7月12日、東北沢の「ペーパームーン」にて、バラの会、定例会がありました。
この日のお料理はお任せコースでしたが、新鮮な夏野菜をたっぷり盛り込んだ、
この時期体に嬉しいお料理ばかりでした。
冷製盛り合わせ
d0099791_18102518.jpg














d0099791_1810497.jpg

上記の他、エスカルゴのブルゴーニュ風、黄ピーマンのプディング、グリーンピースの
冷製スープ、ラタトュウ(夏野菜の煮込み)、真鯛のサラダ仕立て、白金豚の赤ワイン
煮込み、コーヒーorティーと盛りだくさんの美味しいお料理に今回も大満足でお店を
あとにしました。シェフ、奥様、Hさん、またまたお世話になりました。
また今度もよろしくお願い致します。
メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2008-07-14 18:31 | バラの会

6月26日、当Salon de Rosesにて、レクチャー「フランス~イギリスのバラを訪ねて」が
ありました。仏と英のバラやピオニー、ガーデンの写真を見て頂きながら、アフタヌーン・
ティーをお楽しみ頂きました。メニューは、スコーン、キューカンバーサンドウィッチ、
ソーダブレッド、ジンジャーブラウンケーキ、ダークチェリータルトでした。
d0099791_18195587.jpg

d0099791_18221052.jpg

また、イギリスのおみやげ、映画「ナルニア国物語」にも出てくるお菓子、「ターキッシュ・
デライト」(フォートナム&メイソン)のローズ・フレイバーも召し上がって頂きました。
d0099791_1821180.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2008-07-01 23:39 | 講座&イベント&ツアーのご報告

今回のイギリスも最終日となり、時間の許す限り見て歩きました。
d0099791_20544733.jpg

ピアノの生演奏が流れるフォートナム&メイソンの5階「セイント・ジェイムス・カフェ」にて、
アフタヌーン・ティーを頂きました。
d0099791_20574614.jpg

他にも急ぎ足でしたが、チェルシーの街でウィンドショッピングをしたり、ナショナル・
ギャラリーにお目当ての絵画を見に行ったりしました。Oさんにはお世話になりました。

あっという間の9日間のフランス~イギリスのバラの庭を巡る旅でしたが、改めてバラや
お庭の美しさに感動すると共に、バラの背後にある歴史を刻んだ建物やそこで暮らした人々のエピソード等、バラの背景に触れることが、バラへの理解を更に深めることだと実感致しました。
また、文化的な歴史で繋がっているバラとアフタヌーンティーやアンティーク等をトータルに
楽しむことが出来、私にとりましては大変有意義な旅でありました。
高木先生はじめ船山さん、お世話になりました皆様には、心より感謝申し上げます。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-23 09:54

コベントガーデンの月曜朝市は、アンティークのお店が出るとあって、とても楽しみに
していました。私は、銀器を数点購入しました。毎週、ここに来たいと思いました。
d0099791_212242.jpg

ちょっとひと休みしたい美味しそうなスウィーツが並ぶカフェ。
d0099791_2124196.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 22:24

リージェンツ・パーク内にあるこのローズ・ガーデンは、日曜日とあって多くの市民の
方々で賑わっていました。
d0099791_21103444.jpg

イングリッシュローズのコーナーの中で一際美しかったバラ「アラン・ティッチ・マーシュ」
d0099791_21105427.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 18:11

英国王立園芸協会が運営する、世界最大級の庭園、ウィズリーガーデンへ。
ロングボーダーの一角。
d0099791_21144130.jpg

元気なバラ「ワイルド・エドリック」
d0099791_21150100.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 17:59

「ロイヤル・レガッタ」で有名な、イギリス人の観光地、ヘンリー・オン・テームズを
散策しました。
d0099791_21174189.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 17:44

貴族(子爵様)のバラのお庭と館を訪問しました。奥様が出迎えて下さり、
感激しながら、お庭や館の中までも見せて頂きました。
向かいの教会の鐘が鳴り響いて、映画のワンシーンの様でした。
d0099791_21223194.jpg

ピーター・ビールズ氏が出向き、植えられた広大なローズガーデン。
d0099791_21224989.jpg

奥様と執事の方が、お手製のケーキとお茶をご用意して下さいました。
銀製のティーポットやティーウォーマー、ティーカップもステキです。
d0099791_15172031.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 17:35

夕食を頂いた、チッピング・カムデンに建つ「コッツウォルズ・ハウス」の静かな中庭。
d0099791_21291818.jpg

チッピング・カムデンの通り
d0099791_2129467.jpg

少し歩いた所に、萱葺き屋根の家が建ち並ぶエリアがあります。
d0099791_2130674.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 15:09

土曜日の午後を家族連れでゆったりと楽しむ光景を目にする事が出来ました。
d0099791_2134527.jpg

骨董品屋さん。私は、ここでロイヤル・ウースターのキャンドル立てを購入しました。
d0099791_21342426.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 14:51

ローズラビリンス(バラの迷宮)やヘンリー2世の愛人フェア・ロザモンドの銅像(バラの女神)で有名なかつて貴族の館であったコートン・コートへ。現在はナショナルトラストに寄付されています。バラや宿根草のカラースキームが素晴らしいガーデンです。
d0099791_21385056.jpg

白い芍薬とフウロソウ
d0099791_21392935.jpg

ローズガーデン入り口近くに咲いていた桃色のうつぎの花
d0099791_2140742.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 14:35

18 スードリー城へ

ヘンリー8世の6番目の妃キャサリン・パーの棺が眠る、スードリーキャッスルに行きました。
ここは、意識的にチューダー時代から現代までのバラが植えられ、バラのヒストリックガーデン
となっています。
d0099791_21463641.jpg

d0099791_21465363.jpg

城内の敷地には、歴史を感じる廃墟となった建物も。
d0099791_2147979.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 14:04

17 バイブリーの街へ

ウィリアム・モリスが愛した美しいバイブリーの街へ
d0099791_21512244.jpg

前庭が美しい家々。
d0099791_21514089.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 13:52

この日もお天気に恵まれ、コッツウォルズの朝は、爽やかな空気に満ちていました。
d0099791_2155841.jpg

ブラックプディングも今回初めていただきました。
d0099791_21552780.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 13:38

コッツウォルズでは、丘の上のマナーハウス「ウィックヒルハウス」に宿泊しました。
d0099791_2203361.jpg

肖像画がいたる所に飾られ、重厚な雰囲気でした。
d0099791_2205231.jpg

夕食をこのマナーハウスで頂きました。お野菜やハーブが新鮮でとても美味しかったです
d0099791_2211160.jpg

[PR]
# by salonderoses2 | 2008-06-22 13:08