人気ブログランキング |

タグ:バラ ( 202 ) タグの人気記事

New! 今年で、定期講座を担当させて頂き、
おかげさまで、11年目を迎えました産経学園・
新百合ヶ丘教室「素敵にローズライフ」
秋期(10月~2020年3月)のご受講生様募集
開始されましたのでご案内させて頂きます。

d0099791_01021893.jpg
旧古川庭園のバラ

カリキュラム内容は下記の通りです。

第1回:2019/10/08(火)10:30~12:00
バラの系統と特徴

第2回:2019/10/24(木)13:00~14:30
秋バラ見学会「旧古川庭園」
(集合時間、集合場所は追ってお教室より
お知らせさせて頂きます。)

第3回:2019/12/10(火)10:30~12:00
様々なローズガーデンから学ぶ庭づくり

第4回:2020/01/14(火)10:30~12:00
バラの大苗の植え付け(講師宅にて)
(こちらも、集合時間、集合場所は
追ってお教室よりお知らせさせて頂きます。)

第5回:2020/03/10(火)10:30~12:00
バラとハーブの香りのアロマストーン作り

計5回の定期講座となります。

詳細は、産経学園新百合ヶ丘教室のHPこちら
を御覧ください。

お申込み:新百合ヶ丘産経学園
TEL:044-965-0931

~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら

by salonderoses2 | 2019-09-11 01:25 | 講座&イベント&ツアーのご案内

ここのところだいぶ涼しくなりましたが、
今年の暑い夏の間中、バラやお庭のお手入れ、
本当にお疲れ様でしたね。

日本ローズライフコーディネーター協会(JRLC)
にて、実施させて頂きました
「この夏、あなたのお庭やベランダで、元気に
咲いていたバラは何ですか?」の
アンケート結果が出ましたので、ぜひ、
日本ローズライフコーディネーター協会のブログ↓
をご覧ください。

d0099791_13113631.jpg


今月の講座やイベント情報は こちら


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら






by salonderoses2 | 2019-09-05 13:15 | バラ&ハーブ

先日、NTTドコモさんより
「バラを贈る時の3つのポイント」について、
取材頂きました。
その記事がNTTドコモさんのサイトにて
アップ頂きましたので、
ぜひ こちら をご覧ください。

「感謝」(HT)

d0099791_22055206.jpg

メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら




by salonderoses2 | 2019-08-28 22:07 | メディア

台風接近

ゆっくりと進む大型の台風が近付いています。
昨日から、急に晴れたと思ったら、
急に大雨が降ったり、その繰り返しで、
なかなか外に出れませんが、
咲いていたバラを切ってきました。

「ジェームズ・ギャルウェイ」(En.R)

d0099791_12115858.jpg

小さな鉢植えや、ガーデンにある小物は、
家の中に取り込みました。

大きな被害が出ないと良いですね。


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら

by salonderoses2 | 2019-08-15 12:19 | バラ&ハーブ

真夏のバラ

連日の猛暑、庭仕事もお休みしたいところ
ですが、水やりを待っているバラがいると
思うと、どうしても出なくてはなりません・・

そんな時、思いがけなく
摘蕾を免れて咲いていた子たちに
出会えるのは、ちょっと嬉しい気持ちに
させられます。

小さな夏のバラ、健気に逞しく
d0099791_11131305.jpg


夏の庭仕事の後は、
ハーブ&フルーツ・ティー


d0099791_11170093.jpg


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら

by salonderoses2 | 2019-08-04 11:21 | バラ&ハーブ

猛暑続きの毎日、皆様くれぐれも
熱中症など、お体どうぞご自愛くださいませ。

「ザ・ダークレディ」(En.R)

d0099791_10521268.jpg


暑さで疲れた体に嬉しい
「サマー・プディング」
いかがでしょう。

d0099791_11391746.jpg

メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら




by salonderoses2 | 2019-08-01 12:05 | バラ&ハーブ

庭の記憶(2019年 春)

今年は、なかなか梅雨が明けず、
庭仕事も捗りませんでした・・

陽射しが眩しかった
今年の春の庭。

d0099791_01265010.jpg




d0099791_01230209.jpg




d0099791_01055443.jpg


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら

by salonderoses2 | 2019-07-23 01:12 | バラ&ハーブ

6月末~7月上旬にかけて、
フランスへ仕事とプライベートを
兼ねて出かけて参りました。

朝、ホテルの周囲を散歩中、
目の前に偶然表れた
ローズガーデン。

d0099791_00265233.jpg


ちょうど、ヨーロッパに熱波が
やって来たとても暑い期間を
フランスで過ごしておりました。
フランス南部では、46℃を記録し
今までで最高気温となったそうです。
そんな中、健気にバラが咲いていて
くれたことが、とても嬉しく
今回の旅で一番心に残りました。

ロワールへ、古城巡りに出かけましたが、
ロワールでも41℃の暑さでした。

「シュノンソー城」
スタンダード仕立てのポリアンサローズが
高温の中、元気に咲いていました。


d0099791_23245499.jpg


「シャンボール城」
お城に因んだバラが植栽されていました。


d0099791_23254902.jpg

「クロ・リュセ城」
レオナルド・ダヴィンチが晩年、
亡くなるまでの3年間を過ごした館。
今年は、ダヴィンチ没後500周年の年と
なります。

庭園は、「モナリザ」の名を冠したバラが
満開でした。


d0099791_23330424.jpg


また、別の日に訪れた「ヴェルサイユ宮殿」は、
やはり暑い1日でしたが、庭園や
「プチ・トリアノン」「グラン・トリアノン」と
全て歩いて周り1日中そこで過ごしました。


d0099791_23373882.jpg

ミュージアム・パスを持っていましたが、
炎天下の長蛇の列は無理と判断し、
最初に庭園から入り見学致しました。
(庭園は、ミュージアム・パスでは
入場不可ですので、チケットを
購入致しました。)

d0099791_00375984.jpg

続いて「プチ・トリアノン」や
「グラン・トリアノン」を
見に行きました。
両方共、ミュージアム・パスで
入場出来ました。
トラムや自転車等もあったのですが、
乗り方がよく解らず、
歩いて行くことにしました。


d0099791_23382379.jpg


ヴェルサイユのバラ

d0099791_19244788.jpg


d0099791_19260664.jpg

宮殿内の見学は、15時過ぎ頃に
なってしまいました。
それでも、大勢の人で混んでいました。
「鏡の間」

d0099791_23483411.jpg

暑い中たくさん歩いたりと
大変ではありましたが、
悔いなくほとんどを
見て周ることが出来ました。


また、涼しいと聞いておりました
パリの北側にある古い港街の
「オン・フルール」や、可愛い村に
登録された「ブブロン・オン・オージュ」、
そして「モン・サン=ミッシェル」
等へも足を伸ばしました。

印象派の画家たちがこぞって
描いた「オン・フルール」にて。
気温は、高めでしたが、
どこを切り取っても絵になる
素敵な街でした。

d0099791_00142929.jpg

フランスの可愛い村のひとつに選ばれた
「ブブロン・オン・オージュ」。
こちらでも、咲いているバラに
出会えました。

d0099791_00075354.jpg

世界遺産「モン・サン=ミッシェル」

d0099791_00152248.jpg


パリに戻る途中に寄った
「シャルトル大聖堂」。
西洋美術史の教科書でも見た
ロマネスク様式とゴシック様式
の両方が見れる建築。

d0099791_00233978.jpg

ステンドグラスの薔薇窓。

d0099791_00241739.jpg

再現不可能と云われる
シャルトルブルーの
最も有名な「青い聖母」の
ステンドグラス。

d0099791_00520504.jpg


聖堂内は、ひんやりと涼しく
厳かで、とても美しかったです。


今回のフランスの旅は、全く想定外の
高温という気象状況に当たって
しまいましたが、その中で、元気に
逞しく花を咲かせるバラたちを
いたる所で見ることが出来、
多くのことを学ばせて頂きました。

d0099791_01164033.jpg

今後、フレンチローズをテーマとした
講座を開講予定です。

9月25日(水)13:00~15:00
1日講座「暮らしの美を彩るフレンチローズの世界」
(フレンチティーとフレンチ菓子のティータイム付き)

可憐で、育てやすい品種が多数あるフレンチローズ
について、今回取材して参りました画像と共に
詳しくお伝えさせて頂きます。
今回、シャンボール城で購入して参りました
日本未入荷のクッキーや、シュノンソー城で
購入して参りましたフレンチティー等も、
どうぞお楽しみ下さい。
会場:「家庭画報」の世界文化社が運営する
カルチャースクール「セブンアカデミー」

住所:〒102-8187
   東京都千代田区九段北4-2-29
   セブンアネックスビル6階(旧世界文化社別館)
交通:JR中央・総武線 市ヶ谷駅から徒歩3分
   東京メトロ南北線/東京メトロ有楽町線/
   都営新宿線 市ヶ谷駅 1番出口から徒歩3分
TEL:03-6697-0771
(お電話でのお問い合わせは平日10:00~17:00 )
詳細は こちら をご覧下さい。

~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら





























by salonderoses2 | 2019-07-06 01:55 | 2019・フランス旅行

ガーデニングに関する様々な情報が満載の
webサイトGarden Storyさんに於きまして、
先日訪ねて参りました仙台のバラ寺「円通院」に
関しまして書かせて頂きました記事が
アップされました。
ぜひ こちら をご覧下さい。

d0099791_10380317.jpg

また、今までGarden Storyさんにて
書かせて頂きました記事は
こちら からご覧頂けます。


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら

by salonderoses2 | 2019-06-24 10:44 | メディア

昨日は、ずっと行きたいと思っておりました
仙台の「円通院」へ、取材を兼ねて
行って参りました。

仙台までは、東京から新幹線で約2時間程、
そこから約40分程仙石線に乗って、
「松島海岸」駅にある「円通院」に到着
しました。

d0099791_15265486.jpg

石庭や、苔むすしっとりと落ち着いた
庭園を通り過ぎ、


d0099791_15314936.jpg

歴史を感じる
石の階段を進み、

d0099791_15293605.jpg

見えてきましたのは、
こちら「円通院」にあります
国指定重要文化財「三慧殿」です。
遠くからでも、扉が開いているのが
わかり、とても嬉しく、
わくわくしながら
近寄って行きました。

d0099791_15133011.jpg

こちらに関しましては、後日
取材をまとめ、記事にアップさせて
頂く予定です。

境内には、バラ園が造られ、
ちょうど満開のバラたちに
会うことが出来ました。


d0099791_15441696.jpg



d0099791_15425179.jpg

バラの絵柄のお守りも購入。

d0099791_15543855.jpg


「円通院」のお隣には、伊達正宗ゆかりの
有名な「瑞巌寺」(国宝)もあり、
本堂や庫裡回路、障壁画を見学致しました。

d0099791_16084091.jpg


d0099791_16090167.jpg



また、せっかくですので、定期観光船に
乗船し、松島の風景を堪能して参りました。

d0099791_15450326.jpg


d0099791_16385755.jpg



松島産の牡蠣を頂きましたが、
大きくて、リーズナブルで
感激の美味しさでした。

d0099791_15483661.jpg

それに、牛タンやずんだ餅、
ソフトクリームと
どれもとても美味しく
お土産は、笹かまぼこを購入して
帰って参りました。


d0099791_15552230.jpg


d0099791_15554686.jpg


d0099791_15571894.jpg


そして、多くの外国人観光客の
姿を目にすることが出来ました。
ゆったりと寛ぎながら
楽しんでいらっしゃる姿が
印象的でした。
d0099791_16234018.jpg

2011年の大震災で、海岸に於ける
津波等による被害が少なかったと
云われる松島海岸、それは、
300を超す松島の島々が
防波堤の役割となった
からだそうですが、元々、ここ松島は
霊場として古くから栄えていた場所、
岩をくりぬいて出来た史跡が
至るところに見られ、神秘的で
魅力的な場所でもありました。


メールアドレス japanroselifecord@gmail.com

日本ローズライフコーディネーター協会
HPは こちら





by salonderoses2 | 2019-06-07 16:41 | ガーデン散策