タグ:バラ ( 115 ) タグの人気記事

皆様、冬のバラ仕事は進んでいらっしゃいますか?
積雪がなかなか解けずに庭仕事も大変ですが、
地道にがんばっていきましょう。

さて、為になるガーデニング情報満載のwebサイト
「花・緑・庭のwebマガジンGarden Story」にて、
書かせて頂きました記事「冬のバラの活用法~
花のない時期でもローズライフを楽しむ為に」が
アップされました。
ぜひ、こちら をご覧下さい。

d0099791_21234734.jpg

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2018-01-30 21:25 | メディア

寒波到来

先週は、4月並みの気温の日もあり、日中は温かく
バラのお世話も捗りましたが、今日は一変して
関東地方でも雪が降り始めました。
もう少し庭仕事を進めたかったのですが、
誘引や剪定、剪定でカットした枝の処理で、
腕、肘、肩、首が痛くなり始めましたので、
私にとりましては、ちょうど休みなさい
ということなのかもしれません・・

d0099791_11063367.jpg

脚立での作業は、正直命がけです。
剪定でカットした枝を、更に細かくカットする処理にも
時間と労力がかかります。
私は、これらの作業を毎回、ひとりでこなしておりますが、
いつも、バラと真摯に向き合える「バラと私だけの時間」
だと思っております。

まだ、枝先に残っていたバラの花や蕾を集めて。
冬の寒い外気の中、健気に佇んでいた愛しいバラたち。

d0099791_11274875.jpg


15時過ぎには、すっかり雪景色に。


d0099791_22021006.jpg



今日は、皆様、温かくなさって下さい。
外出の方は、どうぞお気を付けて下さい。

d0099791_11303691.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp


日本ローズライフコーディネーター協会









[PR]
by salonderoses2 | 2018-01-22 11:32 | バラ&ハーブ

お正月も終わり、いよいよバラの冬のお手入れに
本腰を入れないといけない時期になりました。
まずは、ランブラー系やツルバラから始めます。
私も屋根に上ってがんばりました。

d0099791_20365110.jpg

私は、年末からお正月にかけて、風邪で寝込んでしまいました。
皆様、どうぞ暖かくなさって冬の作業をがんばって下さい。


庭のバラを剪定中に、まだ咲いていたバラを集めて。

d0099791_20392321.jpg



d0099791_20462228.jpg



d0099791_20443585.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2018-01-05 20:49 | バラ&ハーブ

新年、明けましておめでとうございます。

昨年中は、大変お世話になりまして、
誠にありがとうございました。

本年の皆様のご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


2018年(平成30年)  元旦

d0099791_10084375.jpg
ローズファームケイジさんの和ばら「雅」他。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会




[PR]
by salonderoses2 | 2018-01-02 10:11 | Salon de Roses

薔薇のクリスマス

クリスマスに、庭の薔薇が咲いていると
とても重宝ですね。

「ザ・ダークレディ」(En.R)


d0099791_22105731.jpg

d0099791_22101750.jpg



ずっと庭で咲き続けてくれている「クレパスキュール」(N)
と「アプリコットネクター」(F)で、2度めのアレンジを作りました。



d0099791_10593629.jpg


皆様、良いクリスマスをお過ごし下さい。

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp



[PR]
by salonderoses2 | 2017-12-24 22:14 | バラ&ハーブ

クリスマスも、もうすぐですね。

キャンドルワックスの中に、
庭のバラとハーブ、ローズヒップを詰め込んで、
エッセンシャルオイルで香りをプラスし、
アロマ・ワックスバーを作りました。

d0099791_08144789.jpg


小さなバラの花も大活躍。

d0099791_08195573.jpg


凍った雪の中のようなイメージで。

d0099791_08170356.jpg

バラの1年間を振り返りながら、
作る時間を持つことが出来ました。




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会HP






[PR]
by salonderoses2 | 2017-12-18 08:36 | バラ&ハーブ

*お申し込み受付中です!
(こちらのイベントは、おかげ様で催行が決まっております。)
バラとバラに関わる文化を学び、体現する機会のひとつとして、
日本ローズライフコーディネーター協会では、今年も、
クリスマスの飾り付けで華やぐ横浜山手の地で
クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」を開催致します。

日時:12月8日(金)(会場:横浜市イギリス館1Fホール)
午前の部:9:30開場、9:45~11:45
ランチ:(会場:フレンチレストランエリゼ光)13:00~15:00


d0099791_12033718.jpg

イベント内容:
12月8日(金)
午前9:45~11:45(9:30開場)
イングリッシュガーデンへとリニューアルされた「港の見える丘公園」に建つ、
嘗て英国総領事公邸であったイギリス館に於いて、ピアノとヴァイオリンの
演奏会をはじめ、世界中で人気を博したドラマ「ダウントンアビー」の撮影が
行われた英国の「ハイクレア城」にお住まいのカナーボン伯爵家や、
ウィーンのハプスブルグ家末裔プリンセス・アニータとのご親交のある
貴族文化研究家・青山櫻先生をお招きし、実際に訪れた際にご覧になられた
お屋敷のアンティークや秘話等をお伺い致します。

ダウントンアビーの舞台「ハイクレア城」


d0099791_12330367.jpg

青山櫻(あおやまさくら)先生 プロフィール
1999年創立の西洋骨董店「アンティークス ヴィオレッタ」代表、
カルチャーサロン「L'institute de Violetta」主宰。
宝飾研究家、貴族文化研究家。カルチャースクール講師。
著書に「レディのたしなみJewelry Lesson」(清流出版)。


d0099791_12074078.jpg


また、青山先生が代表をされる横浜青葉台の西洋骨董店
アンティークスヴィオレッタさんより、バラが似合う
素敵なアンティークをお持ち頂き、私元木はるみが、
バラのアレンジメントをコーディネート致します。
当日、どんなバラや草花をコーディネートさせて頂こうか、
今からとても楽しみです。

d0099791_12052501.jpg
クリスマスのひととき、美しいピアノとヴァイオリンの音色と共に、
バラとアンティークの饗宴をお楽しみ下さい。
(クリスマスのお茶のティータイム付き。)

そして、午前の部終了後、13:00~15:00
イギリス館近くのフレンチレストランにて、
皆様とランチ交流会を開催致します。
ランチ会場は、新鮮でこだわりの素材を使用した美味しく、
美しいフレンチ料理レストラン「エリゼ光」です。
(ランチ会場では、アンティークのご購入も可能です。)

***クリスマスイベント「ローズライフなXmas2017~
バラと貴族の館のアンティーク&ランチ」***

ご参加費:一般のお客様・お一人様 10800円(ランチ・税・
サービス料込)

午前の部のみのご参加の場合。
ご参加費:一般のお客様・お一人様 4860円(税込)
午後のランチのみのお申し込みは不可とさせて頂きます。)

お申し込み方法
「クリスマスイベント2017申込み」とご記入頂き、
1ご氏名、2郵便番号、3ご住所、4お電話番号、5FAX番号
6人数、7御同伴者様がいらっしゃる場合、御同伴者様のご氏名、
午前の部のみご参加ご希望の方は、その旨必ずご明記下さい。
以上、ご明記の上、

メールアドレス japanroselife@excite.co.jp

までお申し込み下さい。
お申し込み下さいました方へは、
日本ローズライフコーディネーター協会より
ご確認メールをお送りさせて頂きます。
(もし、ご確認メールが届かない場合、恐れ入りますが、
もう1度、メールをお送り下さいませ。)

~皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。~



d0099791_12523852.jpg



日本ローズライフコーディネーター協会HPは
こちら




[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-27 09:56 | 講座&イベント&ツアーのご案内

我が家の庭のバラ

急に気温が下がり、紅葉もピークになって参りましたが、
庭のバラは、まだ花を咲かせてくれています。
この頃のバラは、害虫も居なくなり、ほっとしたような表情で
私はとても好きなのです。

d0099791_00431101.jpg

ばら苑のバラは、のんびりしていては終わらなくなって
しまいますので、すでに葉を取って、誘引を進めていますが、
家のバラは、クリスマスまでお花を楽しんでから
誘引し始めます。

残り少なくなった今年の日々をバラと共に。
今年も一年、あっという間でした・・


「マリア・テレジア」(S)

d0099791_00462810.jpg


「ヘリテージ」(S)

d0099791_00481850.jpg


「プロスペリティー」(HMsk)

d0099791_00491364.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-25 00:51 | バラ&ハーブ

本日は、産経学園新百合ヶ丘教室にて定期講座「素敵にローズライフ」
の秋期第2回目がありました。
テーマは「イタリアのバラと庭園」でした。
昨年と今年にかけて、取材して参りましたイタリアの
バラと庭園に纏わるお話をさせて頂きました。

こちらは、以前こちらのブログでもご紹介させて頂いたローマ時代の
バラが描かれた壁画(フレスコ画)の一部です。
私は本当に、こちらの2000年以上も前に描かれた、
初代ローマ皇帝アウグストスの妻になるリビアの家の食堂に
描かれた画が大好きで、よく講座等でもお話しさせて
頂いておりますが、豊かな色彩と生き生きとしたモチーフには
ただただ驚くばかりです。
資料によりますと、描かれているバラは、
「ロサ・ガリカ・ベルシコロール」とあり、
こちらの画は、古代のバラの貴重な資料のひとつです。

d0099791_21351897.jpg

また、本日は、やはりローマ時代のバラが描かれたポンペイの壁画に
ついても、詳しくお話させて頂きました。

こちらは、ポンペイの紀元前2世紀頃に建てられた「ファウノの家」の
庭園内。


d0099791_21573138.jpg


またこちらは、118年に、第14代ローマ皇帝ハドリアヌスが
ローマ近郊のティボリに造った別荘「ヴィラ・ハドリアーナ」内の
エジプトの貿易都市カノプスを模して造ったエリア。

d0099791_22053390.jpg

こちらは、ハドリアヌスが、寵愛したアンティノウスが18~20歳の若さで、
エジプトで溺死したことを惜しんで造らせたと云われています。

アンティノウスのレリーフ

d0099791_22291443.jpg

アンティノウスは、死後、ハドリアヌスによって「死と復活を司る神」として
神格化され、多くの彫像が造られたとのことです。
そういえば、今まで様々な場所で彫像を見学した際、一番美しく整った顔立ちを
している彫像は、アンティノウスだったように思います。
最新の調査では、この「ヴィラ・ハドリアーナ」の「ある場所」に
アンティノウスが埋葬されているのでは、という調査結果があるそうで、
調査の今後の動向が気になるところです。


また、15世紀のフィレンチェに台頭したメディチ家が所有した別荘の内
「ヴィラ・ペトロイア」「ヴィラ・カステッロ」「ボーボリー庭園」の
邸宅や庭園、同じ頃のローマの貴族コロンナ家の邸宅や庭園、エステ家の
ティボリの別荘の邸宅や庭園等について、画像をご覧頂きながら
ご説明させて頂きました。


映画「ローマの休日」の撮影が行われたコロンナ家の居城「コロンナ宮殿」。


d0099791_22505202.jpg


コロンナ宮殿の庭園。


d0099791_23455672.jpg



エステ家のティボリの別荘「ヴィラ・エステ」の庭園。


d0099791_22535330.jpg

イタリアの庭園の特徴は、幾何学模様、フォンターナ、グロッタ、テラス式、
ビスタにシンメトリー、テラコッタ、中庭等があげられますが、
何れも、イタリアの風土、気候と共に、歴史上の幾何学様式期、
エーゲ文明に見られる海洋文化特有の美術様式、ギリシャ神話、ヘレニズム、
アラブ文明等が融合していることが見えてきます。

次回は、12月12日(火)10:30~12:00
「イギリスのバラと庭園」です。
ご参加ご希望の方は、産経学園新百合ヶ丘教室
TEL:044-965-0931まで。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会




















[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-14 23:50 | 講座&イベント&ツアーのご報告

来週11月14日(火)は、産経学園新百合丘教室にて
定期講座「素敵にローズライフ」がございます。
今回のテーマは、「イタリアのバラと庭園」です。
古代~中世の歴史を交えながら、ローマ時代のバラが描かれた
フレスコ画や、メディチ家の別荘「ヴィラ・ペトロイヤ」、
「ヴィラ・カステッロ」の秘話等をご紹介させて頂きます。

d0099791_11572842.jpg
資料を整理しておりますが、
お伝えさせて頂きたいことが
たくさんあり、現在絞込みに
苦戦しております。

それほど、イタリアのバラと庭園に纏わる
事柄が豊富であり、
どれも魅力的だということに、
改めて気付かされました。

まだお席がございますので、
どうぞご興味のお有りになられます方は
お申し込み下さい。

お申し込み先:新百合丘産経学園 TEL044-965-0931
詳細は こちら をご覧下さい。


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2017-11-09 12:05 | 講座&イベント&ツアーのご案内