カテゴリ:バラ&ハーブ( 360 )

d0099791_11080818.jpg


新しい年明けとなりました。
昨年は、大変お世話になりまして、
誠にありがとうございました。

本年が、皆様にとりまして、
良い1年でありますよう、
心よりお祈り申し上げます。

本年も、バラと共に・・・


d0099791_11082786.jpg


「マチルダ」(F)と
「ストロベリーマカロン」(Patio)

d0099791_11065641.jpg


本年も、どうぞよろしくお願い致します。


2019年(平成31年)  元旦


今後のイベント・講座情報は
こちらをご覧下さい。

メールアドレス
japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HP




[PR]
by salonderoses2 | 2019-01-01 11:27 | バラ&ハーブ

今年も残すところあと3日となりました。
まだ咲き続けているバラ「マリア・テレジア」
と、頂いたガーベラやストックを
詰め込んで。

d0099791_01102361.jpg


今年2018年は、皆様にとって
どんな1年だったでしょうか?

私にとっての2018年は、本当に
たくさんの色々なことがあり、
時間がいつも以上に足りなくて
いつも以上に早く過ぎて
行ってしまいました。



d0099791_02233091.jpg


気候も、いつもと違っていて、高温の
4月中に、ほとんどのバラが開花し始め、
バラを始めてから今までで1番早い
バラの満開時を迎えてしまいました。
庭では、牡丹の花も、20種類ほど
育てていますが、やはり早く咲いて
あまり良く見ないうちに、あっと言う間に
散ってしまいました。
春は花たちも、駆け足で通り過ぎて
行ってしまった感じがします・・

今年は、牡丹の写真のアップをする間も
無いほど、バラの開花がせまっていましたので
こちらに少しアップさせて頂きます。

「貴婦人」

d0099791_01494779.jpg




「中村藤」

d0099791_01503494.jpg


皇嘉門」

d0099791_01521584.jpg


「天衣」

d0099791_01550504.jpg


来年の気候が、
牡丹にも優しいことを
願います。


d0099791_01555241.jpg




また3月頃だったか、地域の区画整理事業の
話がとうとう我が家にもやってきて、
気持ちが暗くなってしまいました・・
区画整理は、終わってからまた戻ってこれる
とはいえ、一端土地を更地にしないと
いけないこと、土地を約50坪も道路に
取られてしまうのに、一切土地代は
もらえないとのこと、引っ越ししている間の
住まいは、自分達で探さないといけないこと、
戻ってきた時は、今と環境が大きく変わって
しまうこと等、考えれば不安なことだらけ
です。良いことは、道路が広くなって
整備されることくらいでしょうか。
約200年以上、代々苦労しながらここに
住み続けてきたのですが・・・
ここで亡くなった先祖もいれば、
ここから他に出て行った先祖も数知れず、
その故郷でもあるのですが・・・
また、私は現在の庭のバラや牡丹、
様々な植物をどれくらい
護ってあげることが出来るのか・・・

そんな中、不思議と今年は、バラを紹介する
ラジオ番組の出演やテレビ出演のお話を頂いて、
落ち込んでいる暇が無くなり、前向きな
気持ちにさせて頂くことが出来ました。

今年のバラの季節のガーデンパーティー
へも、たくさんの方がお越し下さいまして、
誠にありがとうございました。

d0099791_11432478.jpg



d0099791_12092703.jpg



d0099791_12100539.jpg





また、昨年から取り掛かっておりました
私の3冊目となる本作りも、急遽9月に
出版が決定し、昼夜共に取組まざるを
得なくなり、無事、山と渓谷社さんより
ときめく薔薇図鑑」として出版に
至りました。


d0099791_02152399.jpg


先日は、代表を務めます日本ローズライフ
コーディネーター協会が設立5周年を
迎えることが出来ました。

ガーデニング専門webサイトGarden Story
さんでの連載や、カルチャースクール
産経学園新百合ヶ丘教室での定期講座、
土屋グループ銀座ショールームさんや、
世界文化社さんのセブンアカデミーでの
イベント講座等

まるで、背中を押されるように・・
導かれるように・・
多くの皆様のお力をお借りしながら
今年1年を過ごして参ることが出来ました。

お世話になりました皆様、
本当にありがとうございました。



d0099791_02163581.jpg


今後とも、バラや植物との暮らしは
続行して参ります。
(The life without roses and plants
is impposible.)

来年も、何卒、どうぞよろしくお願い
申し上げます。




今後の講座やイベント情報は
https://roseherb.exblog.jp/27209707/
をご覧下さい。

2019年6月26日~7月3日に訪れる
「英国バラの庭園巡り」情報は
https://roseherb.exblog.jp/27271448/
をご覧下さい。




メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら


















[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-29 09:00 | バラ&ハーブ

今年のクリスマスが終わって、
いよいよ新年を迎える、
準備に忙しい時期になりました。

昨日は、やっと来年用の原稿が
ひとつ出来ました。
来年の目標は、もっと余裕をもって
早めに原稿を仕上げる、です。

庭の「マリア・テレジア」を
切ってきました。



d0099791_09535355.jpg




こちら↓は、甘い香りのスイートピー。
おかげ様で、
一足早く、春を感じながら
過ごしております。

絵は、日本画家の木下美香さんが
5月に来て描いて下さいました。


d0099791_10010192.jpg



残りわずかな今年の日々を
大切に過ごしたいと
思います。


メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら



[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-27 10:05 | バラ&ハーブ

薔薇とお着物

先日の記念パーティーや、今までの
集まりに、いつも素敵な薔薇の絵柄の
お着物や帯で、来て下さるFさんは、
私の着物のコーディネートの憧れです。
今回も、黒地に銀糸で描かれた薔薇
の帯と、銀色のお着物とのモダンな
コーディネートでいらして下さり、
とても素敵でした。


d0099791_14324439.jpg

お着物でなくても、薔薇の絵柄の
ドレスやワンピースを
ご用意して下さった方や
薔薇のアクセサリーを身に付けて来て
下さった方もいらして、
とても素敵でお美しかったです。
華やかにして下さって、
本当にありがとうございました。



私の着て参りました着物は、
色無地と、薔薇の刺繍の名古屋帯、
そして、薔薇が描かれた昭和初期頃の
羽織でした。
どちらも描かれております薔薇は、
高芯剣弁咲きの薔薇、まだ、日本での
オールドローズやイングリッシュローズ
ブームが巻き起こるずっと以前の
当時、人気の中心であった薔薇が
描かれているかと思います。



d0099791_15014643.jpg




d0099791_14544930.jpg


薔薇の絵柄の古い時代のお着物や帯は、
自分が着るというよりは、
当時の薔薇の流行や、薔薇の広まりの
歴史を知る手がかりになりますので、
拙著「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)
の中でも少しご紹介させて頂きましたが、
出来る限り集めております。

ですが、今回の記念パーティーへは、
着て行くことが出来て良かったです。


d0099791_15111563.jpg



メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら






















[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-22 15:31 | バラ&ハーブ

バラのコサージュ

こちらは、先日の「日本ローズライフ
コーディネーター協会設立5周年&
新刊本ときめく薔薇図鑑第1位記念
パーティー」の際に、食香バラを
中国から日本へ、初めてご紹介された
(株)フロスオリエンタリウムの
浦辺さんから頂いたバラのコサージュ
です。
最初は、造花と思ったほどでしたが、
浦辺さんと私が、よく存じ上げる方が
お庭で咲かせたお花と知り、驚いて
しまいました。
香りの良いブルーローズの
素敵なコサージュ、
ドライにして飾っております。


d0099791_11563208.jpg

メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com
日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら


[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-22 12:00 | バラ&ハーブ

イギリス人バラの育種家で
イングリッシュローズの生みの親で
あられるデビッド・オースチン氏が、
12月18日、92歳でお亡くなりに
なられました。

クラシカルな花型に、繊細かつ
豊かな花色と香り・・
イングリッシュローズに
出会えたおかげで、
たくさんの感動や癒しを
頂くことが出来ました。

感謝と共に、ご冥福をお祈り致します。


d0099791_14563667.jpg



まだとってあった1996年の
「DAVID AUSTIN Handobook of Roses」

d0099791_15064264.jpg


ボロボロになるほど見入っていたあの頃、
バラへの情熱は、イングリッシュローズ
との出会いによって、いっきに
燃え上がったのでした。

懐かしいHandBookを開くと
優美な美しいイングリッシュローズ
のお花や植栽されているガーデン、
イングリッシュローズを使用した
アレンジメント等の写真に、
当時、とても感動したことが
思い起こされました。



今朝の私の庭のイングリッシュローズ
「ジェームズ・ギャルウェイ」


d0099791_14574657.jpg

 

「ザ・ダークレディ」


d0099791_14582687.jpg



この世にイングリッシュローズを
遺して下さって、
本当に、ありがとうございます。



メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com
日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら



[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-21 15:27 | バラ&ハーブ

今年の10月2日に、バラ摘みに出かけた
八ヶ岳の「アサオカローズ」さんから
その時に摘んだバラ「オーバーナイト
センセーション」を蒸留して丁寧に
お作り頂いたローズウォーターが
届きました!


d0099791_18103415.jpg


世界にひとつのラベルが付けられていて
感動しました!


d0099791_18110496.jpg


無農薬で栽培されているバラだからこそ
飲むことが出来、混ざりけの無い
ピュアな八ヶ岳の天然水を使用して
いるからこそ美味しいバラの味わいや
香りが、ストレートに伝わるのです。

嬉しい自分へのご褒美となりました。

アサオカローズさん、丁寧にお作り
頂き、誠にありがとうございました。


d0099791_18163295.jpg


バスツアーで、皆様とバラ摘みさせて頂いた時の
楽しい思い出が蘇りました。

その日の様子は こちら をご覧下さい。


d0099791_18290382.jpg



来年の春、またぜひ、伺わせて頂きたいと
存じます。よろしくお願い致します。


メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら



[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-20 18:37 | バラ&ハーブ

仮剪定

昨日からバラの仮剪定を始めました。


d0099791_20570735.jpg


お花はまだたくさん咲いていますので、
一季咲きのバラの、暴れた枝から整枝して
いきます。

誘引、鉢植えの土替えも、そろそろ
始めます。



この時期、色の濃淡が美しい
アンナ・オリビエ(T)


d0099791_21021311.jpg


ウィンチェスター・キャシードラル(S)

d0099791_21040497.jpg


サント・ノーレ(S)

d0099791_21050345.jpg




気温が高いままだと進められなかった
冬の作業も、いよいよ進められる時期
が来ました。



d0099791_21124539.jpg



今日は、産経学園新百合ヶ丘教室にて、
担当させて頂いております定期講座
「素敵にローズライフ」がありました。
講座内容は、「古代・ギリシャ・ローマ時代
のバラの歴史&冬のお手入れ方法①」でした。
皆さん、真剣に話を聞いて下さって
ありがとうございました。

次回は、1月15日(火)10:30~12:00
「中世~近代のバラの歴史&冬のお手入れ
方法②」です。
お問い合わせ・お申し込み:
産経学園新百合ヶ丘 TEL:044‐965-0931


今後の講座・イベントの詳細は
こちら をご覧下さい。


来年6月に出発予定の
「英国バラの庭園巡りツアー」
詳細は
こちら をご覧下さい。


バラの全てを詰め込んだ「ときめく薔薇図鑑」
(山と渓谷社)
詳細は
こちら をご覧下さい。

d0099791_22515449.jpg




メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら





[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-11 23:01 | バラ&ハーブ

12月になりました。

今年も師走に入りました。
いつものことですが、あっという間に
月日が経ってしまいます・・



d0099791_10530168.jpg


暖冬のため、庭のバラはとても綺麗です。



d0099791_10535013.jpg


「ジェームズ・ギャルウェイ」(S)
イングリッシュローズの中でも、
樹形が大きくなりますので、
我が家では、杏の木に絡ませています。




d0099791_10552938.jpg


香りも素晴らしく、
咲き始めは、色濃く咲いて。



d0099791_10563691.jpg


ぎゅうぎゅうに詰まった花弁は、
花開くと、一枚一枚が
フリルのような花弁へ。



d0099791_10575702.jpg



ピンクの花色が
青空に映えて。



d0099791_10590021.jpg



今月中旬に、雑誌の取材の方が
おいで下さるとのこと、
12月に取材頂くのは初めてです。
せっかくの機会、それまでお花が
もってくれると良いのですが・・


皆様、どうぞ良い12月をお過ごし下さいませ。




d0099791_11444007.jpg




*バラの魅力の全てを詰め込んだ
「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)
詳細は こちら


d0099791_11111860.jpg

*今後の講座・イベントのご案内は


*2019年出発「英国バラの庭園巡り」
ご参加者様募集中です。
詳細は こちら


メールアドレス  japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは

[PR]
by salonderoses2 | 2018-12-02 11:28 | バラ&ハーブ

今年の11月もあと3日間となりました。
11月にしては、気温が高めですので、
庭のバラもまだ蕾を上げてきて
くれています。

d0099791_13184734.jpg



「マリア・テレジア」


d0099791_13194611.jpg





d0099791_13192937.jpg




「クロッカスローズ」


d0099791_13333601.jpg



d0099791_13274446.jpg





「ジェームズ・ギャルウェイ」


d0099791_13241022.jpg




d0099791_13244849.jpg




「バレリーナ」

d0099791_13271569.jpg



「チャールズ・レニー・マッキントッシュ」



d0099791_13255234.jpg



「サフラノ」


d0099791_13231247.jpg




「セント・セシリア」


d0099791_13210668.jpg





「ヘリテージ」

d0099791_13285927.jpg


「ピンク・ノックアウト」(右)と
「ワイズ・ポーシャ」(左)


d0099791_13283685.jpg



現在のバラは、
春より花数は少ないですが、
ゆっくりと開いて
長く楽しめるのが
嬉しいですね。

花色も、1輪の中に、
春には見えなかった
色々な色が見え隠れして
日々表情を変えながら
楽しませてくれています。


d0099791_14175109.jpg



バラの魅力の全てを詰め込んだ
「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)
どうぞよろしくお願い致します。

詳細は こちら 

d0099791_13293147.jpg



メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら










[PR]
by salonderoses2 | 2018-11-28 14:01 | バラ&ハーブ