撮影されるのが
お得意なのですが、バラと縁ある方々との
お話をして下さり、今後もバラと関わって
いかれるとのことです。
大作さんは、実は世界的カメラマンさんなのです。


d0099791_21571583.jpg



また、本を作成中、的確なアドバイスで、
私の脱線を防ぎ、導いて下さった藤井さん、
本当にありがとうございました。
山と渓谷社のときめくシリーズは
様々なジャンルの専門の1冊となっており、
人気シリーズだそうですが、その中で、藤井さんは
数冊、編集に携わってこられたそうです。


d0099791_19053175.jpg



本の制作は、本当に大変なことと存じます。
ご活躍のお二人、今後とも、くれぐれも
お身体ご自愛頂きたく存じます。

「ときめく薔薇図鑑」今後とも
どうぞよろしくお願い致します。
詳細は こちら をご覧下さい。



私へのお気遣い、素敵なメッセージ、
ありがとうございました!


d0099791_19584758.jpg




いつも、本当にありがとうございます。


d0099791_19532505.jpg





d0099791_19552864.jpg





d0099791_19543680.jpg





皆様の温かな笑顔に包まれて、
和やかに、日本ローズライフコーディネーター
協会設立5周年&新刊本「ときめく薔薇図鑑」
第1位記念パーティーが、無事開催出来ましたこと、
改めまして、心より感謝申し上げます。

まだまだ小さな会ですが、皆様に支えて頂きながら
なんとか5周年を迎えることが出来ました。
また気持ちを引き締めて、今後に向かって
進んで参りたいと存じます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

2018年12月18日(火)

d0099791_21331576.jpg



今後のイベント・講座のご案内は こちら を
 ご覧下さい。

2019年6月出発予定「英国薔薇の庭園巡り」
 詳細は こちら をご覧下さい。




メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら



































by salonderoses2 | 2018-12-19 21:42 | 講座&イベント&ツアーのご報告

11月17日(土)、土屋グループ銀座ショールーム
・サロンに於きまして、「バラの文化と歴史講座
&Tea Party」が開催されました。

ご参加下さいました皆様、
大変お世話になりました土屋さんの皆様、
お手伝いして下さった赤石さん、迫さん、
誠にありがとうございました。

朝、お持ちする庭のバラを切って。

d0099791_02374994.jpg



d0099791_02382200.jpg


バラやスーツケースやら、
荷物がいっぱいになってしまい
持ちきれませんでしたので、
お手伝いして頂き、本当に助かりました。


銀座スイーツとバラを
テーブルに並べて。

d0099791_02462126.jpg


d0099791_02465170.jpg


d0099791_02471996.jpg



最初に、皆様には、八ヶ岳のアサオカローズさんの
バラ「ゴル・ムハマディ」(D)を使用して作られた
「ローズウォーター」をご試飲して頂きました。


写真に添えたバラは「ヘリテージ」(S)
d0099791_10154649.jpg


中東で、約3000年以上前に、人類が初めて作った
「ローズウォーター」に使用されたバラが
「ゴル・ムハマディ」(D)(一季咲き)ですので、
この日のイベント内容にピッタリと思い
ご用意させて頂きました。
「ゴル・ムハマディ」は、「モハメッドの花(バラ)」
という意味で、中東では最高の花(バラ)という意味が
込められています。



d0099791_02581373.jpg

そして、昨年日本に初めて紹介され、
中国・平陰で食用のバラとして
1000年の栽培歴史のある食香バラの
お茶もご試飲頂きました。

d0099791_03091216.jpg


バラの文化と歴史について、画像をご覧頂きながら、
お話をさせて頂きました。

d0099791_03121881.jpg


定員を超えて多くの皆様にお集まり頂きました。
ご参加頂き、誠にありがとうございました。


d0099791_13250577.jpg

清潔感、高級感があり、居心地の良い
土屋グループ銀座ショールーム・サロンさん
では、お寛ぎ頂きながら、イベントをさせて
頂けるのが、私もとても嬉しいです。

d0099791_10260019.jpg


「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)
皆様、誠にありがとうございます。

d0099791_03175292.jpg



d0099791_03183544.jpg



d0099791_03191875.jpg



d0099791_03201149.jpg



11月こちらで、日本画の展示をされていらっしゃる
齋藤芳子先生(本を持って下さっている)と
大変お世話になりましたスタッフさんの内山さん、
そして、ボタニカルアーティストの山田道恵先生と
ご一緒に。

d0099791_22302087.jpg




次回、土屋グループ銀座ショールーム・サロンでの
第2回「バラの文化と歴史講座&ティーパーティー」
は、2019年2月16日(土)13:30~15:30
に決まりました。
内容は、「ボタニカルアートを通して発信する
日本のバラ~ティーパーティー」
と題し、
ゲストに、ボタニカルアーティストの山田道恵先生を
お招きし、ボタニカルアートの歴史や現在を
ご紹介頂きます。また、私も日本のバラについての
お話をさせて頂きます。
*ご参加費:お一人様 5000円
*お申し込み方法:「2月16日イベント申込み」と
 表記して頂き、お名前、ご住所、お電話番号
 をご明記の上、下記、日本ローズライフコーディネーター
 協会メールアドレスまでお申し込み下さい。

メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

山田道恵先生は、今年2018年英国王立園芸協会
(RHS)「BOTANICAL ART AWARDS 2018」にて
作品「Wild Roses in Japan」を出品され、
Best Botanical Art Exhibit賞、Gold medal賞
をダブル受賞されました。

~皆様のご参加、お待ち申し上げます。

山田さんの来年2019年のカレンダーと
Diary、そして私の「ときめく薔薇図鑑」
絶賛発売中です。

d0099791_13491416.jpg



ガーデンや自生地で、見るバラは最高ですが、
銀座で見るバラも良いな、と改めて思いました。
銀座とバラは良く似合いますよね。

今後、銀座から「バラ」を
出来る限り発信し続けて
参りたいと存じます。

d0099791_03480729.jpg


今後とも、どうぞよろしくお願い致します。


d0099791_03494142.jpg


この日の為に、
ちょうど咲いてくれた
庭のバラたちにも感謝。


d0099791_03485723.jpg


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは

こちら










by salonderoses2 | 2018-11-18 03:58 | 講座&イベント&ツアーのご報告

10月21日(日)、岐阜県可児市の世界最大規模を誇る
「花フェスタ記念公園」にて、「バラで人生を楽しく。
ときめくバラ世界を楽しみませんか」と題した講演と
ローズガーデンガイドツアーをさせて頂きました。

d0099791_00080391.jpg


d0099791_00084359.jpg

秋晴れのお天気にも恵まれ、
お集まり頂きました皆様、
誠にありがとうございました。

d0099791_00225385.jpg

d0099791_00245137.jpg



d0099791_00254877.jpg


ローズガーデンは、この日一番綺麗に咲いていた
香りのバラのコーナーとブルーローズのコーナーを
ガイドツアーさせて頂きました。


d0099791_00312849.jpg

園内は、世界最大規模とあって、見応えたっぷりです。
広大な敷地の隅から隅までバラをはじめ、季節の草花他が
植栽され、ハロウィンの飾り付けもいたるところで
目にすることが出来ました。
11月11日(日)まで開催の「秋のバラまつり」期間中は
毎週土曜日は、園内がライトアップされ、
ナイトガーデンを楽しむことが出来るそうです。
ぜひ、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

d0099791_00521701.jpg


TVでも紹介され話題になった「ターシャの庭」。

d0099791_00540387.jpg


秋ならではのローズヒップがたわわに実って。

d0099791_00550693.jpg


ロイヤルガーデンの「クイーン・エリザベス」。
d0099791_00564386.jpg


秋の陽射しを受けて輝く秋のバラ。

d0099791_01104148.jpg



今回、貴重な機会を下さった皆様には、
心より感謝申し上げます。
大変お世話になりまして、
誠にありがとうございました。


メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com






by salonderoses2 | 2018-10-23 01:16 | 講座&イベント&ツアーのご報告

10月9日(火)、産経学園新百合ヶ丘教室
に於きまして、担当させて頂いております
定期講座「素敵にローズライフ」の
秋期第1回目がありました。
講座内容は、「バラの香りについて」でした。
ご参加下さいました皆様、
誠にありがとうございました。

「ロサ・ダマスケナ」の秋にも
少し返り咲く品種「ロサ・ダマスケナ・
ビフェラ」(別名:オータム・ダマスク)

d0099791_12333747.jpg


バラの香りについての講座は、もう何回と
させて頂いておりますが、毎回、教室中が
バラの精油の香りに包まれ、ご受講生の皆様と
楽しく講座をさせて頂けますので、
私自身、大好きな講座です。

ブルーの香りの「スイートムーン」

d0099791_12343639.jpg



次回は、11月13日(火)10:30~12:00
講座内容は、「バラの系統について」です。

講座詳細は産経学園新百合ヶ丘教室 まで。

皆様のご参加、お待ち申し上げます。


メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは

by salonderoses2 | 2018-10-11 12:58 | 講座&イベント&ツアーのご報告

バスツアー「バラ摘みと蒸留・ローズウォーター作り」
の夢のような1日から戻ってきて、すでに3日目だと
いうのに、まだ余韻に浸っております。
昨日は、コマツガーデンさんのロザ・ヴェールさん
から郵送して頂いたバラ苗が届きました。

d0099791_11232221.jpg

「ザ・ウェッジウッドローズ」、「ボスコベル」、
「ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド」の3苗です。

「ザ・ウェッジウッド・ローズ」は、以前別の
お店から購入したはずだったのですが、
ラベルとお花が違っていたようですので、
今回購入出来て嬉しく思っています。
「ボスコベル」は、様々な場所で、元気な様子を
見ていたので、家でも元気に咲いてくれることを
楽しみにしています。
「ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド」は、色々な
懐かしい思い出があるバラです。とても伸長力が
あって大きくなるバラですので、植える場所を
考えないといけません。

「ザ・ウェッジウッド・ローズ」

d0099791_11404498.jpg

d0099791_11420232.jpg



またこちらは、バスツアーの際に立ち寄った
「道の駅」で購入したローズヒップの蜂蜜漬け
と巨大キノコです。

ローズヒップの蜂蜜漬けは、庭のローズヒップで
私も作っているのですが、今年は、夏が暑すぎた
せいか、ローズヒップが早く熟してしまい、
量が少量になってしまいましたので、
購入してみました。

d0099791_11482278.jpg


巨大キノコ
もっと大きなものは、すでに頂いてしまい
小ぶりなものしか残っておりませんが、
とても美味しかったです。
近所でも購入出来たら嬉しいです。

d0099791_11513555.jpg



そして、こちらは、アサオカローズさんで
購入させて頂いた「ゴル・ムハマディ」(D)の
ローズウォーターです。
こちらのダマスク系のバラは、最も古くから
人がローズウォーター作りに利用していた
バラとして、バラの歴史上、
大変価値のあるものです。

d0099791_12020955.jpg


*11月17日(土)14:00~16:00開催、
私が講師をさせて頂きますイベント講座
バラの文化と歴史講座~ティーパーティー
(場所:銀座土谷ショールーム・サロン)では、
ご参加者様に、こちらの「ゴル・ムハマディ」の
ローズウォーターのご試飲をして頂きます。
ぜひ、この機会にご参加お待ち申し上げます。
ご参加費:5000円(税込)
お申し込み方法:
・お名前・ご住所・お電話番号・ご参加人数
 をご記入の上、
 下記、日本ローズライフコーディネーター協会(JRLC)
 メールアドレスまで、お申込み下さい。
Japanroselifecord@gmail.com

↑こちらのイベント講座はおかげ様で
満席となりました。



今回のバスツアーの記事をご参加下さった
「紅茶でおもてなし教室TEA MIE」を
主宰されるミンミン先生こと坂井みさき先生が、
素敵にご紹介下さっています。
ありがとうございます。



メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは






by salonderoses2 | 2018-10-05 12:36 | 講座&イベント&ツアーのご報告

小淵沢のアサオカローズさんにて、バラ摘みと蒸留
ローズウォーター作りを体験させて頂いた私たちは、
ランチ会場の「女神の森セントラルガーデン」へ
向かいました。

ちょうど女郎花(オミナエシ)の花が満開でした。

d0099791_00223701.jpg



d0099791_00234395.jpg



身体に優しいオーガニック野菜中心のランチ
を頂きました。

窓の外には、始まったばかりの紅葉が。


d0099791_00395078.jpg




ランチを頂いた後は、最後の訪問地
コマツガーデンさんの「ロザ・ヴェール」へ
向かいました。

d0099791_00470255.jpg


d0099791_00442391.jpg




綺麗なイングリッシュローズの
「ボスコベル」(S)が
咲いていました。

d0099791_00461442.jpg




バラと合わせたら素敵な宿根草のプランツ
やテラコッタ、ガーデン用グッズ等も
たくさん揃っています。

d0099791_00564527.jpg


コマツガーデン代表のみどりさんと
ご一緒に記念写真を撮って頂きました。
バラの苗は、さすが充実しています。


d0099791_00585158.jpg


みどりさん、お世話になりまして、
誠にありがとうございました。



秋は、花色により濃淡が現れて。
美しいディスタント・ドラムス(S)

d0099791_01022487.jpg

楽しい時間は、あっという間に過ぎて
帰宅の途につきました。

大型の台風の後ということで、
きっと大なり小なりの影響が
あったことと思いますが、
アサオカローズさんも、
女神の森セントラルガーデンさんも
コマツガーデンさんも、
皆笑顔で私たちを出迎えて下さり
お心を尽くして下さいましたこと、
誠にありがとうございました。

晴天のお天気にも恵まれ、
バラの香りに包まれた
夢のような思い出深い1日を、
私も過ごさせて頂き、
ご参加下さいました皆様には
心より感謝致します。



メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは












by salonderoses2 | 2018-10-04 01:20 | 講座&イベント&ツアーのご報告

本日10月2日(火)、専用バスにて小淵沢の
アサオカローズさんへ向かい、バラ摘みと
蒸留・ローズウォーター作り体験を
させて頂きました。

ご参加頂きました皆様、アサオカローズさん、
日放ツーリストさん、誠にありがとうございました。


d0099791_00254809.jpg

一昨日の台風が嘘のような晴天のお天気に
恵まれました。
爽やかな八ヶ岳の景色に思わず感動して
しまいました。

d0099791_00285370.jpg

アサオカローズさん

d0099791_00294705.jpg

こちらから少し離れた場所にあるビニールハウス
のバラ栽培場に、カゴを持ってバラ摘みに
向かいました。

ビニールハウスの中で、たくさん咲いている
バラの花に感動!
バラの品種は、1998年10月に向井千秋さんと
香りの実験の為にスペースシャトルで宇宙へ行った
「オーバーナイト・センセーション」(Min)です。
系統は、ミニチュアローズですが、お花は、
大きめでパティオローズ~フロリバンダ
の大きさです。

d0099791_00354439.jpg


「オーバーナイト・センセーション」の
ダマスク・クラシックの香りに
ティーの香りが混ざった素晴らしい香りに
包まれました。


d0099791_00361302.jpg

皆さん、バラ摘みを楽しんで
いらっしゃるご様子。


d0099791_00482966.jpg


皆さんが摘んだバラたちです。

d0099791_00533585.jpg



摘んだバラたちと記念写真。

d0099791_01021266.jpg

d0099791_10593141.jpg


アサオカローズ代表浅岡正玄さんが
無農薬で丹精込めてお育てに
なられているバラたちを、
こんなにたくさん摘ませて頂き、
本当に幸せを感じました。
ありがとうございました。


d0099791_11003287.jpg


浅岡さんがお手に持っていらっしゃるバラは
「プリンセス・ミチコ」(F)。
毎年、美智子皇后のお誕生日に、
お歳の本数のこちらのバラを献上されて
いらっしゃるとのことです。
とても立派なお花でした。

d0099791_00550846.jpg



バラ摘みを終えた後は、蒸留に使用する
湧水を、汲みに行きました。
八ヶ岳の混ざりけの無い純粋な湧水が
ローズウォーター作りに一番適している
とのことでした。

美しい湧水。
陽の光にきらきらと輝いて。

d0099791_01072749.jpg



d0099791_09215938.jpg




湧水を汲んだら、いよいよ蒸留です。

d0099791_01100951.jpg



摘んだお花をポルトガル製の蒸留器アランピックへ。


d0099791_01110993.jpg



先程、汲んできた湧水を加えます。


d0099791_01160118.jpg



蓋をして熱を加えます。


d0099791_01173476.jpg


約3か月後には、完成したローズウォーターを
自宅まで送って下さるそうで、今からとても
楽しみです。

d0099791_01203032.jpg


浅岡さんが、貴重なローズウォーターを
試飲させて下さいました。


d0099791_01224025.jpg

春の一季咲きの中東イランのバラ
「ゴル・ムハマディ」を
ローズウォターにしたもの。
「ゴル・ムハマディ」は、古くから
イランの高地で栽培されている品種です。
世界で初めてローズウォーター作りに
利用されたバラとして、
人との歴史ある貴重な品種です。

試飲させて頂きましたが、
口の中に、ふわりと豊かで奥深く
心地良い香りが広がって。



d0099791_01254948.jpg


私たちが摘んだバラ「オーバーナイト
センセーション」のローズウォーターの
試飲もさせて頂き、八ヶ岳の爽やかな
空気の中、無農薬だからこそ飲むことが
出来る天然のローズウォーターの
香りと味わいを心ゆくまで
楽しませて頂きました。


d0099791_09232781.jpg

浅岡さんと、ずっとローズウォーターを
飲み続けていらっしゃるお若くて
お綺麗な奥様。素敵なご夫婦です。
大変お世話になりまして、
誠にありがとうございました。

d0099791_09295654.jpg


アサオカローズさんでは、
上記の飲むことが出来る
ローズウォーターの他、
持ち歩き用ディフューザー入りの
ローズウォーター、ローズジャム等を
購入することが出来ます。

皆さん、お買い物にもご満足されて
次の目的地へ。

d0099791_09355592.jpg


続きは次回。


メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは

by salonderoses2 | 2018-10-03 01:32 | 講座&イベント&ツアーのご報告