タグ:バラの本 ( 21 ) タグの人気記事

現在、秋に発行予定の私の3冊目となります
バラの本「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)の
原稿書きをがんばっております。
私の担当者さんは、24時間体制とのこと、
大丈夫でしょうか?
私もちょっと寝不足でくらくらしておりますが、
良い本作りの為には、がんばりますね。
とにかく画像が綺麗、素晴らしい!
早く皆様にご覧頂きたいです。

それから、昨日、TBSテレビの方よりご連絡を頂き、
先日6月26日に出演させて頂きました
マツコの知らない世界」の後半の「バラの世界」、
7月7日(土曜)のTBSテレビ「王様のブランチ」
にて、少し映るとのことです。
番組HPは こちら
よろしければ、どうぞご覧下さい。


d0099791_00354016.jpg





メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPは



[PR]
by salonderoses2 | 2018-07-07 00:23 | メディア

ボランティア

ここのところ、新しい本の原稿書きで
寝不足の日々をおくっておりますが、
今日は、生田緑地ばら苑のボランティアの日
でしたので行って参りました。
曇りの涼しいお天気で助かりました。

ちょうど2番花がたくさん咲いていました。


d0099791_23464382.jpg



現在は、一般公開はされておりませんので、
他のボランティアさんが室内にいらっしゃる間、
こちらの景色をひとりじめしておりました。

d0099791_23381775.jpg


d0099791_23355194.jpg



毎回、こちらの階段を通ってかよっております。
ちょっとした山登りのようです。


d0099791_23412653.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら

[PR]
by salonderoses2 | 2018-06-24 00:00 | バラ&ハーブ

薔薇の本作り

ご縁のある方々が次々新しい素晴らしいご本を
出されていらっしゃいますが、
いよいよ私自身も新しい本「ときめく薔薇図鑑」
(山と渓谷社)の仕上げに向かって、
気合いを入れ直さないと
いけないと思っております。

昨年から写真を撮って下さっているのは、
自然写真家として世界的に有名な
カメラマン大作晃一さん、
今回も本当に素晴らしいページと
なっています。


d0099791_19075749.jpg


撮影が終わった5月の薔薇たち


d0099791_19091372.jpg


皆様、どうぞお楽しみになさっていて下さい。



我が家の「ツクシイバラ」(Sp)

d0099791_19112658.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら






[PR]
by salonderoses2 | 2018-06-18 19:15 | 本のご紹介

バラが次々咲いて、忙しくも楽しい季節となりました。
屋根の上の「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」と
「フランソワーズ・ジュランヴィル」も、いつもより早く
咲きだしました。
d0099791_23095711.jpg

満開も近くなってきました。

d0099791_23162056.jpg

ゴールデンウィーク中でしたが、5月1日、2日、5日の
3日間、今年の秋に発刊予定の新刊本「ときめく薔薇図鑑」
の撮影がありました。
出版社の方々とカメラマンの大作さん。
昨年に引き続き、どうぞよろしくお願い致します。
d0099791_23124510.jpg

撮影が終わったバラのお花たち。

d0099791_23150732.jpg


バラの一番花は、つくづく綺麗だな・・と
思います。

ディープカップ咲きの香り豊かな
「ウェッジウッドローズ」(En.R)

d0099791_23211396.jpg


良い本が出来上がりますよう、
尽力に努めて参ります。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら







[PR]
by salonderoses2 | 2018-05-06 23:55 | バラ&ハーブ

新しい本作りに向けて

おかげ様で、来年以降の発行をめざして、
新しい本作りに向けての撮影がスタート致しました。

撮影開始は、最高のお天気に恵まれ、
良いスタートをきることが出来ました。

新しい本の詳細は、追ってお知らせさせて頂きます。
皆様、どうぞよろしくお願い致します。


カメラマンさんは、他に来年2冊の
バラの本発行の撮影を抱えていらっしゃる
超多忙な方です。

出版社さんのスタッフさんが、バラに傘をさして
光の調整をしています。

d0099791_09333812.jpg

私も傘をさして、少しでもバラを綺麗に撮って頂けるように。

d0099791_09431779.jpg

皆さんでひとつのことを作っていく・・大変な作業ですが、
素晴らしい機会です。

d0099791_09480290.jpg


この機会を大切に、これから良い本の完成を目指して、
力を合わせてがんばって参ります。
カメラマンさん、出版社さん、そして皆様、
何卒どうぞよろしくお願い致します。

d0099791_10041114.jpg




拙著「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」(JA家の光協会)
こちらもどうぞよろしくお願い致します。

d0099791_09525021.jpg
Amazonはこちら






メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp




[PR]
by salonderoses2 | 2017-06-10 09:57 | 本のご紹介

11月も後半となり、ようやく我が家の庭のバラたちは、
本来の秋バラらしく、花弁に濃淡をにじませながら、
美しく咲いてくれるようになってまいりました。

「ピンク・ブラッシング・ノックアウト」(F)が、
こんなに綺麗だったかしら・・・と思うほど眩く感じられました。
d0099791_1111131.jpg

d0099791_1114380.jpg

d0099791_1123643.jpg

「イングリッシュ・エレガンス」(Sh)(En.R)
d0099791_1141633.jpg

「プロスペリティ」(HMsk)
d0099791_115523.jpg

「パット・オースチン」(Sh)(En.R)
d0099791_1171733.jpg

d0099791_11833.jpg

「ミルフィーユ」(F)
d0099791_11121231.jpg

「アプリコット・ネクター」(HT)
d0099791_1113018.jpg

「クレパス・キュール」(N)
d0099791_11141588.jpg

d0099791_1115373.jpg

d0099791_11161845.jpg



拙著「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」(JA家の光協会)
Amazonはこちら
d0099791_11185896.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HP
http://www001.upp.so-net.ne.jp/jrlc/
[PR]
by salonderoses2 | 2016-11-23 11:23 | バラ&ハーブ

まだ青々とした葉

例年の今頃ですと、だいぶ葉が落ちてしまっているバラですが、
今年は雪が降ったとはいえ、まだ青々としたバラの葉が
枝にたくさん残っています。
誘引の為、枝をカットしていますが、うちでは今までの冬で
一番青々とした葉が多いように思います。
d0099791_9242082.jpg

それでもやはり冬の作業を進めて行くのは、枝がどんどん固くなり、
誘引が、し辛くなってしまうこと、芽を揃えて、元肥を有効的に
効かせたい、また、もし雪が大量に降った時にシュートが
折れてしまうのを防ぐ為等、理由があります。
焦る必要はありませんので、一歩一歩丁寧に進めて行かれるのが
一番かと思います。
残った枝に付いている古い葉は、私はもう少しそのままにして、
本剪定の頃、残っていたら手で取り除きます。

「クレパス・キュール」(N) 
春から冬まで、ずっと咲き続けてくれました。
d0099791_9474691.jpg

色が繊細で美しい冬の蕾。
d0099791_9491482.jpg

また5月に会いましょう。
d0099791_1083640.jpg



本「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」
(JAグループ家の光協会)
Amazonはこちら
d0099791_1091586.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-01-27 10:15 | バラ&ハーブ

今年の冬のバラの管理

一昨日関東でも降り積もった雪がまだたくさん残っていますが、
雪が積もると、その前に、バラの冬仕度をもっと進めておけば
良かった、と思いますよね。特に今年は暖かでしたので、
お花も次々と咲いていましたし、葉も青々としていました。
d0099791_1095150.jpg

でもまだ大丈夫です。元肥は1月~2月上旬までに
済ませれば間に合います。ですから、まだ元肥を
あげていない方は、雪が解けたら、まず地植えの
元肥から始めて、鉢植えの元肥(土替え、必要なら鉢増し)
を順次行っていくと良いかと思います。
そして、2月中旬~下旬の本剪定、3月必要があれば
良い芽の上での切り戻しを行います。
誘引は、例年でしたら、まだ枝が固くなる前の12月に
終わっていることが理想ですが、今年は暖かく枝も水々しい
ものが多かったですし、早く横に倒してしまうと暖かさから、
すぐ芽が動いてしまうものもありましたので、
1月中に終えれば良いのではないでしょうか。
気候変動に伴い、バラの管理方法も、その年にあった
管理方法が一番良いかと思います。
いずれにしても、雪が積もった庭では作業が困難ですので、
今のうちに植え替えを検討されていらっしゃる方は、
計画をよく練ったり、必要資材を調達しておきましょう。
体調を整えておくことも肝心です。
d0099791_10343333.jpg

雪が解けるのが待ち遠しいですね。


本「アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり」
(JAグループ家の光協会)
Amazonはこちら
d0099791_10363991.jpg




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2016-01-19 10:47 | バラ&ハーブ

バラに関する様々な情報を発信されている(株)産経デジタル
New Roses Webさんに於きまして、私の拙著「アフターガーデニング
を楽しむバラ庭づくり」(JAグループ家の光協会)の抽選プレゼント応募が
スタート致しました。(7月17日締切)
この機会に、よろしければ、ぜひ、ご応募下さい。
詳細はこちらをご覧下さい。
d0099791_23422827.jpg


ご購入はAmazonのこちらからお求め頂けます。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-07-08 23:49 | メディア

毎年、新しい品種が発表されるバラの世界ですが、
それは、現代が求めるバラを追及した育種家さん達の
英知と努力の賜であります。
そんなバラたちを庭に植え育み、鑑賞し暮らしを潤す為の
指針のひとつとなるような薔薇の図鑑がこの程、
(株)山と渓谷社さんから発行されました。
d0099791_10364333.jpg

こちらの図鑑の特徴は、冒頭のNew Rosesのコーナーに
カットローズ(切り花)として流通するバラを紹介するコーナーが
あることや、原種から現代バラまでの2200品種ものバラたちを
オールカラーで紹介しているところかと思います。
写真も大変美しく、見やすく整理された誌面となっています。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
[PR]
by salonderoses2 | 2015-06-02 10:48 | 本のご紹介