人気ブログランキング |

タグ:イギリス館 ( 23 ) タグの人気記事

おかげ様で、昨日5月9日(木)は、
「バラと歴史の横浜イギリス館~
バラ満開のローズウォーク」
(日本ローズライフコーディネーター
協会主宰)がご好評のもと、無事
終えることが出来ました。
ご参加下さいました皆様、
お手伝いして下さいました皆様、
誠にありがとうございました。


d0099791_09510026.jpg


イギリス館内にて、バラと横浜の歴史
について、お話させて頂いた後、
イギリス館周囲のイングリッシュローズ
ガーデン~香りのガーデンを
ご説明をまじえながら、皆様と
散策致しました。


d0099791_09514728.jpg
バラが大変綺麗に見事に咲き
見応えたっぷりでした。
ランブラー系は、来週以降
見頃となりそうで、今年は例年
よりバラを長く楽しむことが出来、
嬉しいですね。


香りのガーデンの「ローズ・ド・メイ」(C)
フランスのグラース等で香水他の原料用に
栽培されている品種です。

d0099791_10030237.jpg

こちらは、ブルガリアのカザンリクで
香料用に栽培されている品種
「ロサ・ダマスケナ・トリギンペタラ」(D)
(別名カザンリク)です。


d0099791_10043255.jpg

日本や中国産まれの
香りのバラも植栽され、
世界中の主な香りのバラが
一堂に会した素晴らしい
ガーデンです。


その後、再度イギリス館に
お戻り頂き、ティータイムを
お楽しみ頂きました。

d0099791_10180541.jpg

私が10数年前に、初めてバラの
レクチャーをさせて頂いた
横浜イギリス館にて、今年も
バラ満開の中、皆様とご一緒
させて頂けましたこと、
心より感謝致します。

d0099791_10254326.jpg



d0099791_09480002.jpg


イギリス館にお持ちしたバラ、
朝、ワクワクしながら摘んだことも
良い思い出です。

アンナ・オリビエ(采女)(T)と
クレパスキュール(N)、オルレア、
ラベンダーなど。


d0099791_10462118.jpg

横浜では、ローズウィークや
ガーデンネックレス、そして、
「ばらフェスタ2019」(5/15~19)が
開催され、バラやお花をたくさん
見ることが出来ますので、
ぜひ、お出かけになられて
みてはいかがでしょうか。


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら







by salonderoses2 | 2019-05-10 10:54 | 講座&イベント&ツアーのご報告

おかげ様で、こちらは終了致しました。

今年もバラの季節となりました。
いよいよ今週5月9日(木)は、
1日イベント講座「バラと歴史の
横浜イギリス館~満開のバラ咲く
ローズウォーク」が開催予定です。

本日2度目の下見に行って参りましたが、
バラも順調に咲き始め、9日は様々な
品種のバラを楽しむことが出来るかと
存じます。

7日の様子です。

d0099791_01555311.jpg


d0099791_01562615.jpg

「5月9日のタイムスケジュール」
受付:13:15~13:30
レクチャー:13:30~14:15
バラ散策:14:20~15:20
ティータイム:15:25~16:00

ご参加の皆様、お帽子や日傘、
急な天候の変化に備えての折り畳み傘、
歩きやすいお靴、カメラ、水分等の
ご準備をお願い致します。

では、9日、横浜イギリス館2F会議室にて
皆様のお越しを楽しみにお待ち申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら





by salonderoses2 | 2019-05-08 02:01 | 講座&イベント&ツアーのご案内

皆様、ゴールデンウィーク
いかがお過ごしでしょうか。

5月9日(木)は、おかげ様で
満席となっております1日イベント講座
「バラと歴史のイギリス館~
満開のバラ咲くローズウォーク」
(主催:日本ローズライフコーディ
ネーター協会)が13:30より
横浜イギリス館にて開催されますが、
今日は、そのイギリス館周囲のガーデンの
様子を見に行って参りました。

d0099791_02112249.jpg



バラは、まだほとんど開花しておりません
でしたが、たくさんの蕾を用意して、
確実に開花の準備をしている様子でした。

そして、バラの足元には、色とりどりの
花々が植栽され、カラースキームが
素晴らしく、目を楽しませて頂きました。


d0099791_01595944.jpg




d0099791_01591828.jpg



d0099791_02035279.jpg


d0099791_02023442.jpg



d0099791_02061697.jpg




d0099791_02043263.jpg



d0099791_02070124.jpg




d0099791_02085276.jpg




d0099791_02072869.jpg




d0099791_01522396.jpg



d0099791_02581903.jpg


これから、バラが開花したら、
いっそう華やかになることでしょう。
バラと花々との饗宴がとても楽しみですね。

現在横浜では、市内数ヵ所で
美しい花々を鑑賞することが
出来るガーデンネックレスが
開催中です。


d0099791_02185962.jpg


マスコットのガーデンベア

d0099791_02210389.jpg



今年、横浜で初開催となる「ばらフェスタ2019」
(主催:NHKエデュケーショナル、共催:ガーデン
ネックレス横浜実行委員会、後援:NHK横浜放送局)
は、5月15日(水)~19日(日)に、
横浜「大さん橋ホール」にて
開催されます。

私のステージ出演は、5月19日(日)
10:30~11:00です。
「ばらフェスタ2019」公式サイトは
こちら をご覧下さい。

d0099791_02261452.jpg

では、5月9日(木)はイギリス館で、
5月19日(日)は大さん橋ホールにて
皆様のお越しを楽しみにお待ち申し上げます。
どうぞよろしくお願い致します。


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら



by salonderoses2 | 2019-04-30 02:54 | 季節の花々&実り

12月8日(金)、クリスマスイベント「ローズライフなXmas
2017~薔薇と貴族の館のアンティーク&ランチ」が、
盛況のうちに開催されました。
ご参加下さいました皆様、ゲストのアンティークス・ヴィオレッタ代表
青山櫻先生、お手伝いをご担当頂いた皆様、誠にありがとうございました。

d0099791_12490276.jpg


実はこの日の朝、会場の横浜市イギリス館のある「元町中華街」へ
向かう、みなとみらい線が、約40分間停車してしまい、
私も「武蔵小杉駅」で、立ち往生してしまいました。
「どうしましょう・・」と途方に暮れておりました所、やっと
運転再開となり、夜中から準備しておりました庭のバラで作った
アレンジメントを抱えながら、満員電車でなんとか目的地まで
たどりつくことが出来ました。が、荷物運びを依頼した息子と
はぐれてしまったりと、波乱含みの朝となり、心配や不安で
いっぱいだったのですが、イギリス館へ到着し、会場に行ってみると
お手伝いさんたちの気転で、会場はすでに整えらえており、
本当に感動致しました。
そして、お客様方も全員が開始時間前にはご集合下さり、無事に、
予定通り、開始出来ましたこと、なんといったら良いか、言葉には
出来ないほど、感激致しました。

そして、ピアノ奏者の宇佐美元大さん、ヴァイオリン奏者の
末松薫さんによる演奏会がスタートし、素晴らしい音色が
イギリス館を包み込み、朝の忙しなさや不安を全て消し去り、
優雅な空間へと誘って下さいました。


d0099791_13141046.jpg

演奏曲
1・エルガー「愛の挨拶」
2.クライスラー「プレリュードとアレグロ」
3.エルガー「chanson de matin」
4.ドラマ「ダウントン・アビー」のテーマ曲「Did I make the most
  of loving you.」
5.映画「ミス・ポター」より「When you taught me how to dance.」  
6.グルッグ「メロディ」
7.クライスラー「中国の太鼓」
8.シューベルト「アヴェマリア」
アンコール  ドラマ「ダウントン・アビー」のテーマ曲「Did I make
the most of loving you.」

サプライズ曲は、ダウントン・アビーのテーマ曲と、ミス・ポターの
テーマ曲でした。
宇佐美さん、末松さん、素晴らしい演奏を、
本当にありがとうございました。


演奏会終了後は、ホールの後方のお部屋に移動して頂き、
Cha Tea紅茶教室さんのクリスマスティーと、
焼き菓子「フルーツケーキ」、「クロカント」
そして、「パート・ド・フリュイ」をお召し上がり頂きました。

d0099791_13353760.jpg


テーブル上のシルバー食器は、全てゲストの青山櫻先生が、
お持ち下さいました年代もののプレミアム・アンティーク
ばかりです。

d0099791_13372773.jpg


手前の花器は、19世紀半ばのイギリス製で、
ガーランドとリボンの意匠が施されたナポレオン3世様式の
ガラスの花器だそうで、足は羊の足となっていました。
その花器には、私の庭の薔薇「アプリコットネクター」(F)と
「クレパスキュール」(N)、ローズヒップ等のアレンジメントを
コーディネートさせて頂きました。

また、1800年~1850年のフランス製のピッチャー&受け皿には、
ちょうど今回のテーマのお話にも登場するハプスブルグ家の
マリア・テレジアの名を冠した薔薇「マリア・テレジア」(S)や
「コーネリア」(HMusk)、「ジェームズ・ギャルウェイ」(S)を
コーディネートさせて頂きました。

d0099791_13382833.jpg


貴重なプレミアム・アンティークに、薔薇をコーディネートさせて
頂けますことは、大変至福の思いです。
それに致しましても、素敵なアンティークに胸がときめいて
しまいました。

アンティークのご説明をされる青山櫻先生。

d0099791_14015480.jpg


私は、薔薇についてのお話や、ご参考までに、
薔薇をアンティークとコーディネートする際の
ポイント等をお話させて頂きました。


d0099791_14071483.jpg


ご参加者様もお写真をお撮りになって、
楽しんでいらっしゃるご様子でした。


d0099791_14162588.jpg


皆様には再びお席にお戻り頂き、青山櫻先生には
演奏会の曲目にもありました「ダウントンアビー」の実際の城
「ハイクレア城」のカナーボン伯爵家やハプスブルグ家末裔の
プリンセス・アニータの居城に行かれた際の
お話をお伺い致しました。

d0099791_14102424.jpg


以上で、午前の部(atイギリス館)は、一端終了し、
午後のランチ交流会は、イギリス館近くの
フレンチレストラン「エリゼ光」へ会場を移して
開催されました。

ランチ交流会の様子は、
続きをどうぞご覧下さい。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp






























by salonderoses2 | 2017-12-10 14:33 | 講座&イベント&ツアーのご報告

明後日12月8日(金)は、いよいよクリスマスイベント
「ローズライフなXmas2017~薔薇と貴族の館のアンティーク
&ランチ」がございます。
おかげ様で、満席となり、お申し込み受付を終了させて頂きました。
誠にありがとうございます。

d0099791_10003759.jpg

さて、「ピアノとヴァイオリンの演奏会」で演奏して頂く曲目は、
1・エルガー「愛の挨拶」
2.クライスラー「プレリュードとアレグロ」
3.エルガー「chanson de matin」
4.サプライズ曲
5.サプライズ曲
6.グルッグ「メロディ」
7.クライスラー「中国の太鼓」
8.グノー「アヴェマリア」

素敵な曲目ばかりです。
サプライズ曲、なんでしょうね・・

午前の柔らかな日差しが入り込む
イギリス館1Fホールに澄み渡るような
ピアノとヴァイオリンの音色を
どうぞお楽しみ下さい。

d0099791_09572142.jpg

演奏して下さいますのは、
宇佐美元大さん(ピアノ演奏)
ピアノを5歳よりお始めになられ、16歳で渡米、
インターローケン芸術高校、オーバリン大学で学び、
桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
東京を拠点に、ピアニストとして演奏活動を行うとともに、
後進のご指導にもあたっていらっしゃる素晴らしい方です。

末松薫さん(ヴァイオリン奏者)
6歳よりヴァイオリンをお始めになられ、
第8回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門大学の部第3位、
第20回長江杯国際音楽コンクール弦楽器部門第2位を
ご受賞されたこちらも素晴らしい方です。
桐朋学園大学音楽学部卒業、ご自宅の音楽教室で、
後進のご指導にあたっていらっしゃいます。



また、演奏会後のティータイムを素晴らしいアンティークで
華やかに彩って下さるアンティークス・ヴィオレッタ
(横浜・青葉台)さんへ、昨日は、最終打ち合わせに
行って参りました。

d0099791_09352276.jpg

何度訪れても、素敵な店内にうっとりです。
クリスマスグッズやアクセサリーも素敵なものが
たくさん入荷されていらっしゃいました。

こちらのアンティークス・ヴィオレッタさんの青山櫻さんの
お話をお伺い出来るのもとても楽しみです。

お申し込み頂きました皆様は、朝、どうぞお気をつけて
お越し下さいませ。

皆様のお越し、楽しみにお待ち申し上げます。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会(JRLC)



by salonderoses2 | 2017-12-06 10:40 | 講座&イベント&ツアーのご案内

*お申し込み受付中です!
(こちらのイベントは、おかげ様で催行が決まっております。)
バラとバラに関わる文化を学び、体現する機会のひとつとして、
日本ローズライフコーディネーター協会では、今年も、
クリスマスの飾り付けで華やぐ横浜山手の地で
クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」を開催致します。

日時:12月8日(金)(会場:横浜市イギリス館1Fホール)
午前の部:9:30開場、9:45~11:45
ランチ:(会場:フレンチレストランエリゼ光)13:00~15:00


d0099791_12033718.jpg

イベント内容:
12月8日(金)
午前9:45~11:45(9:30開場)
イングリッシュガーデンへとリニューアルされた「港の見える丘公園」に建つ、
嘗て英国総領事公邸であったイギリス館に於いて、ピアノとヴァイオリンの
演奏会をはじめ、世界中で人気を博したドラマ「ダウントンアビー」の撮影が
行われた英国の「ハイクレア城」にお住まいのカナーボン伯爵家や、
ウィーンのハプスブルグ家末裔プリンセス・アニータとのご親交のある
貴族文化研究家・青山櫻先生をお招きし、実際に訪れた際にご覧になられた
お屋敷のアンティークや秘話等をお伺い致します。

ダウントンアビーの舞台「ハイクレア城」


d0099791_12330367.jpg

青山櫻(あおやまさくら)先生 プロフィール
1999年創立の西洋骨董店「アンティークス ヴィオレッタ」代表、
カルチャーサロン「L'institute de Violetta」主宰。
宝飾研究家、貴族文化研究家。カルチャースクール講師。
著書に「レディのたしなみJewelry Lesson」(清流出版)。


d0099791_12074078.jpg


また、青山先生が代表をされる横浜青葉台の西洋骨董店
アンティークスヴィオレッタさんより、バラが似合う
素敵なアンティークをお持ち頂き、私元木はるみが、
バラのアレンジメントをコーディネート致します。
当日、どんなバラや草花をコーディネートさせて頂こうか、
今からとても楽しみです。

d0099791_12052501.jpg
クリスマスのひととき、美しいピアノとヴァイオリンの音色と共に、
バラとアンティークの饗宴をお楽しみ下さい。
(クリスマスのお茶のティータイム付き。)

そして、午前の部終了後、13:00~15:00
イギリス館近くのフレンチレストランにて、
皆様とランチ交流会を開催致します。
ランチ会場は、新鮮でこだわりの素材を使用した美味しく、
美しいフレンチ料理レストラン「エリゼ光」です。
(ランチ会場では、アンティークのご購入も可能です。)

***クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」***

ご参加費:一般のお客様・お一人様 10800円(ランチ・税・
サービス料込)

午前の部のみのご参加の場合。
ご参加費:一般のお客様・お一人様 4860円(税込)
午後のランチのみのお申し込みは不可とさせて頂きます。)

お申し込み方法
「クリスマスイベント2017申込み」とご記入頂き、
1ご氏名、2郵便番号、3ご住所、4お電話番号、5FAX番号
6人数、7御同伴者様がいらっしゃる場合、御同伴者様のご氏名、
午前の部のみご参加ご希望の方は、その旨必ずご明記下さい。
以上、ご明記の上、

メールアドレス japanroselife@excite.co.jp

までお申し込み下さい。
お申し込み下さいました方へは、
日本ローズライフコーディネーター協会より
ご確認メールをお送りさせて頂きます。
(もし、ご確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、
もう1度、メールをお送り下さいませ。)

~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~



d0099791_12523852.jpg



日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら




by salonderoses2 | 2017-11-27 09:56 | 講座&イベント&ツアーのご案内

来月12月8日(金)開催のクリスマスイベント「ローズライフな
Xmas2017~薔薇と貴族の館のアンティーク&ランチ」
の午前の部ティータイム時にお淹れするクリスマスティーが
本日届きました。

d0099791_00125761.jpg

こちらのクリスマスティーは、東京日暮里のCha Tea紅茶教室さんの
オリジナルブレンド「2017クリスマスティー」です。
心地良いスパイスの香りが、クリスマスシーズンの到来を
告げてくれました。

こちらのクリスマスティーと共に、皆様のお越しを楽しみに
お待ち申し上げます。

*こちらのイベントは、どなたでもご参加頂けます。

イベント内容:
午前9:45~11:45(9:30開場)(会場: 横浜市「イギリス館」)
イングリッシュガーデンへとリニューアルされた「港の見える丘公園」に建つ、
嘗て英国総領事公邸であったイギリス館に於いて、ピアノと
ヴァイオリンの 演奏会をはじめ、世界中で人気を博したドラマ「ダウントン
アビー」の撮影が 行われた英国の「ハイクレア城」にお住まいのカナーボン
伯爵家や、ウィーンのハプスブルグ家末裔プリンセス・アニータとのご親交のある
貴族文化研究家・青山櫻先生をお招きし、実際に訪れた際に ご覧になられた
お屋敷のアンティークや秘話等をお伺い致します。
また、青山先生が代表をされる横浜青葉台の西洋骨董店「アンティークス
ヴィオレッタ」さんより、バラが似合う貴重なアンティークをお持ち頂き、
私、元木はるみがバラのアレンジメントをコーディネート致します。
クリスマスのひととき、美しいピアノとヴァイオリンの音色と共に、
バラとアンティークの饗宴をお楽しみ下さい。
(クリスマスのお茶のティータイム付き。)

午前の部終了後、13:00~15:00(会場:山手のフレンチ
レストラン「
エリゼ光」)
イギリス館近くのフレンチレストランにて、 皆様とランチ交流会を
開催致します。
ランチ会場は、新鮮でこだわりの素材を使用した美味しく、
美しいフレンチ料理レストラン「エリゼ光」です。

優雅なクリスマスの1日を、ぜひ、ご一緒致しましょう。

<クリスマスイベント>
「ローズライフなXmas2017~バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」

●ご参加費:お一人様10800円(ランチ・税・サービス料込)

※午前の部のみのご参加の場合。
●ご参加費:お一人様 4860円(税込)
(午後のランチのみのお申し込みは不可。)

【お申込み方法】
①クリスマスイベント2017申込み
②ご氏名 
③郵便番号、ご住所
④お電話番号 
⑤FAX番号
⑥人数
⑦合計金額 
をご明記の上、
日本ローズライフコーディネーター協会
メールアドレス japanroselife@excite.co.jp まで
お申込み下さい。

※日本ローズライフコーディネーター協会より
ご確認メールをお送りさせて頂きます。

イベントのチラシは こちら からご覧頂けます。



d0099791_00201401.jpg

皆様、急に冬らしくなって参りました。
お風邪等召しませんよう、くれぐれもお身体ご自愛下さいませ。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp







by salonderoses2 | 2017-11-21 00:28 | 講座&イベント&ツアーのご案内

12月13日、横浜市イギリス館にて、Xmas講座「ヴィクトリアンクリスマス
~ヴィクトリア時代のバラ」(Design Team Liviu &日本ローズライフ
コーディネーター協会共催)が開催されました。
ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました。
また、この様な素晴らしい機会をご用意下さいましたDesign Team Liviu
の皆様にも、心より感謝申し上げます。

ヴィクトリア女王(在位:1837~1901年)
d0099791_9191522.jpg

ヴィクトリア女王の名を冠した「ラ・レーヌ・ヴィクトリア」(B)
(仏) Joseph Schwartz1872年作
d0099791_9224614.jpg


最初に、今年イギリス館の美しいXmasの飾り付けをご担当された
Design Team Liviuの葛西知子さんによる特別館内展示ツアーでは、
ヴィクトリア時代の歴史背景を基にした展示コンセプトやアイディア等
を詳しくご説明頂きました。
d0099791_23192973.jpg

ディナーテーブルの中央には、ヴィクトリア時代の富と権力
の象徴でもある当時珍重された果物が飾られて。
d0099791_23265327.jpg

特別館内展示ツアーの後は、フラワーアレンジメントをご担当された
Design Team Liviuの石畑真有美さんに、お話をお聞きしました。
館内のフラワーアレンジメントには、市川バラ園さんのバラを活けた
そうです。
d0099791_23303963.jpg

その後、私より「ヴィクトリア時代のバラ」について、時代背景等を
まじえながらご説明させて頂きました。
d0099791_23455138.jpg

様々な発展が見られたヴィクトリア時代には、バラも様々な発展
を遂げました。
d0099791_23451776.jpg

最後までお残り頂いた皆様と。
d0099791_2357293.jpg

イギリス館をはじめ、山手の洋館を彩るXmasの飾り付けは、
25日までご覧頂けます。
d0099791_23175163.jpg

d0099791_003356.jpg

d0099791_005436.jpg


また、イギリス館を囲む「港の見える丘公園」のバラ園は、
「イングリッシュローズガーデン」として今年リニューアルされました。
d0099791_05583.jpg

d0099791_044350.jpg

d0099791_063915.jpg

d0099791_07963.jpg

来春、訪れるのがとても楽しみです。

こちらは、イルミネーションが美しいアメリカ山公園。
d0099791_0104048.jpg


イギリスのXmasをよりお楽しみ頂きたい方は、
ぜひ、「RSVP第19号イギリスのクリスマス]をご覧下さい。
Amazonは
こちら
d0099791_9345477.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/
by salonderoses2 | 2016-12-17 00:20 | 講座&イベント&ツアーのご報告

12月3日(木)、クリスマスイベント「ローズライフなXmas2015
~ピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポターが愛した英国
湖水地方を訪ねて」(ローズフェア主催、ナショナルトラスト
サポートセンター、日本ローズライフコーディネーター協会協賛)
が、横浜市イギリス館にて開催されました。
d0099791_015544.jpg

ヴァイオリン(末松薫さん)とピアノ(山本真梨子さん)による
デュオコンサートでは、「愛の挨拶」「白鳥」「イエスタディ」等、
英国や湖水地方に因んだ曲目や、「情熱大陸」「タイスの瞑想曲」
「星に願いを」に加えて、 映画「ミス・ポター」の主題曲
「Let me teach you how to dance」もご披露頂きました。
美しい音色がイギリス館のレトロな館内に心地良く響き渡りました。
d0099791_017022.jpg

d0099791_0173478.jpg

その後のティータイムでは、ナショナルトラストサポートセンター理事
徳野千鶴子先生お手製の英国のクリスマスケーキと、湖水地方
グラスミアに伝わる「グラスミア・ジンジャーブレッド」を頂きました。
クリスマスケーキは、フルーツがぎっしり詰まったとても美味しい
リッチなフルーツケーキでした。また、グラスミア・ジンジャーブレッド
は、地元の銀行の金庫にレシピが保管されているとのこと、
なかなか日本では頂けないお味で、素朴なお菓子ですが、
とても美味しいお菓子だと思いました。
d0099791_0183683.jpg

これらの英国菓子にぴったりの紅茶をご準備頂いたのは、
紅茶教室の先駆者、栗の木紅茶倶楽部の道村佳代子先生です。
とても香り高く美味しいオリジナルブレンドのクリスマスティーを
淹れて下さいました。
d0099791_0194078.jpg

講演「ピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポターが愛した英国
湖水地方を訪ねて」では、来年生誕150周年を迎える
ビアトリクスの生涯を振り返りながら、ナショナル・トラストについて
詳しく徳野先生よりご説明頂き、また、ビアトリクスが愛した
湖水地方で出会ったバラ達について、お話させて頂きました。
ビアトリクスの絵本の舞台ともなった美しい湖水地方の写真を
ご覧頂きながら、ご参加頂いた皆様にはしばし、湖水地方へ
想いを巡らせて頂きました。
d0099791_0213633.jpg

d0099791_021594.jpg

今回も無事滞りなく、開催出来ましたこと、ご参加下さった皆様、
共演者様、スタッフの皆様には、心より感謝申し上げます。
d0099791_0225250.jpg

おかげ様で、ご好評につき、次回12月10日千葉の朝日カルチャー
にて「ビアトリクス・ポターが愛した湖水地方を訪ねて」(講演のみ)
の開催が決定致しました。
お問い合わせ・お申込みはこちらまでお願い致します。

皆様、素敵なクリスマス・シーズンをお過ごし下さいませ。

クリスマスの飾り付けで美しいイギリス館と
その周辺の山手地区。
d0099791_025460.jpg

d0099791_0253393.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
by salonderoses2 | 2015-12-07 00:29 | 講座&イベント&ツアーのご報告

11月6日、日本ローズライフコーディネーター協会主催
「和ばら束ね会&新品種発表会」が盛況のうちに、
横浜市イギリス館で開催されました。
ローズファームケイジさん作出の「和ばら」、そして
代表の國枝健一さんが、イギリス館へやってきたのは今回
初めてだそうです。また、この日は、ちょうど、隣国台湾での
「和ばら」正式デビューの日と重なり、台湾から取材の方も
ご参加下さいました。
この記念の日に、イギリス館にお集まり頂きました皆様、
誠にありがとうございました。

室内は、清らかで美しい「和ばら」の香りに包まれました。
d0099791_2111755.jpg

國枝健一さん
d0099791_12102014.jpg

私 和ばらに囲まれて、とても幸せな気持ちになりました。
d0099791_12115630.jpg

ローズシフォンケーキ、イートンメス等のバラのお菓子を
お作り致しました。
d0099791_12155637.jpg

会は、國枝さんによる「和ばら」の各品種ごとのご説明、
そして、和ばらをお一人様10本お選び頂き、
ブーケをお作り頂きました。
ブーケには、新芽の付いた葉も使用されますが、
綺麗な葉に、毎回見入ってしまいます。
この赤茶色の新芽の部分の色が、和ばらのお花に
なんともいえず似合って、和ばらの持つ落ち着きのある
可愛い雰囲気を作っているかと思います。
d0099791_12253724.jpg

バラの下処理の方法、ブーケの束ね方、ラッピングの方法
等、詳しく國枝さんよりご説明頂きました。
d0099791_1223185.jpg

皆様、自然と笑みがこぼれ、たおやかで優しく美しい
和ばらのブーケを素敵にお作りになられていらっしゃいました。
記念撮影
d0099791_12304257.jpg

d0099791_12321720.jpg

d0099791_12341235.jpg

d0099791_12345576.jpg

d0099791_12354149.jpg

日本に於けるバラの歴史と関わりの深いこの横浜山手の
地に建つイギリス館で、最新の日本のバラ「和ばら」の会を
開催させて頂き、ご参加下さった皆様と記念の日をご一緒
させて頂けましたこと、改めて心より感謝申し上げます。
d0099791_12365738.jpg

d0099791_12373156.jpg

ご参加頂きました皆様、國枝さん、誠にありがとうございました。
バラは、文化そのものだと、改めて実感致しました。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
by salonderoses2 | 2015-11-08 12:44 | 講座&イベント&ツアーのご報告