本日、新しくバラの苗が届きました。
イングリッシュローズの
「エミリー・ブロンテ」です。
ブロンテ三姉妹の二女で、小説「嵐が丘」
を書かれた方のお名前が付いています。
今年2018年は、エミリー・ブロンテさんの
生誕200周年の年だそうで、こちらのバラは
その記念のバラとなります。

中央のボタンアイの周りは
黄色く輝いて、優しいアプリコットピンク
~クリームのグラデーションが素敵です。



d0099791_18570327.jpg


箱を開けた瞬間から強いティーの香りに
爽やかな柑橘系と微かにミルラが
感じられる心地良い香りがしました。
素晴らしい香りのバラは、
本当に嬉しいですね。


d0099791_18564173.jpg

葉も健康的で、花色ととても
合っています。


こちらは、大阪のデビット・オースチン・
ローゼス社から届きました。
箱のデザインが素敵ですね。


d0099791_18572532.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら



[PR]
by salonderoses2 | 2018-07-11 19:13 | バラ&ハーブ

地元にある生田緑地ばら苑
今年の春の開園はすでに終わっておりますが、この春の
入場者数が、7万人を超える最多記録を更新したそうです。
こちらのばら苑は、小高い山の頂に位置していることから
周りを緑で囲まれ、自然の中でバラの花を愛でることが
出来ます。ですが、なんといっても一番の魅力は、
今となっては、希少となった古いアーリーモダンローズの
品種が数多く植えられていることかと存じます。
現在ある他のバラ園は、イングリッシュガーデンブーム以降に
出来たバラ園が多いように思いますが、
こちらの生田緑地ばら苑は、1958年と歴史が古く、
高度経済成長時代の真っ只中で、当時の最も新しい
ハイカラなバラ達が集められ、現在に至っています。
1958年(昭和33年)といえば、今上天皇陛下と
皇后陛下が御婚約された年であり、一万円札が出来た年です。
テレビ放送(白黒)も、スタートしてまだ5年目でしたから、
一部の富裕層の家庭しか普及していない時代でした。
ぜひ、こちらのばら苑にお越しになられた際は、古い時代の
アーリーモダンローズを探してご覧頂きたいと思います。

さて、今回は、前回お約束致しました通り、生田緑地ばら苑の
イングリッシュローズをご紹介させて頂きます。
イングリッシュローズは、イギリスのデビッド・オースチン氏が
作出したブランドローズで、オールドローズの花型に、
四季咲き性や返り咲き性を加えた現代バラです。
系統では、モダンシュラブになります。イングリッシュローズの
第1号は、1961年に発表された「コンスタント・スプライ」
(一季咲き)ですが、イングリッシュローズが、日本に
紹介され始めたのは1990年代頃になります。
イングリッシュガーデンブームやオールドローズブームと共に
イングリッシュローズは、大変人気となりました。

アーリーモダンローズやモダンローズのハイブリットティーローズ、
フロリバンダが中心の生田緑地ばら苑に、イングリッシュローズ
が植栽されたのは、2008年のばら苑50周年の年でした。
前置きが長くなりましたが、生田緑地ばら苑では、まだ新しい
コーナーであるイングリッシュローズのコーナーの品種を
ご紹介させて頂きます。
「リッチフィールドエンジェル」(2006年作出)
d0099791_137179.jpg

「ジ・インジニアス・ミスターフェアチャイルド」(2003年作出)
d0099791_1401110.jpg

「スキャボロー・フェア」(2003年作出)
d0099791_142698.jpg

「ウィズリー」(2003年作出)
d0099791_1475674.jpg

「アンヌ・ボレイン」(1999年作出)
d0099791_150038.jpg

「コンテ・ドゥ・シャンパーニュ」(2001年作出)
d0099791_1565690.jpg

「シャルロット」(1993年作出)
d0099791_159469.jpg

「ワイルド・イヴ」(2003年作出)
d0099791_22510.jpg

「クイーン・オブ・スウェーデン」(2004年作出)
d0099791_235525.jpg

「テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ」(1998年作出)
d0099791_263035.jpg

「チョーサー」(1970年作出)
d0099791_275655.jpg

「チャールズ・ダーウィン」(2001年作出)
d0099791_2111053.jpg

こちらは、ばら苑への階段を上ってきて頂くと、入口近くに
植えられている「ティージング・ジョージア」(1998年作出)
d0099791_2142989.jpg

「ザ・ジェネラス・ガーデナー」(2002年作出)
d0099791_216276.jpg


他にもまだまだございますが今回は以上です。

それに致しましても、これだけの歴史あるばら苑を
川崎市と協力して、守り続けているボランティアの皆さんには
頭が下がります。
私も微力ながら、お手伝いさせて頂いておりますが、
開花時のバラの花を見る度、皆さんの力が結集した姿だと
毎回感動させて頂いております。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-06-12 02:20 | ガーデン散策

英国の様々な情報を発信しているwebサイト「英国ライフ倶楽部」に
於きまして、「暮らしで楽しむ英国バラ図鑑①」(全8回)の記事&写真
を担当させて頂くこととなりました。
第1回目は、「ウィリアム・シェイクスピア2000」です。
ぜひ、こちらをご覧下さい。
http://britishlifeclub.com/british/?sflg=1&id=1397514940-598121&mca=102

d0099791_12354115.jpg


メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2014-04-15 12:36 | メディア

庭のバラの二番花が、一番花より一回り小さく咲いて、少し庭も華やぎを
取り戻した様に思います。
イングリッシュローズの「ウィンチェスターカセドラル」「ル・デュテ」「アルンウィック
キャッスル」「ジェントル・ハーマイオニー」
d0099791_18593698.jpg

「ザ・ダークレディ」と「バレリーナ」
d0099791_1904576.jpg

「パット・オースチン」
d0099791_1913112.jpg

「ボウベルズ」
d0099791_192357.jpg

ティーローズの「デュセス・ド・ブラパン」
d0099791_1931131.jpg

この二番花を観たら、もう蕾は咲かせず、取ってしまう予定です。
カナブンも飛んで来ていますし、お花がエサになってしまうからです。
また卵を鉢の中に産み落とされたら大変です・・・
チュウレンジハバチの幼虫も孵化し始めましたので、葉を毎日チェックして
被害が小さなうちに取り除きましょう。
d0099791_19103713.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2012-07-04 19:11 | バラ&ハーブ

私の庭の秋のバラ③

今日も晴れましたので、庭のバラの写真を撮りました。
アプリコットネクター、パット・オースチン、コウフンレン、バフ・ビューティー。
d0099791_2344030.jpg

                d0099791_16364930.jpg
お花を生ける時は、
ほとんどお花は
庭からの調達ですので、
その時庭にあるものに、
限られてしまいますが、
かえって季節感は
あるかと思います。














開き始めの「ジ・アレキサンドラローズ」(En.R)。
d0099791_16401293.jpg

「ジェントル・ハーマイオニー」(En.R) 少し雨ジミが出てしまいました。
d0099791_1641478.jpg

「ワカナ」(HT)のグリーンの蕾。
d0099791_16444056.jpg


バラを育ててから    d0099791_1647314.jpg
色々な白があることを
知りました。

色々なピンクも、
色々な赤も、
黄色も・・。

バラは、スノーグース、
プロスペリティー等。










今、ちょっと庭は、ぐじゃぐじゃしています。
購入したバラ苗の植え場所(置き場所)で悩んでいます。
d0099791_16534964.jpg

悩んでいるうちに、予約しておいた牡丹と芍薬の苗まで届いてしまいました。
牡丹の苗屋さんに捜して頂いた「平成桜」の苗、見つけて頂き送って頂きました。
とっても美人なんです。早く植えないと・・・
d0099791_16571688.jpg

   d0099791_23102023.jpg

こちらが、「平成桜」です。→
5月に町田ぼたん園で
咲いていました。
いかがですか?

バラも牡丹もそれぞれに美しく、
魅力的で困ってしまいます。


メールアドレス  
salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-11-02 17:11 | バラ&ハーブ

私の庭の秋のバラ②

ウィンターコスモスとグレイス、ゴールデンボーダー、グラハムトーマス、
ウィンチェスターカセドラル等。
d0099791_1312893.jpg

プロスペリティ(HMsk)
d0099791_13471099.jpg
今頃の秋のお天気は
曇りや雨が多い
ですが、
かえってバラは、
しっとりと落ち着いて
美しく花を咲かせて
いるように思えます。

春は、華やかな
美しさ・・

春と秋では、
同じバラでも
違った雰囲気や表情
違った美しさを
見せてくれます。

それが、また、バラの
魅力のひとつですね。





ヘリテージ(En.R)
d0099791_13135359.jpg

ラ・ローズ・ド・モリナール(Sh)
d0099791_13144980.jpg

ラヴェンダーピノキオ(Fl)
d0099791_13183511.jpg

羽衣(Cl)
d0099791_1324030.jpg

ワイズ・ポーシャ(En.R)
d0099791_13244918.jpg

デュセス・ド・ブラパン(T)
d0099791_13224485.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2010-10-22 14:07 | バラ&ハーブ