タグ:バラ ( 115 ) タグの人気記事

バラを見ていると、色々なインスピレーションが
湧いてきます。
その「花遊び」の間、何度も「綺麗」と思えることが、
心にとって最高の栄養であると感じます。

ローズファームケイジさんの「和ばら」× 雪洞×金木犀


d0099791_10462232.jpg



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2017-10-19 10:48 | バラ&ハーブ

急に気温が下がり、寒い雨天の1日でしたが、
地元「生田緑地ばら苑」の秋の公開がスタートしたとあって
早速行って参りました。

d0099791_23454202.jpg

こちらのばら苑は、小田急向ヶ丘遊園地閉園に伴い、
ばら苑の存続が危ぶまれた際、ばら苑の存続を求める
多くの市民の声に川崎市が応え、
川崎市とボランティアの皆さんが力を合わせて
バラのお世話をしています。
本日も、寒い中、ボランティア
誠にありがとうございます。


d0099791_23594232.jpg


本日は、雫をまとって、より美しく輝くバラたちを
鑑賞することが出来ました。

「ピース」(HT)

d0099791_00011382.jpg


「マダム・メラニー・スベール」(HT)
HTとはいえ、たおやかな姿でティーローズの面影が残る
古いモダンローズ。
こちらのばら苑では、他のバラ園ではなかなか見られない
現在となっては貴重なアーリーモダンローズを
数種類目にすることが出来ます。


d0099791_00053445.jpg



「シュゾン・ロッテ」(HT)
こちらも今から66年前に誕生した古い品種ですが、
とても愛らしく、今日は一層輝いて見えました。

d0099791_00163318.jpg


青空の下、咲き誇るバラたちも素敵ですが、
雨の日だからこそ出会える雫をしたためたバラたちも
とても素敵です。
ぜひ、開園期間に、生田緑地ばら園のバラたちに
会いに来て下さい。

開園期間:2017年11月5日(日)まで。
休園日:開園期間中無休。
開園時間:10:00~16:00(平日)、
9:00~16:00(土日祝)
最終入苑時間:15:30
入園料:無料
最寄駅:小田急線「向ヶ丘遊園」南口徒歩約18~20分
(ばら苑アクセスロードをお進みください。)
ホームページは こちら

苑内ガイドツアーのお知らせ
開園期間中毎日、午前、午後1回づつ、ボランティアによる
苑内ガイドツアー(無料)がございます。(約60分間)
(私は、10月31日(火)午前11:00と午後14:00、
11月4日(土)午前10:00と午後14:00のガイドツアー
を担当させて頂きます。)


~皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。~



メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会





[PR]
by salonderoses2 | 2017-10-14 00:42 | ガーデン散策

秋薔薇の季節

10月、いよいよ待ちに待った秋薔薇の季節が始まります。
これから気温が急に下がることもあり、
春より長く開花する様子が見られ、その間に、
花色の強弱の変化が美しい姿を見せてくれるのが
とても楽しみです。

24日(火)~25日(水)には、「滋賀県秋薔薇見学会」もあり、
現在からとても楽しみです。
詳細は こちら

ローズファームケイジさんから送って頂いた和ばらの「葵(あおい)」。
光沢のある紅海老茶に茜色や鳶色が絶妙に混ざり合った
和の色の薔薇。花持ちに優れ、長い期間楽しめます。

d0099791_19514580.jpg

考えてみれば、あと3か月で新年がやってきます。
来年は、明治維新からちょうど150周年の年、
明治維新を機に、薔薇も様々な品種が外国から
輸入されるようになりました。
そして、現代の日本では、様々な品種から
日本の育種家が、日本産まれの薔薇をたくさん
誕生させています。
日本の風土や文化、好みに合った日本の薔薇たち、
世界からも注目されています。




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会









[PR]
by salonderoses2 | 2017-10-02 20:31 | バラ&ハーブ

先日、ドライにした庭のバラの花弁と
マーロウ、ミント、ラヴェンダーのドライを合わせて、
キャンドルを作りました。

植物たちの優しい天然の香りが漂います。

d0099791_11265234.jpg



庭から調達した材料たち。


d0099791_11295083.jpg


また、もうひとつ、こちらは、ローズファームケイジさんから
先日送って頂いた「和ばら」のドライです。
生花を愛でさせて頂いた後は、部屋に吊してドライを作っておきました。


d0099791_11333360.jpg


こちらは、「和ばら」のドライで作ったキャンドルです。


d0099791_11361424.jpg


キャンドルの中から漂う香りを感じ、見え隠れするバラやハーブを
眺めていると、すっかり時間を忘れ、自然に心が安らいでいきます。



d0099791_11422275.jpg


現在、来年出版予定の新刊本作りにも取りかかっております。

バラの素晴らしさ、奥深さをお伝え出来るような
心ときめく本作りに邁進致す所存です。

どうぞよろしくお願い致します。


ローズファームケイジさんへも訪れる「滋賀県秋薔薇見学会」
おかげ様で催行が決まっておりますが、残席のご用意がございます。
(美しく可憐な和ばらの切り花のお土産付きです。)
詳細は こちら をどうぞご覧下さい。



メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会

[PR]
by salonderoses2 | 2017-09-29 11:56 | バラ&ハーブ

モイスドポプリ

日に日に秋も深まり、秋剪定した枝に、新しい蕾が
見える時期となりました。



d0099791_10482095.jpg


10月下旬~11月にかけて咲く秋のバラが好きで剪定したつもりなのですが、
もう今から早くに咲きだす小さな子もちらほら出てきました。



d0099791_10513865.jpg


早速、鑑賞した後は、花弁をほぐしてその色合いや香りを
なるべく長くとどめておきたいとモイスドポプリを作りました。


庭から集めてきた花弁たち

d0099791_10554558.jpg



白いソルトに柔らかな色合いが綺麗に映えます。


d0099791_10565781.jpg



熟成している間も、部屋の片隅に置いて
見ているだけで幸せな気持ちになって参ります。

d0099791_11003739.jpg



赤い花弁ではドライを作りました。


d0099791_11022008.jpg

こちらのドライでは、ハーブのドライと合わせて
キャンドルを作る予定です。


バラのある暮らし、楽しみが広がります。



メールアドレス salonderoses2@excite.co.jp
日本ローズライフコーディネーター協会


[PR]
by salonderoses2 | 2017-09-25 11:08 | バラ&ハーブ

バラのカタログ

昨日送って頂いたローズファームケイジさんのブランドローズ「和ばら」、
はんなりとした優しい可愛らしさに見とれておりますが、
やはり育ててみたくなってしまいます。
ちょうど、今日は、「和ばら」の苗を販売されている京阪園芸(株)さんから
新しいバラのカタログが届きました。


d0099791_16153894.jpg


美しいお写真で「和ばら」たちが紹介されています。
「和ばら」は、フローリスト&ガーデナーズローズ(F&Gローズ)です。

小山内さんの新ブランド「ローズ アロマティーク」の
「フィネス」も紹介されていますが、とっても素敵です。


バラは、時代と共に進化し、現代というその時代背景が
強くバラに反映されます。
資料として、ずっと取っておきたいカタログだと思いました。

それにいたしましても、苗選びは楽しいものですね・・。


「和ばら」作出農家ローズファームケイジさんの新農園も見せて頂ける
「滋賀県秋バラ見学会」、ぜひ、この機会にご一緒しましょう。
ツアー詳細は、こちら をご覧下さい。


d0099791_00333259.jpg


メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp








[PR]
by salonderoses2 | 2017-09-13 16:38 | バラ&ハーブ

苗到着

新しいバラの苗8苗が到着しました。
水々しい元気な苗を見ていると、こちらまで元気がもらえます。


d0099791_18361631.jpg


「いらっしゃい」。

d0099791_18451630.jpg



今回は、バラの家 さんからの購入。

嬉しい「シェエラザード」のクリアファイルのおまけ付き
(即納バラ4苗以上購入で)でした。



d0099791_19064039.jpg


バラを育てようかお迷いになられていらっしゃる方へ、
ぜひ、バラを育てて、暮らしに彩りを添えましょう。
現代のバラは、育てやすいバラがほとんどです。
もし失敗したって大丈夫、その分、知識が増えるはずですから。




メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp

日本ローズライフコーディネーター協会




[PR]
by salonderoses2 | 2017-09-06 19:19 | バラ&ハーブ

秋剪定

昨日の8月31日は、10月頃の気温まで下がり、
肌寒いほどでした。
ここのところ、例年になく気温の低い日が多いですね。

今日から9月がスタートし、秋剪定を進める頃となりました。
秋剪定について、日本ローズライフコーディネーター協会公式ブログ
が更新されましたので、どうぞご覧下さい。


ところで、こんな陽気だからでしょうか
庭の紫陽花が、遠慮がちではありますが、
勘違いしたのか花を咲かせていました。


d0099791_23124464.jpg


9月のバラ講座

9月4日(月)13:30~15:00
NHK文化センター横浜ランドマーク教室
もっと素敵にバラのある暮らし

9月12日(火)10:30~12:00
産経学園新百合ヶ丘教室
素敵にローズライフ






日本ローズライフコーディネーター協会

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp


[PR]
by salonderoses2 | 2017-09-01 23:26 | バラ&ハーブ

引き続き、今年の6月に行って参りましたイタリア旅行を
アップさせて頂きます。

今回は、とても楽しみに致しておりました「ローマ市営バラ園」です。

d0099791_22020419.jpg

こちらは、アヴァンティーノの丘の緩やかな斜面にあり、
道路を挟んで「チルコ・マッシモ」が正面に見えます。


d0099791_22472345.jpg

チルコ・マッシモとは、古代ローマ時代の戦車競技場のことで、
映画「ベン・ハー」のシーンが思い出されます。


d0099791_23255269.jpg



雨がほとんど降らないローマで、どのようにしてバラを
育てているのか、とても興味がありました。

d0099791_22453172.jpg




こちら↓は、我が家にもある「ロゼット・デリジー」(T)
暑さにも寒さにも強いと感じておりましたが、
暑いローマでも元気にしている姿を見ることが出来、
やはりと思いました。

d0099791_23022237.jpg


d0099791_23032648.jpg


それにいたしましても、古代遺跡を背景に咲くバラが見れるのは、
イタリアならではの光景ですね。

d0099791_23081861.jpg


しばし、この風景を眺めてゆっくり出来ました。


d0099791_22462510.jpg



イタリアのバラと庭園については、秋の講座「産経学園新百合ヶ丘教室」の
素敵にローズライフ で、詳しくお伝えさせて頂きたいと存じます。
ぜひ、お集まりください。


d0099791_23481601.jpg




「滋賀県秋バラ見学会」(NHK文化センター旅座)
ご参加者様募集中です!
詳細は、こちら をご覧下さい。



日本ローズライフコーディネーター協会
メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp




[PR]
by salonderoses2 | 2017-08-31 23:22 | 2017・イタリア薔薇と庭園・芸術を巡る

少し間が空いてしまいましたが、
今年の6月に行って参りました
「イタリア~薔薇と庭園・芸術を巡る旅」
の続きをアップさせて頂きます。

ローマ滞在2日目、コロンナ宮殿見学後に、「フォロ・ロマーノ」へ
向かいました。
途中、「パンテオン」を見学して、と思いましたが、
暑さの中、長蛇の列で、残念でしたが断念して先に進みました。
外観だけでも見れて良かったです。
それにいたしましても、約2000年前の建物とは思えないほど、
立派な建物でした。
紀元前27年頃にアウグストュスの側近アグリッパが建て、
一度火災で焼失し、128年にハドリアヌス帝が再建したそうです。
中には、ラファエロのお墓もあり、多くの観光客でいっぱいでした。


d0099791_10070844.jpg



ローマの中心にある「フォロ・ロマーノ」は、
約2000年前の古代ローマ遺跡で、かつては、政治や宗教の中心地と
して栄えた「ローマ市民の広場」でした。

d0099791_23233687.jpg


アントニヌス・ピウス帝が、妻ファウスティーナに捧げた
「アントニヌス・ピウス帝とファウスティーナの神殿」。

d0099791_23241077.jpg



双子神のカストルとポルックスに捧げられた神殿。
d0099791_23235503.jpg


こちらは、「巫女たちの家」といって、女神ウェスタに仕える巫女たちの
住居と、手前は庭園です。



d0099791_09483950.jpg



d0099791_09264285.jpg



こちらには、バラが植栽され、ちょうど咲いていました。
約2000年も前の遺跡に、絡んだバラの枝。イタリアらしい光景です。

d0099791_09290778.jpg


「ティトュス帝の凱旋門」


d0099791_09361576.jpg



6月とはいえ、真夏の様な暑さで、汗だくになりながらも
ここに来れた喜びに浸っておりました。
昨年は外側から眺めておりましたが、実際に近くで見るのとは
大違いでした。

この後は、お隣の「コロッセオ」へ向かいました。
コロッセオとは、円形闘技場のことです。

d0099791_10244805.jpg


多くの観光客で賑わうコロッセオは、とても厳重に警備されている印象を受けました。

かつて猛獣もいた地下部分は、現在上から見えるようになっています。


d0099791_10251401.jpg


かつて多くの命が失われたこの場所に十字架がたてられ・・。


d0099791_10253840.jpg



この後は、ローマ市立バラ園へ向かいました。


「滋賀県秋バラ見学会」(NHK文化センター旅座)
ご参加者様募集中!
詳細は こちら をご覧下さい。

日本ローズライフコーディネーター協会

メールアドレス  salonderoses2@excite.co.jp








[PR]
by salonderoses2 | 2017-08-31 10:45 | 2017・イタリア薔薇と庭園・芸術を巡る