タグ:バラ ( 125 ) タグの人気記事

今年のバラの1番花の季節も
終わろうとしています。
あっという間のバラの季節、
約2週間のバラの最も美しい季節の為に
1年間バラを見守り育ててきました。
また、その1年の始まりです。
終わりは、始まりですね。

バラの季節のガーデン・ティーパーティー、
今年もたくさんの方にお越し頂き、
皆様とバラの季節を共有出来ましたこと、
心より感謝致します。


d0099791_09381362.jpg



d0099791_09470273.jpg

各、パーティーの様子は、これから順に
アップさせて頂きます。


「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」(En.R)

d0099791_09563069.jpg





メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら




[PR]
by salonderoses2 | 2018-05-19 09:48 | 講座&イベント&ツアーのご報告

d0099791_22384176.jpg

5月8日(火):アンティークス・ヴィオレッタ代表
青山櫻先生との「アンティーク&バラParty」
5月9日(水):ポーセリンアーツ教室主宰
山村晃子先生との「ポーセリンアーツ&バラParty」
5月11日(金):デザインチームLiviuさんとの
「薔薇の園遊会」
5月12日(土):日本ローズライフコーディネーター協会
主催「Garden Party &長嶋清美先生をお迎えして
バラのクリーム絞り方レッスン」
5月16日(水):洋菓子教室サロン・ド・マリー主宰
横井満里代先生との「バラのGarden Tea Party」
各回、全て満席とのこと、各先生方には
心より感謝申し上げます。
ご参加下さる皆様、心よりお越しを
楽しみにお待ちしております。

メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら


[PR]
by salonderoses2 | 2018-05-07 22:40 | 講座&イベント&ツアーのご案内

バラが次々咲いて、忙しくも楽しい季節となりました。
屋根の上の「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」と
「フランソワーズ・ジュランヴィル」も、いつもより早く
咲きだしました。
d0099791_23095711.jpg

満開も近くなってきました。

d0099791_23162056.jpg

ゴールデンウィーク中でしたが、5月1日、2日、5日の
3日間、今年の秋に発刊予定の新刊本「ときめく薔薇図鑑」
の撮影がありました。
出版社の方々とカメラマンの大作さん。
昨年に引き続き、どうぞよろしくお願い致します。
d0099791_23124510.jpg

撮影が終わったバラのお花たち。

d0099791_23150732.jpg


バラの一番花は、つくづく綺麗だな・・と
思います。

ディープカップ咲きの香り豊かな
「ウェッジウッドローズ」(En.R)

d0099791_23211396.jpg


良い本が出来上がりますよう、
尽力に努めて参ります。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら







[PR]
by salonderoses2 | 2018-05-06 23:55 | バラ&ハーブ


今年で開講し、おかげ様で10年目となります
産経学園・新百合ヶ丘の定期講座「素敵にローズライフ
では、5月からのご参加も可能となっております。


d0099791_15024939.jpg

講座内容
第1回:4月10日(火)10:30~12:00
「バラのコンパニオンプランツ
バラとハーブの関係や、ハーブの効能、
庭園やベランダでのガーデニング・アイディア等を
ご紹介致します。
(こちらは、終了致しました。)

第2回:5月15日(火)13:30~15:00
「バラの季節のガーデン・ティーパーティー」
バラの庭で、お茶やお菓子をお楽しみ下さい。
バラの絵柄の食器についてや、幾度と訪れ感銘を受けた
英国のガーデン・ティーパーティーについての
お話もさせて頂きます。


昨年の様子

d0099791_15033656.jpg


第3回:6月12日(火)10:30~12:00
「食香バラの活用法」&「花後の管理法」
中国のバラの谷から、昨年初めて日本へやってきた「食香バラ」
の活用法と秘話をご紹介致します。


第4回:7月10日(火)10:30~12:00
「障壁画のバラ」&「夏の管理方法」
日本の寺院等の障壁画に描かれたバラについてご紹介させて頂きます。

第5回:9月11日(火)10:30~12:00
「日本画のバラ」&「この時期の管理方法」
古い日本画から美人画に登場するバラまで、その時代背景と共に
ご紹介させて頂きます。

以上計5回。

お問い合わせ・お申し込み:
TEL 044-965-0931 まで。

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。


メールアドレス  
salonderoses2@excite.co.jp





[PR]
by salonderoses2 | 2018-04-24 14:20 | 講座&イベント&ツアーのご案内

ガーデニングに関する様々な情報が満載の
「花・緑・庭のwebマガジンGarden Story」さんにて
私の書かせて頂きました記事が掲載頂きました。
今回は、「バラの季節を楽しむなら朝がベスト!~
心身共に癒されるバラの芳香浴」と題して、
バラの季節に、とても楽しみにして実践していることを
書かせて頂きました。
ぜひ、こちら をご覧下さい。

d0099791_14123776.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら


[PR]
by salonderoses2 | 2018-04-24 14:14 | メディア

今年は、桜や牡丹、藤に続いて、バラも例年より
約20日も早く開花し始めました。
ですが、蕾の小さいものもありますし、
早咲きのものから、遅れて咲くものまで
時間差で咲き始めるような気がします。
バラを育てて約30年近くになりますが、
本当に毎年、気候も違えば、バラの咲き方、
咲き進み具合いが同じことはありません。
ですが、これだけ早く開花し始めたのは、
初めてです。


「クレパス・キュール」(N)の一番花。

d0099791_12303278.jpg


「サフラノ」(T)
d0099791_12562675.jpg

ティーローズは、開花の早いバラが多いです。

こちらもそのひとつ「アンナ・ユング」(T)

d0099791_13151668.jpg

こちらは、ジギタリスとバラの蕾。
バラの蕾はだいぶ色が増し、
咲く準備を整えている様子がします。

d0099791_13181621.jpg


「ナニワイバラ」(Sp)は、満開の時を迎えました。

d0099791_13200716.jpg


d0099791_13211100.jpg

門の上に、マウント仕立てにした「ナニワイバラ」の下では、
毎朝、花弁と常緑ならではの古い葉が落ちる時期とが重なり、
掃き掃除が大変です。
しかし、このバラには、このバラの特徴を活かして、
伸び伸びと咲いてほしかったので悔いはありません。

d0099791_13291940.jpg

昨日、今日と花曇りのお天気で、急に
うどん粉病も発生してきました。

早めの対処とまめな観察が忙しい、大変ながらも
嬉しい季節となりました。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら




[PR]
by salonderoses2 | 2018-04-24 13:33 | バラ&ハーブ

現在の庭

純白の小さなお花が愛らしい「姫ウツギ」(後方)が満開へ。

d0099791_23381816.jpg

我が家では、牡丹の足元を「姫ウツギ」が覆っています。

d0099791_23373680.jpg

美しい牡丹「貴婦人」

d0099791_23481946.jpg




マウント仕立ての「ナニワイバラ」が、もう咲き始めました。
今までで一番早い開花です。

d0099791_23390270.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HPはこちら

[PR]
by salonderoses2 | 2018-04-13 23:51 | 季節の花々&実り

鮮やかな赤

今年は、明治維新より150周年の記念の年とあって、
様々なイベントが開催されておりますが、
明治維新後の様子を描いた浮世絵展等に参りますと、
錦絵(木版多色摺りの浮世絵)の「鮮やかな赤」が
とても印象に残りました。
これは、安価なアニリン染料が輸入されるようになった
ことと関係があるとのことですが、新しい時代に向かって
扉を開き、文明開化の時代のエネルギーを
象徴した色でもあると云えると思います。

こちらは、明治8年発行のサミュエル・パーソン著、
安井眞八郎訳の「薔薇栽培法」ですが、こちらにも
その「赤」が使用されていました。

d0099791_10321173.jpg


この機会に、「鮮やかな赤色のバラ」に注目してみるのも
楽しいかと思います。

写真のバラは、2017年、ローズファームケイジさん作出の
和ばら「旬」(しゅん)

d0099791_10462962.jpg


また、4月2日(月)13:30~15:00
NHK文化センター横浜ランドマーク教室に於きまして、
大正ロマン・昭和モダンの薔薇の着物から当時のバラ人気を
紐解く
」と題し、レクチャーをさせて頂きます。
(こちらのレクチャーは、終了させて頂きました。)

「赤地松鶴薔薇文様縮緬留袖」(明治~大正)
現代となってはなかなか目にすることがなくなった赤地の留袖


d0099791_11083052.jpg


戦前の白黒写真からはなかなか想像しずらい当時の着物の色ですが、
実際にご覧頂くと、その鮮やかな色合いにきっと驚かれることでしょう。
ぜひ、この機会に、当時の日本に於けるバラ人気を物語る、
薔薇が描かれた着物をご覧になりにいらして下さい。
(上記以外の着物の他20数点)



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp









[PR]
by salonderoses2 | 2018-03-19 11:30 | 講座&イベント&ツアーのご案内

New!
ガーデニングに関する様々な情報が満載の
「花・緑・庭のwebマガジンGarden Story」さんにて
書かせて頂きました記事がアップされました。
今回のテーマは、「木炭の小粒で根が活き活き」です。
ぜひ、こちらをご覧下さい。

もうすぐ発売される春の新苗を植え付ける際は、
根鉢を崩さないよう(根を切らないよう)、
ポットから取り出し、そのまま土や根を落とさず、
鉢植えや地植えにして下さい。(新苗は、最初は
鉢植えをお薦め致します。)


d0099791_16502465.jpg


メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp

[PR]
by salonderoses2 | 2018-03-12 17:01 | メディア

春の訪れ

3月に入り、暖かい日は、庭仕事も楽しく捗ります。
気が付けば、春の訪れを知らせる天使達が、
羽を広げて舞い降りていました。

d0099791_23383820.jpg


クリスマスローズは、毎回、謙虚な花姿。


d0099791_23410899.jpg

d0099791_23431860.jpg


こちらは牡丹、すでに花芽を付けています。

d0099791_23451840.jpg


d0099791_23444999.jpg

花芽を見れると安心ですが、中には花芽が無さそうな子もいます。
会えるまでもう1年待たなくてはいけません・・・



水仙は、もう明日にでも咲いてくれそうです。

d0099791_23551323.jpg



フキノトウは、もうお花が咲いてしまいました。


d0099791_23490409.jpg



新しく買ってきたフリルのパンジー。
イタリアの貴族が創ったパンジーだとか。


d0099791_23522093.jpg



今年も春が訪れました。
バラは、あと2か月と少しで、この小さな新芽から
満開の花の時期へと変化して行きます。
今年の春を、心ゆくまで楽しみたいと思います。

d0099791_00041607.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp






小さい春、みーつけた!



[PR]
by salonderoses2 | 2018-03-04 00:14 | 季節の花々&実り